ミヒャエル・エンデのおすすめランキング

ミヒャエル・エンデのおすすめランキングのアイテム一覧

ミヒャエル・エンデのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『モモ (岩波少年文庫(127))』や『はてしない物語 (エンデの傑作ファンタジー)』や『モモ: 時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にとりかえしてくれた女の子のふしぎな物語 (岩波少年少女の本 37)』などミヒャエル・エンデの全113作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

モモ (岩波少年文庫(127))

12877
4.19

感想・レビュー

「人間はじぶんの時間をどうするかは、じぶんじしんできめなくてはならない」 先日とある方にオススメしていただいて急遽再読した『モモ』。 13、4歳の頃に読... もっと読む

はてしない物語 (エンデの傑作ファンタジー)

8064
4.22

感想・レビュー

夏休みの読書感想文はこの本以外で書こうな。 この本ほど「感想文」が相応しくない本もないぜ。どんな読み方をしたっていいんじゃないか。きっと君の気になるキャラ... もっと読む

モモ: 時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にとりかえしてくれた女の子のふしぎな物語 (岩波少年少女の本 37)

8057
4.18

感想・レビュー

効率を追い求めるあまり心の余裕を失っていく現代人を諷刺した、ちょっぴり辛口のファンタジー。「親が子供に読ませたい本」というのはよく聞くが、これはもしかする... もっと読む

はてしない物語 (上) (岩波少年文庫 (501))

2400
3.91

感想・レビュー

この本は、子供の頃に読んでいないし、テーマ曲は何度も聴いているが映画も見ていない。 エンデは、一年ほど前に「モモ」を読んで久しく味わっていない不思議な気... もっと読む

はてしない物語 (下) (岩波少年文庫 (502))

1725
3.95

感想・レビュー

ファンタージエン国を唯一救うことのできる勇士として物語の中へ飛び込んでいったバスチアン。 彼はすらりとした美少年に生まれ変わり、誇り高く毅然とした強さ... もっと読む

鏡のなかの鏡―迷宮 (岩波現代文庫)

1395
3.84

感想・レビュー

読後、足元がくらくらしてしまいます。 …というか、「読み終えた」という実感がないというのが本音。 夢から夢へ、次々と足を踏み入れているような。 巡り... もっと読む

愛蔵版 モモ

629
4.31

感想・レビュー

この本の分類は、確かに「児童書」だ。 でも、どうしたら幸せになれるのか、知らないままの大人は読むべきだ。 みんな、時間どろぼうに騙されるな。 「... もっと読む

自由の牢獄 (岩波現代文庫)

623
4.11

感想・レビュー

ブクログで教えて頂いた「洞窟」本、大好きなエンデ氏の作品にもあったなんて! 本棚で腐…熟成されている積読本を引っ張り出してきて、早速「ミスライムのカタコン... もっと読む

魔法のカクテル

555
3.68

感想・レビュー

好きな本には哲学が詰まっていることが多い。 この物語もそう。 作者の人柄が優しく子供たちに語りかける。 もしかしたら作者の平和への願いは、時代を超えて広が... もっと読む

モモ (岩波少年文庫)

552
4.32
ミヒャエル・エンデ 電子書籍 2005年6月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

とある街の円形劇場跡に住みついた小さな女の子、モモ。モモに話を聞いてもらうと、不思議ともめごとが解決したり、素晴らしいアイディアが浮かんだり、街の人は幸せ... もっと読む

モモ 時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語

515
4.54

感想・レビュー

児童書なのだが、大人こそ読むべき物語。 時代の流れはますます速くなり、高速のベルトコンベアーに乗せられているかのようだ。 そんな今だからこそ、この物語を... もっと読む

影の縫製機

424
3.99

感想・レビュー

『インゲボルグにささげる』 と、始まる詩集はミヒャエル・エンデ53歳、妻インゲボルグ・ホフマン61歳の時に出版されたもの。巻頭の詩「本当の林檎」はシ... もっと読む

ジム・ボタンの機関車大旅行 (ジム・ボタンの冒険 (1))

397
3.89

感想・レビュー

機関士のルーカスとふとっちょ機関車のエマがいるフクラム国に不思議な小包が送られてきた。 空けてみると、中からは黒人の赤ん坊が。 ジム・ボタンと名付けら... もっと読む

サーカス物語 (エンデの傑作ファンタジー)

369
3.74

感想・レビュー

小学生時代にはじめて読んでから、何度目の再読でしょうか? 『はてしない物語』と同様、いつの間にかこの本も私が何度も読み返す本の1冊になっていました。 ... もっと読む

魔法の学校―エンデのメルヒェン集

334
3.61

感想・レビュー

塾の本棚にあって、暇つぶしに読んでいたらすごく驚いた記憶がある。 内容の面白さもさることながら、どうしてこの人こんなこと知ってるんだろう、と思ったのだ。... もっと読む

鏡のなかの鏡―迷宮

323
3.70

感想・レビュー

私のバイブルです。 読むとトリップします。 もっと読む

ものがたりの余白 エンデが最後に話したこと (岩波現代文庫)

302
4.14

感想・レビュー

絵を描くように書くことについて、遊びについて、西洋の価値観と東洋の価値観の違いについて、余白について、戦争について、身体性と精神性について、経済システムに... もっと読む

ジム・ボタンと13人の海賊 (ジム・ボタンの冒険 (2))

254
3.88

感想・レビュー

最高に幸せな気持ちになれるお話し。 海賊が可愛い。 もっと読む

ジム・ボタンの機関車大旅行 (岩波少年文庫)

209
4.13

感想・レビュー

ミヒャエルエンデの作品はやっぱりわくわくする! ほんわかするのに泣ける時は泣けるし、たまに辛辣だと笑ってしまう。 ファンタジーの中のファンタジーなのに、本... もっと読む

エンデのメモ箱 (岩波現代文庫)

201
4.19

感想・レビュー

エンデのアイデアネタや講演会で話したこと、芸術やファンタジーについての考察についての文章がまとめられている。「批判精神の教育?」という、子どもの中に批判思... もっと読む
全113アイテム中 1 - 20件を表示

ミヒャエル・エンデに関連する談話室の質問

ツイートする
×