モーパッサンのおすすめランキング

プロフィール

フランス人。1850〜93年。母の友人フローベールにすすめられ文筆に転向。最初の成功作『脂肪の塊』(1880)で一躍新聞小説の寵児となる。短編約三○○、長編数作を書く。長編に『女の一生』(1883)『ベラミ』(1885)。短編小説『幻覚』や『恐怖』は戦慄させるほどの正確さで狂気や恐怖を描写し、この狂気の兆候が1892年発病となり、精神病院でなくなる。

「2004年 『モーパッサン残酷短編集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

モーパッサンのおすすめランキングのアイテム一覧

モーパッサンのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『女の一生 (新潮文庫)』や『脂肪の塊・テリエ館 (新潮文庫)』や『モーパッサン短篇選 (岩波文庫 赤 551-3)』などモーパッサンの全210作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

女の一生 (新潮文庫)

1050
3.54
モーパッサン 1951年2月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小学生のころ、私は活字中毒だった。 とにかく、本であればなんでも読みたくて・・・母が借りてきていた、女の一生を読み、見つかって怒られた。 小学... もっと読む

脂肪の塊・テリエ館 (新潮文庫)

506
3.48
モーパッサン 1951年4月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

二作品とも娼婦が題材。 脂肪の塊はとても胸糞悪かった。周囲の人間の態度が酷すぎる。しかしこの手のことはよくあることなのだろう。戦後の様子や思想などが勉強に... もっと読む

モーパッサン短篇選 (岩波文庫 赤 551-3)

456
3.80
G.deモーパッサン 2002年8月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

モーパッサンは、300を超える短篇を書きましたが、その中から15篇を訳者が厳選収録したもの。 特に良かったものを以下に。 『シモンのパパ』 母と二人暮ら... もっと読む

モーパッサン短編集(一) (新潮文庫)

276
3.44
モーパッサン 1971年1月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

悲しい とか  嬉しい とか  苦しい などのように ”一言では説明できない心情” が 炙り出されているから こんなにも   惹かれるのかもしれません... もっと読む

モーパッサン短編集(二) (新潮文庫)

194
3.34
モーパッサン 1971年2月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

古い本を断捨離しようと思い立ち、捨てる前に再読してみた。 手元の本の初版は昭和四十六年とあるので、現在はさすがに新訳になっていることだろうと思ったが、今... もっと読む

脂肪の塊/ロンドリ姉妹 モーパッサン傑作選 (古典新訳文庫)

169
3.87
モーパッサン 2016年9月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい Σ(゚Д゚) なんだ…モーパッサンか… 奥さんに怒られてるのかと思った 「もう!父さん!」 はい、コツコツ... もっと読む

モーパッサン短編集(三) (新潮文庫)

159
3.32
モーパッサン 1971年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

二人の友 (Deux amis) 狂女 (La folle) 母親 (La mère sauvage) 口ひげ (La moustache) ミロンじいさ... もっと読む

女の一生 (光文社古典新訳文庫)

99
3.64
モーパッサン 電子書籍 2011年3月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

修道院を出て、これからの人生に胸をときめかせるジャンヌ。でも、彼女を待ち受けていたのは、とてもとても辛辣な人生で…。ロマン主義、写実主義、自然主義へと進ん... もっと読む

モ-パッサン: 首飾り (世界名作ショートストーリー 3)

96
3.43

感想・レビュー

モーパッサンの短編は、随分前に読んだことがあったが、「首飾り」と「ジュール叔父さん」しか覚えていない。 これは子ども向けに翻訳されたシリーズなので、モー... もっと読む

宝石/遺産 (モーパッサン傑作選)

90
3.69

感想・レビュー

モーパッサン 「首飾り」借りた宝石が実はイミテーション。 「宝石」妻が残したイミテーションの宝石が本物。 真逆のオチ。人間の欲望を描くのが上手。 作... もっと読む

脂肪の塊/ロンドリ姉妹~モーパッサン傑作選~ (光文社古典新訳文庫)

83
3.54
モーパッサン 電子書籍 2016年9月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

津村のやりなおし世界文学の1冊。脂肪のかたまりという、女性の名前であった。フランスがロシアにまけたときに、馬車で逃げていく乗客が、脂肪のかたまりという娼婦... もっと読む

オルラ/オリーヴ園 モーパッサン傑作選 (光文社古典新訳文庫 Aモ 2-4)

82
3.67
モーパッサン 2020年9月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 大学時代、フランス語の授業で初めて読んだ作品が、モーパッサンの『オルラ』であった。辞書を引いて、一語一語確認しながら読み進めていったが、ル・オルラと怪し... もっと読む

女の一生 (岩波文庫 赤 550-2)

80
3.35
G.deモーパッサン 1956年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

風景描写などの表現が美しかった。 ささやかな真実…ありふれた不幸。 もっと読む

女の一生 (まんがで読破 MD101)

74
3.04
モーパッサン マンガ 2012年1月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最後の「人生っていうものは、みなが思うほどいいものでもわるいものでもありませんね・・。」が人の一生というものを象徴的に表現している。 小説では、「未来を... もっと読む

メゾンテリエ: 他三編 (岩波文庫 赤 550-6)

69
3.47
モーパッサン 1991年11月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

フランスの作家、モーパッサンの中篇『メゾン テリエ』と短篇『聖水授与者』『ジュール伯父』『クロシェット』の4篇。 『メゾン テリエ』 娼家の女主人であり... もっと読む

(040)瞳 (百年文庫)

62
3.40
ラニアン 2010年10月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ラニアン。本シリーズ収録のラードナー作にも似た口述体の短編。戦間期のアメリカ文学って、こういうタイプの小説が多い印象。 チェーホフは、数あるだろう短編の中... もっと読む

わたしたちの心 (岩波文庫 赤 551-4)

47
3.67
モーパッサン 2019年9月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

恋愛をゲームのように捉える女に失望、敗北し、街を去る一人の男。。。体裁はそうだが、作者の意図としては、残酷で愚かで不感症で不幸で哀れな女、というディスり。... もっと読む

ベラミ (角川文庫)

43
3.82
モーパッサン 2013年2月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

某読書ブログで面白いと絶賛されていたため手に取った。 確かに面白い。 老人の話は心に残る内容だった。 ただ、女性の私はベラミのとる行動が反感を覚える... もっと読む

口髭,宝石 他五篇 (岩波文庫 赤 551-1)

39
4.00
モーパッサン 1954年11月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

モーパッサン 短編集 。風刺、皮肉、偏愛、反戦など多様な短編小説集。 一番面白いのは「宝石」 偽物と思っていた亡妻の宝石が本物だったことによる人... もっと読む
全210アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×