リチャード・バックのおすすめランキング

プロフィール

1936年、アメリカのイリノイ州に生まれる。空軍パイロット、郵便飛行士、エアショーや遊覧飛行をしながらの地方巡業を経て作家になる。代表作として、ヒッピーのバイブル的小説となった『かもめのジョナサン』の他、『イリュージョン』、『ОNE』などがある。2012年、自家用飛行機を操縦中に墜落して瀕死の重傷を負ったが、一命を取りとめ、現在はリハビリに励んでいる。

「2013年 『ヒプノタイジング・マリア』 で使われていた紹介文から引用しています。」

リチャード・バックのおすすめランキングのアイテム一覧

リチャード・バックのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『かもめのジョナサン (新潮文庫 ハ 9-1)』や『イリュージョン (集英社文庫)』や『かもめのジョナサン 完成版 (新潮文庫)』などリチャード・バックの全35作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

かもめのジョナサン (新潮文庫 ハ 9-1)

3848
3.48

感想・レビュー

H30.2.2 読了。 ・「最も高く飛ぶカモメは最も遠くまで見通す。」 ・「つまりカモメにとって飛ぶのは正当なことであり、自由はカモメの本性そのも... もっと読む

イリュージョン (集英社文庫)

1105
4.03

感想・レビュー

 アメリカ中西部の草原に吹く風、夏の雲、そして飛行機(しかも古い複葉機!)。これだけの舞台装置がそろってそこに退屈している救世主が登場するのだから、おもし... もっと読む

かもめのジョナサン 完成版 (新潮文庫)

1048
3.54

感想・レビュー

ただ食べるだけの生を止め、好きなことを極める生き方を選んだカモメのジョナサン。 早く飛ぶための研究を行い、カモメとしての伝統的な生活を重んじる両親と社会... もっと読む

かもめのジョナサン完成版

1022
3.59

感想・レビュー

若かりし頃に印象に残った本や映画を再見すると、経験値や価値観の変化から新しい発見があるとよく言われるけれど。発表から40年以上も経ってから、作者自身が、完... もっと読む

ONE(ワン) (集英社文庫)

295
3.63

感想・レビュー

中学生ぐらいのときに、表紙絵がすごい好きだったけど結局読まずに手放した。それを数十年ぶりに再挑戦。 はじめはすらすら読めていたけど、途中からなかなか読み進... もっと読む

イリュージョン 悩める救世主の不思議な体験 (集英社文庫)

293
3.52

感想・レビュー

@ohraido 「D坂文庫2010冬」から五冊目。 古い複葉機で遊覧飛行を営んでいるリチャードのもとに 現れた"元救世主"と名乗るドン。 この二人の... もっと読む

海の救助隊―フェレット物語 (新潮文庫)

115
3.59

感想・レビュー

理屈ではなく「表現しながら生きる」ってことをしたくなる本である。 もっと読む

かもめのジョナサン - Jonathan Livingston Seagull【講談社英語文庫】

102
3.41

感想・レビュー

とても短いストーリーだが、沢山の学ぶことがあるとても良い作品だと思う。 最も高く飛ぶカモメが最も遠くを見通せるのだ。 この一文は社会の的を得ているどこ... もっと読む

イリュージョン 悩める救世主の不思議な体験

77
3.75

感想・レビュー

「多くの人々はごくあたりまえのように、人生において自分は無力だと思いこんでいて、それを楽しんでいるんだ。」 好きだったというか、殴られた気分の一文。 そ... もっと読む

嵐のなかのパイロット―フェレット物語 (新潮文庫)

77
3.47

感想・レビュー

「こちら側」と「あちら側」さて、どうなんだろう? 読了感に満足の一冊でした。 シリーズの二作目。 続編も期待したいです。 もっと読む

二匹は人気作家―フェレット物語 (新潮文庫)

76
4.09

感想・レビュー

作家の話かと思ってコンビニで購入したのだが、作家は作家でもフェレット作家だったw 『何だ、ファンタジーな話か』と思い、少しガッカリしながら読み進めていくと... もっと読む

名探偵の大発見―フェレット物語 (新潮文庫)

61
3.46

感想・レビュー

SF的要素を絡めた名探偵のお話。 名探偵なんだけど 推理よりも超能力に頼っている感が 強すぎてとても残念。 身近なことに疑問を持って接する... もっと読む

大女優の恋―フェレット物語 (新潮文庫)

60
3.81

感想・レビュー

題名の割には どっちかというと大女優の恋人側に 視点が置かれている話。 シリーズの他の話と こうつながるのか~、という感じ。 自分の夢に... もっと読む

かもめのジョナサン【完成版】(新潮文庫)

57
4.00
リチャード・バック 電子書籍 2015年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

確信に満ちた意思の弾丸みたいな文章が私のイメージするアメリカンパブリッシュメントそのものな感じ。パート3までは。荒削りとも違うけど原初的。 もっと速く飛び... もっと読む

フェレットの冒険〈1〉海の救助隊

55
3.54

感想・レビュー

子供の頃に『海の救助隊』の本を母親に読んでもらってからずっと憧れていたレスキューフェレットの隊員となったベサニー・フェレット。 懸命に任務にとりくみ、賢... もっと読む

かもめのジョナサン (1974年)

51
3.09

感想・レビュー

↓利用状況はこちらから↓ https://mlib3.nit.ac.jp/webopac/NJ83036274 もっと読む

翼にのったソウルメイト

47
3.70

感想・レビュー

『付き合う』『結婚する』って、どういうこと?いったい何をすることだろう?って問い掛けをしている人にオススメ。 物語としては『イリュージョン』の続き。 もっと読む

ONE

35
3.35

感想・レビュー

SF的寓話、というか、要諦調和的、スピリチュアルなお話でした。ああそういえば「カモメのジョナサン」もそんなようなお話だったんだっけ… もっと読む

かもめのジョナサン (1977年) (新潮文庫)

35
3.43

感想・レビュー

飛ぶ楽しさがわかったジョナサンが群衆から離れ、再び群衆への愛を取り戻す物語。周りに流されるなというメッセージが伝わってきた。 もっと読む

ヒプノタイジング・マリア

33
3.90

感想・レビュー

考え方ひとつで世の中は変わる。あり得ないことがあり得ないことだって誰が決めた?世の中の捉え方、自分の心を変化させるヒントになりそうな本。とはいえ、ちょっと... もっと読む
全35アイテム中 1 - 20件を表示

リチャード・バックに関連する談話室の質問

ツイートする
×