ヨハン・ホイジンガのおすすめランキング

プロフィール

1872~1945。歴史家、文明批評家。フローニンゲン大学卒業。フローニンゲン大学、ライデン大学で教授職を務める。ライデン大学学長。著書に『中世の秋』『ホモ・ルーデンス』『エラスムス』『わが歴史への道』などがある。

「2018年 『ホモ・ルーデンス 文化のもつ遊びの要素についてのある定義づけの試み』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ヨハン・ホイジンガのおすすめランキングのアイテム一覧

ヨハン・ホイジンガのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ホモ・ルーデンス 文化のもつ遊びの要素についてのある定義づけの試み (講談社学術文庫)』や『ホモ・ルーデンス―人類文化と遊戯』や『エラスムス―宗教改革の時代 (ちくま学芸文庫)』などヨハン・ホイジンガの全15作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

エラスムス―宗教改革の時代 (ちくま学芸文庫)

13
4.00

感想・レビュー

 エラスムスに関して書かれた名著です。エラスムス誕生の話からエラスムス最期の時までが描かれており、詳細でありながら話の展開がうまいので興味を持続させて読む... もっと読む

ホモ・ルーデンス―人類文化と遊戯 (1971年)

7
3.00

感想・レビュー

おすすめ資料 第81回 「遊び」と人間の歴史を考える(2009.1.23)   学際研究の先駆者、ホイジンガの名著で今も版を重ねるロングセラーです。 ホイ... もっと読む

中世の秋 (1958年)

4

感想・レビュー

図書館から。 主として抜き書き。 ※抜き書き 貪欲は傲慢が持つ象徴的、神学的性格を欠いている。つまり、貪欲は自然な物質的罪であり、全く現世的な衝... もっと読む

ホモ・ルーデンス 文化のもつ遊びの要素についてのある定義づけの試み (ホイジンガ選集)

3
2.00

感想・レビュー

私がレビューを書くなんて僭越なことはできません。 遊びというものは、人間文化の本質的基盤と密接にかかわりあっているという問題提起をした 遊びの文化論。 ... もっと読む
全15アイテム中 1 - 15件を表示
ツイートする