ヤニス・バルファキスのおすすめランキング

プロフィール

1961年アテネ生まれ。経済学者。2015年1月に成立したギリシャの急進左派連合政権(チプラス政権)で財務大臣を務め、国際債権団(トロイカ)との債務再編交渉を担当した。政権入りするまで長年にわたり、英国、オーストラリア、米国の大学で教授職を務めた。大臣職を辞任した後は、民主主義の再生に向けて活動し、世界中の聴衆に語りかけている。2016年からは欧州の草の根政治運動、DiEM25(Democracy in Europe Movement)の顔役を務め、2018年11月には米国の上院議員バーニー・サンダース氏らとともに革新的左派の国際組織、プログレッシブ・インターナショナル(Progressive International)を立ち上げた。著書は、Talking to My Daughter About the Economy: A Brief History of Capitalism (Bodley Head, 2017)〔関美和 訳『父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話』(ダイヤモンド社、2019)〕、And The Weak Suffer What They Must? (Bold Type Books, 2016) など多数。

「2019年 『黒い匣 密室の権力者たちが狂わせる世界の運命』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ヤニス・バルファキスのおすすめランキングのアイテム一覧

ヤニス・バルファキスのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。』や『父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。』や『黒い匣 (はこ) 密室の権力者たちが狂わせる世界の運命――元財相バルファキスが語る「ギリシャの春」鎮圧の深層』などヤニス・バルファキスの全7作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。

3835
3.72

感想・レビュー

☆5の評価だが、結論として誰がこの本を読むかということで違ってくる。 高校生や経済学部以外の大学生が経済の成り立ちを知るために読むのだったら、間違いなく... もっと読む

父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。

288
3.81
ヤニス・バルファキス 電子書籍 2019年3月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

父が娘に語る経済の話、読了。後半、すごくいい。遠くからみること、そうやなぁ。 もっと読む

黒い匣 (はこ) 密室の権力者たちが狂わせる世界の運命――元財相バルファキスが語る「ギリシャの春」鎮圧の深層

66
4.33

感想・レビュー

【偉大な悲劇作家たちが教えてくれたように、最高の権威とまったくの無力さの組み合わせほど、悲惨なものはないのだ】(文中より引用) 金融危機の最中にギリ... もっと読む

「反緊縮! 」宣言

59
3.60
松尾匡 2019年5月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ネオリベラリズムは巨大な格差社会を生み出し、超富裕層をますますリッチにするシステムを作り上げた。一方で大多数の国民の取り分は一向に増えず、当然総需要も改善... もっと読む

父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。

5
5.00

感想・レビュー

うっすらと心の中にあったことが 明確に書いてあり、 大変参考になった 性悪説でしかないのかな、人間は、 そして満足と不満の両方がなければ 本物... もっと読む

父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。―――1万年前から現代まですべてを紐解く「資本主義」全からくり

1
ヤニス・バルファキス 電子書籍 2019年3月7日 BookLive!で見る BookLive! ¥ 1350
十代の娘の「なぜ、世の中にはこんなに格差があるの?」というシンプルな質問をきっかけに、元ギリシャ財務大臣の父が経済の仕組... もっと読む
全7アイテム中 1 - 7件を表示
ツイートする
×