モームのおすすめランキング

プロフィール

モーム W. Somerset Maugham
20世紀を代表するイギリス人作家のひとり(1874-1965)。
フランスのパリに生まれる。幼くして孤児となり、イギリスの叔父のもとに育つ。
16歳でドイツのハイデルベルク大学に遊学、その後、ロンドンの聖トマス付属医学校で学ぶ。第1次世界大戦では、軍医、諜報部員として従軍。
『人間の絆』(上下)『月と六ペンス』『雨』『赤毛』ほか多数の優れた作品をのこした。

「2013年 『征服されざる者 THE UNCONQUERED / サナトリウム SANATORIUM』 で使われていた紹介文から引用しています。」

モームのおすすめランキングのアイテム一覧

モームのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『月と六ペンス (岩波文庫)』や『人間の絆 上巻 (新潮文庫 モ 5-11)』や『人間の絆 下巻 (新潮文庫)』などモームの全67作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

月と六ペンス (岩波文庫)

799
3.85
モーム 2010年7月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

The Moon and Sixpence(1919年、英)。 芸術に魅せられた男の純粋性と、それと表裏一体のエゴイズム。結構重いテーマのはずだが、読後... もっと読む

人間の絆 上巻 (新潮文庫 モ 5-11)

450
4.22
モーム 2007年4月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この小説を初めて読んだのは、今から10年前の18歳だった。 あの頃ぼくは、途方もない劣等感に苛まれ、酷く悲観的で、そして世を儚んでいた。 この作品... もっと読む

人間の絆 下巻 (新潮文庫)

293
4.38
モーム 2007年4月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

40歳の時に書いた半自伝的小説。 訳者である中野好夫氏によると、この作をもってモームは「自己の精神史の一時期が終ったものであるとなし、彼の中にあったある... もっと読む

人間の絆〈上〉 (岩波文庫)

293
3.85
モーム 2001年10月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「そういうときにはこれ読めばいい」 そう薦められて読み始めたものの、そういうときってどういうときだったのかあんまり覚えてはないです。 モームさ... もっと読む

お菓子とビール (岩波文庫)

268
3.92
モーム 2011年7月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

★★★ 中年作家のアシェンデンは作家友人のロイ・キアからの伝言を受ける。 ロイは先日亡くなった作家の巨匠、テッド・ドリッフィールドの伝記を引き受け... もっと読む

サミング・アップ (岩波文庫)

187
3.79
モーム 2007年2月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2014 7/14読了。Amazonで購入。 最近はまっていたサマセット・モームの、文学論・・・というか作家論・作劇論のような、単なるエッセイでもあるよ... もっと読む

人間の絆〈下〉 (岩波文庫)

183
4.16
モーム 2001年12月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 これはモームの半自伝的小説であり、主人公フィリップの成長物語です。 “若い頃は幸福だ、というのは、若さを既に失った者の抱く幻想に過ぎない。だが若者は自... もっと読む

モーム短篇選〈上〉 (岩波文庫)

178
3.93
モーム 2008年9月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ただいまモームがマイブームです。こちらは短篇集。まずは上巻から。 「エドワード・バーナードの転落」は、ちょうど読んだばかりの『月と六ペンス』と共通の... もっと読む

人間の絆〈中〉 (岩波文庫)

162
4.04
モーム 2001年11月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「画家としては凡庸と悟ったフィリップは、医者になることを決意。その頃、ミルドレットという美しく傲慢な女に出会い虜になっていく」 私がこの小説を長く手放せな... もっと読む

女ごころ (新潮文庫)

112
3.67
モーム 1960年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

02/12/08 さすが、モームといったところ。読みやすいことこの上ないです。 けれども、女ごころとは本当にこうなんだろうか?モームは甘く見て... もっと読む

夫が多すぎて (岩波文庫)

89
3.83
モーム 2001年12月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初読 軽妙洒脱。 戯曲を書かせても現代的。 名香智子の漫画の高貴なノンシャランってモームに通づるものがあるな。 フト思ったのだけど、これ、私が... もっと読む

アシェンデン―英国情報部員のファイル (岩波文庫)

87
3.96
モーム 2008年10月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

・イギリスのスパイだったモームのどストレートなスパイ小説。短めのエピソードで構成されており、読みやすい。007みたいななアクションシーン等はほぼ皆無。作中... もっと読む

月と六ペンス (光文社古典新訳文庫)

39
3.67
モーム 電子書籍 2008年6月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

恋人を待つ間、MacBook Airを広げたサラリーマン/OLばかりの大手町スターバックスで、教養人ぶって読んだ。卒論提出後の2月2日。 もっと読む

(047)群 (百年文庫)

38
3.78
オーウェル 2010年10月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

百年文庫、五冊目は「群」。 群衆の持つ力、群衆の生活、群衆がいる光景。 オーウェル『象を射つ』 植民地時代のインドで、警官の職についていたイ... もっと読む

月と六ペンス (1966年) (旺文社文庫)

12
3.29
モーム 1966年 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

金原瑞人訳のを買ったら、うちにこの古いのがあったので読み比べでもできればと思って先に読んだ。こっちは龍口直太郎という方の訳です。出版されたのが結構前なので... もっと読む

モーム短篇集〈第9〉十二人目の妻,創作衝動,変り種 (1960年) (新潮文庫)

11
3.40
モーム 1960年 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

"ミイちゃんハアちゃん"という言葉だったり、ディケンズの『荒涼館』を『侘しき家』と訳している以外はそれ程違和感を覚えない訳文。ただし、訳者後書でまるまる各... もっと読む

報いられたもの/働き手 (講談社文芸文庫)

10
モーム 2018年3月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

二編とも面白かった。「報いられたもの」母の人間としての出来っぷりはモーム自身の母への理想なのかなと思った。「働き手」妻子の愚かな様子はコミカルなほどで、こ... もっと読む
全67アイテム中 1 - 20件を表示

モームに関連する談話室の質問

ツイートする