ルイス・セプルベダのおすすめランキング

プロフィール

1949年、チリ北部のオバージェに生まれる。アナキストであった祖父
の影響をうけて若くして社会主義運動に参加(祖父の話は『パタゴニ
ア・エクスプレス』に詳しい)73年、アジェンデ社会主義政権を倒し
たピノチェト将軍による軍事クーデタの後逮捕され、南部テムーコの
刑務所に入れられる。二年半の服役の後、アムネスティの努力で釈放
される。80年からドイツのハンブルグに居を定め、そこでジャーナリ
スト・作家活動を始める。89年発表の『ラブ・ストーリーを読む老
人』や96年の『カモメに飛ぶことを教えた猫』がヨーロッパ諸国でベ
ストセラーになり、新しい世代のラテンアメリカの作家として注目を
集めている。

「1999年 『センチメンタルな殺し屋』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ルイス・セプルベダのおすすめランキングのアイテム一覧

ルイス・セプルベダのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『カモメに飛ぶことを教えた猫』や『カモメに飛ぶことを教えた猫 (白水Uブックス)』や『パタゴニア・エキスプレス (文学の冒険シリーズ)』などルイス・セプルベダの全6作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

カモメに飛ぶことを教えた猫

279
3.74

感想・レビュー

港の猫たちと子カモメのやりとりにほっこり。 もっと読む

カモメに飛ぶことを教えた猫 (白水Uブックス)

267
3.91

感想・レビュー

人情ならぬ猫情にホロリ。 男気溢れる黒猫ゾルバが時に可笑しくたまらなく可愛い。 良い話、楽しい話、だけでは終わらないメッセージをキッチリと盛り込み、 ... もっと読む

パタゴニア・エキスプレス (文学の冒険シリーズ)

44
3.89

感想・レビュー

「ぼくには人生はいつだって刺激的、最後の息をするまで生きるにふさわしいものと思える」。 この清々しい一文が象徴する小説。まとまった一冊の本にすることを意... もっと読む

センチメンタルな殺し屋

35
3.36

感想・レビュー

「カモメに飛ぶことを教えた猫」を書いた作者による、中編集。 「カモメ~」が児童文学(だと思う)だったのに対し、こちらは推理物というか、ハード・ボイルド... もっと読む

ラブ・ストーリーを読む老人

35
3.82

感想・レビュー

入植者の悲哀 生きる知恵 もっと読む
全6アイテム中 1 - 6件を表示
ツイートする