ミルチャ・エリアーデのおすすめランキング

プロフィール

ミルチャ・エリアーデ
1907年、ルーマニア、ブカレストに生まれる。1928年より3年間、インドに滞在し、ヨーガやタントラを学ぶ。帰国後は、ブカレスト大学で形而上学史などを教える一方で、小説『マイトレイ』を発表し、小説家としても高い評価を得る。第二次世界大戦中は、ロンドン、次いでリスボンでルーマニア公使館の文化担当官として勤務した。第二次世界大戦終結後はフランスに亡命。『宗教学概論』や『永遠回帰の神話』を発表することで、宗教学者として活躍した。1957年よりシカゴ大学に招聘され、翌年、宗教学教授に就任。1986年にシカゴで没。

「2015年 『エリアーデ=クリアーヌ往復書簡 1972-1986』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ミルチャ・エリアーデのおすすめランキングのアイテム一覧

ミルチャ・エリアーデのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『マイトレイ/軽蔑 (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 2-3)』や『聖と俗―宗教的なるものの本質について (叢書・ウニベルシタス)』や『ムントゥリャサ通りで』などミルチャ・エリアーデの全47作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

マイトレイ/軽蔑 (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 2-3)

161
4.00

感想・レビュー

ふくらはぎの艶かしさ。 (マイトレイのみ読了) 己の才覚に自信をもつイギリスの青年と、美しいインドの少女の恋。瑞々しくて衝動的で鮮やか。 もっと読む

聖と俗―宗教的なるものの本質について (叢書・ウニベルシタス)

153
3.62

感想・レビュー

原始宗教の起源。祭りの普遍性・永遠性が分かる。場所に宿る神々ととどまる時間。 日本の祭り、八百万の神といったことが、分かりかけてきた。 聖なる... もっと読む

ムントゥリャサ通りで

82
4.14

感想・レビュー

第二次世界大戦後の東欧、 殊にルーマニアの政治・社会情勢がわからないと 理解しにくいだろう中編小説だが、 わからなくてもモヤモヤしつつ面白い、幻想ミ... もっと読む

永遠回帰の神話 - 祖型と反復

71
3.71

感想・レビュー

龍の起源より。儀式は世界の創造の反復であること。 もっと読む

エリアーデ幻想小説全集〈第1巻〉1936‐1955

48
3.83

感想・レビュー

【展示用コメント】  ハリポタだけが、ファンタジーじゃない。 【北海道大学蔵書目録へのリンク先】 https://opac.lib.hokudai.ac... もっと読む

ホーニヒベルガー博士の秘密 (福武文庫)

44
3.73

感想・レビュー

表題作と「セランポーレの夜」の二編収録。 いずれも読むのは今度が五回目くらいだが、 飽きない、面白い。 宗教学者の余技と呼ぶには見事過ぎる幻想小説。... もっと読む

象徴と芸術の宗教学

43
4.00

感想・レビュー

オススメ度(1~10):10 読みやすさ:◎ 前知識:宗教に対する偏見のなさが必要  人間は本質的に宗教的動物である。世界の創造を模倣する事により自身の... もっと読む

令嬢クリスティナ

32
3.50

感想・レビュー

作品自体は過去、二度ほど読んだが、 また読みたくなったので、こちらの古書を購入。 ルーマニア出身で、 母国語で小説を書いた宗教学者エリアーデの長編で、初出... もっと読む

エリアーデ幻想小説全集〈3〉1974‐1982

31
3.43

感想・レビュー

フランシス・フォード・コッポラの映画「胡蝶の夢」の原作『若さなき若さ』を収録。その『若さなき若さ』のみ読了。先にコッポラの映画を観ていた為、映画で疑問に思... もっと読む

マイトレイ

28
3.71

感想・レビュー

恋愛小説が読みたい欲求にかられた時に読んだ本です。 恋焦がれるあの気持ちを少し思い出したい時に読む本です。 この小説は恋する青年の小説です。 恋... もっと読む

エリアーデ著作集 第1巻 太陽と天空神

27
3.88

感想・レビュー

第一巻なので分類項が目立つ。読みやすくエリアーデの入り口としては最適。人間が太古からなにに聖なるものを感じ、読み取り、それを信仰として育んできたかを解説。... もっと読む

妖精たちの夜〈1〉

24
4.30

感想・レビュー

絶対的な座右の書。エリアーデの場合、「神秘」という事象を人間がどのように取り扱うかという内実を通して「信仰」という事象の内実を示しているように理解している... もっと読む

エリアーデ著作集 第5巻 鍛冶師と錬金術師

18
3.20

感想・レビュー

ミルチア・エリアーデ/宗教歴史学者。 せりか書房の著作集シリーズ。 古本で探しているので3/1しか集まってない。 もっと読む

妖精たちの夜〈2〉

18
4.44

感想・レビュー

小説の前半で、主人公シュテファンは、ジッス夫人の謎や、車が消える謎の解明に捉われる。その謎は解明されないまま、ルーマニアは第二次世界大戦を挟み、激動にさら... もっと読む

19本の薔薇

18
3.57

感想・レビュー

ルーマニアの老大作家のもとへ息子とその婚約者を名乗るあやしげな男女があらわれ、彼を独創的な演出家との出会いに導く。老大作家は演出家の演劇理論に魅せられ、自... もっと読む
全47アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする