ルイス・キャロルのおすすめランキング

プロフィール

原作者。
1832年-1898年。本名はチャールズ・ラドウィッジ・ドジソン。
イギリスのオックスフォード大学クライスト・チャーチ学寮の数学講師であったが、
ペンネーム、ルイス・キャロルの名で『不思議の国のアリス』を執筆、出版。
『不思議の国のアリス』は現在に至るまで世界各国語に翻訳され愛され続けている。

「2019年 『不思議の国のアリス 型ぬきワンダーブック』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ルイス・キャロルのおすすめランキングのアイテム一覧

ルイス・キャロルのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『不思議の国のアリス (新潮文庫)』や『不思議の国のアリス (角川文庫)』や『鏡の国のアリス (新潮文庫)』などルイス・キャロルの全313作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

不思議の国のアリス (新潮文庫)

3571
3.47
ルイス・キャロル 1994年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『不思議の国のアリス(Alice's Adventures in Wonderland)』は、元々は、作者ルイス・キャロル(本名チャールズ・ドジソン)が、... もっと読む

不思議の国のアリス (角川文庫)

1601
3.67
ルイス・キャロル 2010年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

幼い少女の見た夢という設定からキャラクターやストーリーは全てが"へんてこりん"となっていますが、それら"へんてこりん"を全て含む世界観は全世界の人々を魅了... もっと読む

鏡の国のアリス (新潮文庫)

1294
3.52
ルイス・キャロル 1994年9月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

案外あっさり読めた♪ ハンプティダンプティも結局何言ってるか分からないけど、 双子の兄弟も面白かったし、、 アリスが上手く操られ、操り返してる気... もっと読む

鏡の国のアリス (角川文庫)

1040
3.46
ルイス・キャロル 2010年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

鏡の国のアリス(角川文庫) もっと読む

不思議の国のアリス・オリジナル

742
3.82

感想・レビュー

 アリスが「書いてちょうだい!」としつこくせがむ気持ちがとてもよくわかりました。こんな力のあるお話たちが基になって、次々と別の話が言葉遊びの要素を含めて追... もっと読む

不思議の国のアリス

535
3.54

感想・レビュー

翻訳は、新潮文庫の『不思議の国のアリス』、矢川澄子さんの作品の方がずっと原作に忠実です。 日本語という言葉のニュアンスをいかに英語に近づけ、読者に伝える... もっと読む

不思議の国のアリス (岩波少年文庫 (047))

530
3.71
ルイス・キャロル 2000年6月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『不思議の国のアリス』は、イギリスの数学者チャールズ・ラトウィッジ・ドジソン(1832~1898年)が、ルイス・キャロルのペンネーム児童小説である。キャロ... もっと読む

ふしぎの国のアリス (集英社文庫)

479
3.47
ルイス・キャロル 1992年3月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「2009年クリスマス限定・チェックのカバーで大人買い」3/3(笑)。赤のチェックが華やかな、北村太郎訳・2006.6.6第10刷です。 実は私、デ... もっと読む

鏡の国のアリス (岩波少年文庫)

434
3.53
ルイス・キャロル 2000年11月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

鏡を通りぬけた先にあったのはチェスの国。前に進めば後ろに進み、丘が谷になり、古いものが新しいという鏡のような対称の世界だった。そこで出会った赤の女王に「白... もっと読む

鏡の国のアリス (角川文庫)

406
3.39

感想・レビュー

【状態】 展示中 【内容紹介】 鏡のなかをくぐりぬけ、アリスはまたまた奇妙な冒険の世界へ飛び込んだ――。夢とユーモアあふれる物語を、オリジナル挿画で贈る... もっと読む

鏡の国のアリス (偕成社文庫 2065)

390
3.66

感想・レビュー

鏡の国のアリス 作者であるルイス・キャロルの作品です。 もっと読む

スナーク狩り

378
3.30
ルイス・キャロル 2014年10月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読書会の選書をしていて、参考文献として手に取った。帯を見れば、昨年のトーベ・ヤンソン生誕100年に合わせた企画ものらしい。挿絵がヤンソン、訳は「ほむほむ」... もっと読む

不思議の国のアリス (角川文庫クラシックス)

376
3.31

感想・レビュー

ただのファンタジーではなかった。新たな児童文学の境地を開いたルイス・キャロル。この物語は日本で言えば明治になる直前の時代に書かれたものだ。時間に追われる白... もっと読む

ふしぎの国のアリス (偕成社文庫2063)

318
3.78

感想・レビュー

ジョン・レノンも愛読していた本。ディズニー映画とは大違い。言葉遊びがたくさん。まるで悪夢のよう(笑)原語で読むと、また理解も深まるんだろうな。久しぶりに読... もっと読む

新訳 ふしぎの国のアリス (角川つばさ文庫)

309
3.84
ルイス・キャロル 2010年3月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

原作はかなり言葉遊びが激しく翻訳家泣かせなのだが、この本では韻を踏んだり同音異義語を抱き合わせたりとかなりの工夫を凝らしているため、現在出ている訳本では一... もっと読む

新訳 かがみの国のアリス (角川つばさ文庫)

257
3.88
ルイス・キャロル 2010年8月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小学校の時に表紙に惹かれて 訳に気を付けるようになったのもこの頃 もっと読む

不思議の国のアリス (挿絵=ラッカム)

237
3.93
ルイス・キャロル 2005年12月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アリス翻訳読み比べその3。翻訳はベケットの著作を手掛けたナンセンスの大家・高橋康成、イラストは数々の幻想作品を手掛けてきたアーサー・ラッカム。大型サイズ、... もっと読む

地下の国のアリス (挿絵=キャロル)

221
3.54
ルイス・キャロル 2005年2月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

メディアブック付で地下の国のアリス (押絵キャロル) 作者のルイス・キャロルの作品です。 もっと読む

ふしぎの国のアリス (福音館古典童話シリーズ)

201
3.72

感想・レビュー

訳がいいからなのか、物語がそのまんま入ってきた。難しいことはよくわからないけど純粋に奇想天外で優しく面白かった。 もっと読む

不思議の国のアリス (ちくま文庫)

195
3.54
ルイス・キャロル 1987年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アリス翻訳読み比べその2。翻訳はジョイス『フェネガンズ・ウェイク』で日本語の言葉遊びを限界まで駆使した翻訳で有名な柳瀬尚紀、イラストは佐藤泰生。訳者あとが... もっと読む
全313アイテム中 1 - 20件を表示

ルイス・キャロルに関連する談話室の質問

ツイートする
×