モーパッサンのおすすめランキング

プロフィール

フランス人。1850〜93年。母の友人フローベールにすすめられ文筆に転向。最初の成功作『脂肪の塊』(1880)で一躍新聞小説の寵児となる。短編約三○○、長編数作を書く。長編に『女の一生』(1883)『ベラミ』(1885)。短編小説『幻覚』や『恐怖』は戦慄させるほどの正確さで狂気や恐怖を描写し、この狂気の兆候が1892年発病となり、精神病院でなくなる。

「2004年 『モーパッサン残酷短編集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

モーパッサンのおすすめランキングのアイテム一覧

モーパッサンのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『女の一生 (新潮文庫)』や『脂肪の塊・テリエ館 (新潮文庫)』や『モーパッサン短篇選 (岩波文庫)』などモーパッサンの全194作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

女の一生 (新潮文庫)

742
3.48
モーパッサン 1951年2月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これ、読み終わった後、すごくじわーっときました。 正直、読み始めたきっかけは試験勉強で文学の作品の設問にストーリーが書いてて、「修道院を出た女の不幸... もっと読む

脂肪の塊・テリエ館 (新潮文庫)

369
3.54
モーパッサン 1951年4月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

表題作の後味の悪いことといったら! 「イヤ古典」と呼びたい。脂肪の塊の意味も意外だったけれど、これほど簡潔にして嫌な結末の19世紀の小説は初めて読んだかも... もっと読む

モーパッサン短篇選 (岩波文庫)

265
3.73
モーパッサン 2002年8月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

重くないという噂だったけど、いざ読んでみるとサラリとした文章一つ一つが鈍器のような破壊力を持って僕の心を揺さぶる。一気に読み切ることができない、良質な短編... もっと読む

モーパッサン短編集(一) (新潮文庫)

187
3.40
モーパッサン 1971年1月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

■「牧歌」……ジェノヴァからマルセイユへ、海岸線をのんびりとひた走る汽車の車両の隅っこ。空と海の青、潮と汗の臭い、柔らかで巨大な乳房、その先端からほとばし... もっと読む

モーパッサン短編集(二) (新潮文庫)

141
3.35
モーパッサン 1971年2月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こういう古典を引っ張ってきて、何点!とかとやかくやる事の滑稽さは承知の上。でも形式を統一するため、そのようにしますよ。 直近の数冊が良作ばかりだし、古典... もっと読む

女の一生 (岩波文庫 赤 550-2)

60
3.31
モーパッサン 1956年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

風景描写などの表現が美しかった。 ささやかな真実…ありふれた不幸。 もっと読む

脂肪の塊/ロンドリ姉妹 モーパッサン傑作選 (古典新訳文庫)

57
3.92
モーパッサン 2016年9月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 特異な状況に置かれた人々の描写が吉田戦車的で笑ってしまう。個人的にツボだったのはホラーな『チック』と、サディスティックなプロイセン士官をコミカルに描いた... もっと読む

女の一生 (まんがで読破 MD101)

45
3.05
モーパッサン マンガ 2012年1月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人生って皆がいうほどいいものでも悪いものでもありませんわね・・・ もっと読む

(040)瞳 (百年文庫)

44
3.42
ラニアン 2010年10月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

≪県立図書館≫ 「ブロードウェイの天使」 愛情が人を変える。 皆が愛さずにはいられない天使のような女の子。 天使が去ったら、また元に戻るんだろ... もっと読む

女の一生 (光文社古典新訳文庫)

43
3.83
モーパッサン 電子書籍 2011年3月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この年になって初めて読みました。なんつうか、ひでー話、で片付けられない、そう、いいものでもわるいものでもないのだ、という所に行き着くためにはこのような経験... もっと読む

ベラミ〈上〉 (岩波文庫)

39
3.56
モーパッサン 1977年2月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ベラミ(たぶんbell amiかな?)は立身出世主義ですべてを手に入れようとするけど、でもやっぱりすべては無理なんだな、っていう話。 前にマリアージ... もっと読む

ベラミ (角川文庫)

37
3.82
モーパッサン 2013年2月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

某読書ブログで面白いと絶賛されていたため手に取った。 確かに面白い。 老人の話は心に残る内容だった。 ただ、女性の私はベラミのとる行動が反感を覚える... もっと読む

脂肪の塊/ロンドリ姉妹~モーパッサン傑作選~ (光文社古典新訳文庫)

36
3.29
モーパッサン 電子書籍 2016年9月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「脂肪の塊」は文句なしの傑作で、それぞれの登場人物の姿が浮き上がってくるよう。異国の、時代も違う読者にそのように感じさせるのはすごいことではないだろうか。... もっと読む

モーパッサン―首飾り (世界名作ショートストーリー)

32
3.60

感想・レビュー

佐藤優氏の本から導かれて読んでみた。 なんとも、救われない話だったけれど、おもしろかった。その後、この哀れなご婦人は何を思ってどのように生きたのだろう もっと読む

ピエールとジャン (新潮文庫)

30
2.56

感想・レビュー

同じモーパッサンでも心理描写の殆どなかった 「テリエ館」とはまったく違い、 複数の関係者の思惑が交錯し。 こういうスタイルのほうがやっぱり全然読みや... もっと読む

ベラミ〈下〉 (岩波文庫)

28
3.67
モーパッサン 1977年5月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ベラミは無能である。美男子かもしれぬが、それを除けば「人たらし」という一点を除いて無能である。 しかし、彼は立身出世する。女を踏み台に。それがある意味風刺... もっと読む

宝石/遺産 (モーパッサン傑作選)

28
3.75

感想・レビュー

古典と任命されたら、例え理解できなくとも面白くなくとも、味わえないお前が駄目なんだ、黙って読め、もしくは読み直せ、とばかりの変なしがらみが自分にはある。し... もっと読む

口髭・宝石―他五篇 (岩波文庫)

27
4.09
モーパッサン 1954年11月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

モーパッサン 短編集 。風刺、皮肉、偏愛、反戦など多様な短編小説集。 一番面白いのは「宝石」 偽物と思っていた亡妻の宝石が本物だったことによる人... もっと読む
全194アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする