ラディゲのおすすめランキング

ラディゲのおすすめランキングのアイテム一覧

ラディゲのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『肉体の悪魔 (新潮文庫)』や『肉体の悪魔 (光文社古典新訳文庫)』や『(001)憧 (百年文庫)』などラディゲの全19作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

肉体の悪魔 (新潮文庫)

793
3.64
ラディゲ 1954年12月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

某作家さんがオススメしていたので、ずっと気にはなっていたけれど、内容もラディゲという作家も知らず、今の今まで。もっと早くに読みたかった!という思いと、今で... もっと読む

肉体の悪魔 (光文社古典新訳文庫)

554
3.76
ラディゲ 2008年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1923年ラディゲ20歳のときの作品。ラディゲはその年、腸チフスで死去。 主人公の僕の12歳から16歳までのお話。 人が恋をしたときに感じる不安や疑心... もっと読む

(001)憧 (百年文庫)

261
3.31
太宰治 2010年10月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

百年文庫、100冊の1巻目にして既に濃厚すぎて 読んだ後にどっぷりと疲弊してしまう。 太宰治「女生徒」、ラディゲ「ドニイズ」、 久坂葉子「幾度目... もっと読む

ドルジェル伯の舞踏会 (新潮文庫)

241
3.48
ラディゲ 1953年8月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

規定演技で技の出来栄えを競う、フィギュアスケートや体操競技などを観ているような印象。回転すべきところで回転し、跳躍すべきところで跳躍する、大層丁寧な演技を... もっと読む

肉体の悪魔 (光文社古典新訳文庫)

57
3.60
ラディゲ 電子書籍 2008年1月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 小さい頃、初めて勃起した自分の男性性を主張する異物に、一体何が起きているのか分からなかった。何がきっかけにこうなった?これが意味するのは何だ?未知に対し... もっと読む

ドルジェル伯の舞踏会 (光文社古典新訳文庫)

36
3.20

感想・レビュー

久しぶりに素敵な小説に出会えました。 登場人物の心理描写を1人の語り部が優れた洞察力でもって豊かに表している 中でも三角関係という泥々な恋愛シーンは殆ど少... もっと読む

肉体の悪魔 (1954年) (新潮文庫)

19
4.17

感想・レビュー

15歳の少年が19歳の人妻マルトに惹かれていく。時に激しく、時に優しく相手を希求する若い二人がどうなるのかを楽しく読んだ。ラディゲも同じく10代で書いたの... もっと読む

ラディゲ詩集 (双書・20世紀の詩人 16)

9
3.33

感想・レビュー

ラディゲの詩集は別の版で現在入手可能なものがあるのかな?この本は彼のエッセイや、その短い生涯の概略年譜もあり資料として持っていたい1冊。 もっと読む

肉体の悪魔

3
3.00
ラディゲ 電子書籍 2013年3月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 「本好きへの100の質問」でお薦めだったので読んでみた。感想は正直「うーん」でした。「痴人の愛」もそうだけど、ストーリーよりも文体や「空気」で読ませる、... もっと読む

肉体の悪魔

ラディゲ 電子書籍 2011年9月30日 BookLive!で見る BookLive! ¥ 300
第一次大戦中の混乱期の世相をバックに、一少年の人妻によせる恋愛心理をえぐった小説。早熟夭折の天才ラディゲ17歳のときの処... もっと読む
全19アイテム中 1 - 19件を表示
ツイートする
×