ミシェル・ビュトールのおすすめランキング

プロフィール

(Michel Butor 1926‐2016)
フランスの小説家、詩人、批評家。フランス北部モン゠ザン゠バルールで生まれる。ヌーヴォー・ロマン(Nouveau Roman)の作家の旗手のひとりと目される。1956年、小説第二作『時間割』(L’emploi du temps)でフェネオン賞(le Prix Fénéon)を受賞、翌年1957年第三作目の『心変わり』(La Modification)でルノドー賞(le Prix Théophraste Renaudot)を受賞し注目を集めた(主人公に二人称代名詞「あなたは」を採用した小説作品として有名)。1960年に四作目の『段階』(Degrés)を発表後は小説作品から離れ、1962年『モビール──アメリカ合衆国再現の習作』(Mobile: Étude pour une représentation des États-Unis)を皮切りに空間詩とよばれる作品を次々と発表し始める。画家とのコラボレーション作品が数多く、書物を利用した表現の可能性を追究し続けた。

「2020年 『レペルトワール 』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ミシェル・ビュトールのおすすめランキングのアイテム一覧

ミシェル・ビュトールのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『心変わり (岩波文庫)』や『時間割 (河出文庫)』や『早稲田文学 2号』などミシェル・ビュトールの全33作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

心変わり (岩波文庫)

174
3.34

感想・レビュー

ようやく読了。いまのところヌーウ゛ォー・ロマンのひとつとして位置づけられており、名高い小説だ。 主観をそのままに表すリアリスムのために、主人公は常に「き... もっと読む

時間割 (河出文庫)

108
3.23

感想・レビュー

前半と後半でテンションの差がかなりある気がして前半の憎悪と後半を乗り越えて末尾の愛着らしい語り方がすきだと思う けど全編不穏だった もっと読む

ポール・デルヴォーの絵の中の物語

28
3.14

感想・レビュー

それぞれの冒頭にデルヴォーの絵が付されているので、一見したところは画讃に見えるかもしれないが、掌編を連ねた中編小説である。全体は一連の夢。入って行くのは1... もっと読む

レペルトワール (I 1960) (ミシェル・ビュトール評論集)

10

感想・レビュー

全5巻!! 12月の新刊 【装幀確定】ミシェル・ビュト―ル『レペルトワール』(全5巻)を刊行開始します 幻戯書房NEWS https://genkish... もっと読む

心変わり (1977年) (河出海外小説選〈7〉)

7
2.67

感想・レビュー

 この小説はモダニズム文学の「意識の流れ」「内的独白」の手法を二人称形式で採用することに成功した心理小説であり、不倫の姦通小説でもあり、紀行文学のはての観... もっと読む
全33アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×