リチャード・ドーキンスのおすすめランキング

プロフィール

英国の進化生物学者。世界的ベストセラー『利己的な遺伝子』で知られる。ほかの著書に『盲目の時計職人』『神は妄想である』『遺伝子の川』『進化とは何か』など多数。

「2022年 『これが見納め』 で使われていた紹介文から引用しています。」

リチャード・ドーキンスのおすすめランキングのアイテム一覧

リチャード・ドーキンスのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『利己的な遺伝子 <増補新装版>』や『利己的な遺伝子 40周年記念版』や『神は妄想である―宗教との決別』などリチャード・ドーキンスの全45作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

利己的な遺伝子 <増補新装版>

3440
3.95

感想・レビュー

ダーウィンの進化論をベースにしているが進化の主体が生物個体ではなく、遺伝子に有ると理論展開をしている。我々生物個体は、彼ら遺伝子にとって単なる生存のための... もっと読む

利己的な遺伝子 40周年記念版

2537
4.14

感想・レビュー

本書はリチャード・ドーキンス博士の古典的名著。 生物の遺伝子がどのように進化していったかが論じられている。 数年前に一度手に取ったのだが、その時は... もっと読む

神は妄想である―宗教との決別

1406
3.73

感想・レビュー

「利己的な遺伝子」で有名な生物学者ドーキンスが,宗教を完全否定する本。ほんと,完膚なきまでに。 疑問を封じ,理屈を枉げる宗教は絶対悪。科学の精神とまったく... もっと読む

利己的な遺伝子: 増補改題『生物=生存機械論』 (科学選書 9)

864
3.81

感想・レビュー

30年以上前の本だが新しい。 我々の人体は遺伝子にとってヴィークルなのだと。遺伝子は自らの複製を多く残すことを本能的に考えており、時に他の遺伝子と協力し... もっと読む

盲目の時計職人

573
3.81

感想・レビュー

あらゆる生命には、先の見通しをもってデザインをする時計職人はいない。目的から逆算して生命はできてない。あくまで自然淘汰で生命は出来上がっていて、見通しを持... もっと読む

進化とは何か:ドーキンス博士の特別講義

447
3.66

感想・レビュー

今から30年ほど前に行われたドーキンスの講演録である。 地球上のあらゆる動物の存在理由は遺伝子の複製であり、進化とはその複製過程で生じた突然変異が生存に有... もっと読む

進化とは何か:ドーキンス博士の特別講義 (ハヤカワ文庫NF)

439
3.86

感想・レビュー

著書『利己的な遺伝子』で、個体は遺伝子が自己複製するための乗り物に過ぎない、と発表し、センセーショナルを巻き起こしたリチャード・ドーキンス博士が、1991... もっと読む

進化の存在証明

427
4.02

感想・レビュー

お馴染みドーキンス先生。 「進化論っていうか進化という事実の証明を今までしてこなかったからやるわ。今。」みたいな本。 長くてクドいってのは彼の本の欠点... もっと読む

利己的な遺伝子 40周年記念版

369
4.53
リチャード・ドーキンス 電子書籍 2018年2月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【利己的な遺伝子(リチャード・ドーキンス)】 わたしは「コミュニティ」や「人と人の関係性」のようなものを社会学的な視点で考えがちなのですが、そうでは... もっと読む

虹の解体―いかにして科学は驚異への扉を開いたか

348
3.56

感想・レビュー

ドーキンスさんの邦訳本の中では訳文が読みやすく感じます。 大人の方で科学ネタに興味があって、さりとてあんまり軽い内容じゃ満足できないという方には一読の価値... もっと読む

知のトップランナー149人の美しいセオリー

335
3.33

感想・レビュー

「What is your favorite deep, elegant, or beautiful explanation?」、この問いに対する149名... もっと読む

これが見納め―― 絶滅危惧の生きものたち、最後の光景

321
4.37

感想・レビュー

淳水堂さんの感想に刺激されて読んでみる。著者のひとりは「銀河ヒッチハイク・ガイド」のダグラム・アダムスではありませんか。しかも序文はドーキンス博士。世界の... もっと読む

神のいない世界の歩き方: 「科学的思考」入門 (ハヤカワ文庫NF)

317
3.76

感想・レビュー

ふむふむふむ。なかなかグッドでした。 読む人が読んだら大炎上しそうな内容でしたが、根拠を明示しながらの説明は首尾一貫としており、こういうスタンスもありだよ... もっと読む

ドーキンス博士が教える「世界の秘密」

302
3.64

感想・レビュー

個性の強いドーキンス博士のフルカラーで読みやすい本。イラストレーターも著名人らしく、見事な表現力 科学的な内容についてはほとんど新たな発見は無かったが、分... もっと読む

さらば、神よ

245
3.29

感想・レビュー

「利己的な遺伝子」の著者リチャード・ドーキンス氏の宗教決別本。 訳者によれば、氏の「神は妄想である」のヤングアダルト版とも言える本だそうだ。つまり入門編。... もっと読む

文庫 遺伝子の川 (草思社文庫 ド 1-1)

222
3.50

感想・レビュー

著書「利己的な遺伝子」によって衝撃を与えたドーキンス博士によるダーウィン主義の啓蒙書。利己的な遺伝子の概説版という感じ。昆虫と植物のあまりに完璧な擬態の関... もっと読む

遺伝子の川 (サイエンス・マスターズ 1)

220
3.50

感想・レビュー

「遺伝子の川」リチャード・ドーキンス著・垂水雄二訳、草思社、1995.11.06 238p ¥1,800 C0045 (2019.04.20読了)(20... もっと読む

悪魔に仕える牧師

216
3.27

感想・レビュー

進化生物学者であるドーキンスのエッセイ。「神は妄想である」しか読んでいないので、進化論に疎いし、創造論者への反撃も強いことは日本人ではなかなか理解できない... もっと読む

ドーキンスが語る飛翔全史

152
3.79

感想・レビュー

それなりにエンジョイした。上質な大人の絵本。 日本語的な飛翔の全史(学術的な)を期待していると、ガッカリすると思われる。原題のFlight of fanc... もっと読む

進化とは何か ドーキンス博士の特別講義

146
3.91
リチャード・ドーキンス 電子書籍 2014年12月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

進化の仕組みを子供にも分かりやすく説明した講義をまとめた本。ここまでうまく説明できるのかと感心したため、思わずパロ記事を書いてしまったほど。 https... もっと読む
全45アイテム中 1 - 20件を表示

リチャード・ドーキンスに関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×