リサ・フェルドマン・バレットのおすすめランキング

プロフィール

【著者】リサ・フェルドマン・バレット(Lisa Feldman Barrett)  
米・ノースイースタン大学心理学部特別教授、ハーバード大学医学部マサチューセッツ総合病院研究員。心理学と神経科学の両面から情動を研究しており、その成果は米国議会やFBI、米国立がん研究所などでも活用されている。2007 年に米国立衛生研究所の所長パイオニア・アワード、2018 年に米国芸術科学アカデミー選出、2019 年には神経科学部門のグッゲンハイム・フェローなど、受賞歴多数。

「2021年 『バレット博士の脳科学教室 7 1/2章』 で使われていた紹介文から引用しています。」

リサ・フェルドマン・バレットのおすすめランキングのアイテム一覧

リサ・フェルドマン・バレットのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『情動はこうしてつくられる──脳の隠れた働きと構成主義的情動理論』や『バレット博士の脳科学教室 7½章』や『情動はこうしてつくられる――脳の隠れた働きと構成主義的情動理論』などリサ・フェルドマン・バレットの全4作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

情動はこうしてつくられる──脳の隠れた働きと構成主義的情動理論

513
4.27

感想・レビュー

養老孟司氏が面白いと言っていた本。 嫌なことがあると、自分の意思とは無関係に何度も何度も頭に浮かび、読書をしても頭に入らない事がある。こうした想起をコント... もっと読む

バレット博士の脳科学教室 7½章

303
4.03

感想・レビュー

脳は体内の予算管理しているというのは面白かった もっと読む

情動はこうしてつくられる――脳の隠れた働きと構成主義的情動理論

56
5.00

感想・レビュー

【為になった1文】 情動がニューロンの発火によって生じるのは確かだが、情動のみに関わっているニューロンは存在しない。 (ブログで本書をご紹介しています)... もっと読む

バレット博士の脳科学教室 7 1/2章

27
4.50

感想・レビュー

最新の科学(らしい)を分かりやすく、情動的な迷信の否定を情動的な文章で解説。ただ脳の仕組みを知るだけでなく、そこから人との付き合い方や組織の振る舞い方が見... もっと読む
全4アイテム中 1 - 4件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×