ラジスラフ・フクスのおすすめランキング

プロフィール

1923年、プラハ生まれ。カレル大学で博士号取得後、学芸員として国立美術館等で勤務。並行して短編を雑誌に発表していた。
1963年に長編小説『テオドル・ムントシュトック氏』を発表。収容所への移送を待ちかまえるユダヤ人の心理を幻想的に描き、一躍脚光を浴びる。ユダヤ系の出自ではなかったフクスだが、ユダヤ系住民と同じく同性愛者が迫害されるのを目の当たりにし、自身も同性愛の傾向を持っていたために衝撃を受け、ユダヤ系の人びとに共感を抱くようになったと言われる。
ほかの作品に本書『火葬人』や『公爵夫人と料理人』など。
『火葬人』は、ユライ・ヘルツ監督によって映画化されている。

「2013年 『火葬人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ラジスラフ・フクスのおすすめランキングのアイテム一覧

ラジスラフ・フクスのおすすめ作品のランキングです。

火葬人 (東欧の想像力)

139
3.64

感想・レビュー

訳者の阿部賢一さんが、あとがきで、フクスの回想録の次のような一文を紹介している。 『探偵物や犯罪物、あるいはホラーといったジャンルは、思慮深く、そして趣... もっと読む
全1アイテム中 1 - 1件を表示
ツイートする