ミシェル・ペイヴァーのおすすめランキング

ミシェル・ペイヴァーのおすすめランキングのアイテム一覧

ミシェル・ペイヴァーのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『オオカミ族の少年 (クロニクル 千古の闇 1)』や『生霊わたり (クロニクル千古の闇 2)』や『魂食らい (クロニクル千古の闇 3)』などミシェル・ペイヴァーの全16作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

オオカミ族の少年 (クロニクル 千古の闇 1)

1038
3.95

感想・レビュー

紀元前4000年の森で、父と共に生きていたオオカミ族のトラク。 父は、巨大なクマの形をした悪霊に襲われ瀕死の重傷を負う。 トラクは、父に〈天地万物の精... もっと読む

生霊わたり (クロニクル千古の闇 2)

493
4.06

感想・レビュー

↓の方と同じように「いきりょう」って読んでいたので、おどろおどろしくなってきたらどうしよう……と思っていた。「せいれい」と読むのだそうだ。 前回から... もっと読む

魂食らい (クロニクル千古の闇 3)

398
4.14

感想・レビュー

今から6000年も前の、北ヨーロッパの森で暮らす人々の生きざまに焦点を当てた壮大な物語は3冊目に突入した。 生きとし生ける者。 その血肉を食らって生か... もっと読む

追放されしもの (クロニクル千古の闇 4)

369
4.28

感想・レビュー

今からさかのぼること6000年前の、北ヨーロッパの針葉樹の森が舞台の壮大な古代ファンタジー。 解りやすい魔法などは存在せず、時に残酷な牙を奮う大自然を相... もっと読む

復讐の誓い (クロニクル千古の闇 5)

328
4.28

感想・レビュー

前巻からの幸せが続いているような気持ちで読んでいたら、まさかあの大切な人が殺されてしまうなんて… 一気に物語の空気が変わりました。 そして、ウルフの気... もっと読む

決戦のとき (クロニクル千古の闇 6)

309
4.36

感想・レビュー

クロニクル千古の闇、完結。 <魂食らい>最大の敵、イオストラが自分をおびき寄せることを知っていながらトラク。 今までもそうだったけれど、レンがついてく... もっと読む

I青銅の短剣 (神々と戦士たち)

96
4.06

感想・レビュー

青銅器時代のギリシアが舞台。孤児の12歳少年ヒュラスと妹イシ、族長の息子テラモン、巫女の娘ピラ、イルカのスピリット、様々な登場人物たちが、”力の短剣”をめ... もっと読む

II再会の島で (神々と戦士たち)

48
4.11

感想・レビュー

前作の登場人物たちが、今度は火の女神の島で、冒険を繰り広げます。運命に導かれ…というちょっと強引な展開ではありますが、はらはらどきどき、続きが気になります... もっと読む

IIIケフティウの呪文 (神々と戦士たち)

32
4.00

感想・レビュー

とうとう女神の館を後にする二人…どうなるのかなぁ。 舞台のモデルになってるというクノッソス宮殿が面白そう!こういう本を思春期に読んでたら古代史にもっ... もっと読む

IV聖なるワニの伝説 (神々と戦士たち)

21
3.57

感想・レビュー

12月3日読了。図書館。シリーズ4作目。 もっと読む

V最後の戦い (神々と戦士たち)

14
3.71

感想・レビュー

おお、完結だー! まずは大円団、よかったよかった。 テラモンは最後まで救いがなくて、よく考えるとちょっと可哀想だったかもなあ、と思ったりもする。 ... もっと読む
全16アイテム中 1 - 16件を表示

ミシェル・ペイヴァーに関連する談話室の質問

ツイートする