ユゴーのおすすめランキング

ユゴーのおすすめランキングのアイテム一覧

ユゴーのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『レ・ミゼラブル (1) (新潮文庫)』や『レ・ミゼラブル (2) (新潮文庫)』や『レ・ミゼラブル (3) (新潮文庫)』などユゴーの全67作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

レ・ミゼラブル (1) (新潮文庫)

853
4.00
ユゴー 1967年5月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

覚悟を決めて読み始めたはずなのに、やっぱり挫折しそうになりました。笑 最初の100ページと、パリの若者たちのあたり。 昔の自分、良く頑張って読んだもん... もっと読む

レ・ミゼラブル (2) (新潮文庫)

435
3.84
ユゴー 1967年7月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

コゼットと出会っていよいよ話が動きだしました。ジャベールの手を何とかすり抜けて穏やかな暮らしをするジャン・ヴァルジャンの幸せな時間でしょうか。 もっと読む

レ・ミゼラブル (3) (新潮文庫)

414
3.87
ユゴー 1967年8月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ユゴー 「 レミゼラブル 3 マリユス 」マリウスは浮浪児、ジョントレッドは腹黒い貧乏人 として対照的に描いている。その差は 心の中の虚無、地獄、暗黒にあ... もっと読む

レ・ミゼラブル (4) (新潮文庫)

392
3.86
ユゴー 1967年8月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

半分はストーリーの本筋とは違う内容で、革命の歴史についてだったり、哲学についてだったり、レトリックや隠語についてだったり。適当に飛ばしつつ読んだ。 もっと読む

レ・ミゼラブル (5) (新潮文庫)

375
4.02
ユゴー 1967年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自分の魂まで清められるような物語。 途中別の本を読むための中断を挟み、結構時間がかかり ようやく読み終わったが、ヒトコト「読んでよかった」 正しく生... もっと読む

レ・ミゼラブル (まんがで読破)

197
3.69
ユゴー マンガ 2009年1月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「素直に生きる」という、単純でシンプルな生き方が どれほどの苦難と忍耐力を要するか、でもそれがいかに 人として生きるために大切なことかが書かれた感動的... もっと読む

ノートル=ダム・ド・パリ(上) (岩波文庫)

116
3.24
ユゴー 2016年5月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

建築が思想を語った時代から、グーテンベルク以降の印刷術が建築学を席巻したというこらしい。 ストーリー展開の合間にユゴーの哲学、思想がちりばめられている。 もっと読む

レ・ミゼラブル〈1〉 (ちくま文庫)

109
4.44

感想・レビュー

有名なレ・ミゼラブル、新訳で初体験。ユゴーのひらすら饒舌な文体が現代のペースにどうかとも思うが、ひたすら過剰なまでにドラマティックに進行する物語の中で、全... もっと読む

ノートル=ダム・ド・パリ(下) (岩波文庫)

84
3.60
ユゴー 2016年6月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ここまで書く(描く)んやなぁ。 精神的に落ち込んでしまいそう。 もっと読む

レ・ミゼラブル〈2〉 (ちくま文庫)

64
3.95

感想・レビュー

モントルイユ・シュル・メールの市長として生きていた徒刑囚ジャン・ヴァルジャン。自分と間違われてジャン・ヴァルジャンとして監獄送りになりそうな男と救うため名... もっと読む

レ・ミゼラブル〈3〉 (ちくま文庫)

63
4.05

感想・レビュー

マリユス登場。 マリユスの思想の移ろい、若者らしい恋の悩みなどを中心に話が進む。マリユスがいつも散歩道で出会う父娘。彼はその娘(コゼット)に一目ぼれ。あ... もっと読む

エルナニ (岩波文庫)

49
3.55
ユゴー 2009年7月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

19世紀フランス・ロマン主義を代表する作家ヴィクトル・ユゴー(1802-1885)の歴史的戯曲、1830年2月25日コメディ=フランセーズにて初演。文学史... もっと読む

王侯 (書物の王国)

33
3.78
中河与一 1998年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アポリネール「サロメ」、李賀「秦王飲酒」、三島由紀夫「花山院」、リラダン「王妃イザボー」など、王侯を題材とした、欧米・中国・日本の短編小説・戯曲・エッセー... もっと読む

ああ無情 (ポプラ社文庫―世界の名作文庫)

31
3.50
ユゴー 1985年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

児童書なので読みやすい。有名な話なのに、ちゃんと読んだのは初めてかも。。フランス革命の時代背景も興味深いし、人間模様がドラマチックで、面白かった。 もっと読む

フランス名詩集 (ちくま文庫)

17
3.40
ロンサール 2006年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

フランス詩といえば、で一度は名前を耳にした作品や詩人を詰め込んでいる一冊。ただでさえ読み応えのあるフランス詩に、このボリュームですから読むのに時間がかかり... もっと読む

グリーン版世界文学全集第1集 14 レ・ミゼラブル

6
3.00
ユゴー 1961年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

冗長な部分もあるけど展開は起伏がある。 愛と勇気だけを友とするのは困難だ。 革命についてけっこう詳細に書かれてて、フランス人が自国を誇るのってこう... もっと読む

ああ無情 (少年少女世界名作全集)

6
3.00
ユゴー 1995年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

所有分は1982年刊。 もっと読む

ノートル・ダム・ド・パリ〈上〉 (1956年) (岩波文庫)

6
3.50
ユゴー 1956年11月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

話自体は面白いのです。 しかし、文章がくどかったり、著者が何ページも只管ゴシック建築について語っているだけで読めども読めども一向に話がすすまないのが個人... もっと読む

レ・ミゼラブル ─まんがで読破─

6
3.33
ユゴー 電子書籍 2009年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あらすじだけであったが十分楽しめた。とはいえ、10分くらいで読んでしまうには、惜しい気がしたので映画も見たい。ミュージカルはもっと壮大なんだろうなぁ。 もっと読む
全67アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする