レイ・ブラッドベリのおすすめランキング

レイ・ブラッドベリのおすすめランキングのアイテム一覧

レイ・ブラッドベリのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『刺青の男〔新装版〕 (ハヤカワ文庫SF)』や『社交ダンスが終った夜に (新潮文庫)』や『太陽の黄金の林檎 (ハヤカワ文庫NV)』などレイ・ブラッドベリの全148作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

刺青の男〔新装版〕 (ハヤカワ文庫SF)

208
4.12

感想・レビュー

ブラッドベリは火星や金星やその他宇宙の様々な場所を作品の舞台に選ぶのだが、結局のところ彼が描くのは地球人、すなわち我々人類だ。彼の作品は一種の思考実験のよ... もっと読む

社交ダンスが終った夜に (新潮文庫)

201
3.43

感想・レビュー

高校の図書室で『十月の旅人』と出逢って以降、『歌おう、感電する喜びを』あたりまでは夢中になってブラッドベリを読み耽っていたのだけれど・・・。数年前に『バビ... もっと読む

太陽の黄金の林檎 (ハヤカワ文庫NV)

197
3.65

感想・レビュー

霧笛;The Fog Horn(1953年?、米)。 百万年の孤独。二度と帰らぬ者を待つということ。家族と共にあることが幸運だったと感じられるような物語... もっと読む

ウは宇宙船のウ (創元SF文庫)

189
3.75

感想・レビュー

SF小説というと無機質で退廃的。というイメージが私の中では強いです。 けれど、ブラッドベリのSFは家族の絆の話だったりと人情的かつ心温まる話が多くて、読... もっと読む

さよなら僕の夏

170
3.44

感想・レビュー

文学 ファンタジー もっと読む

20世紀SF〈2〉1950年代―初めの終わり (河出文庫)

166
3.64

感想・レビュー

20世紀SF〈2〉1950年代―初めの終わり (河出文庫) もっと読む

よろこびの機械 (ハヤカワ文庫 NV 112)

163
3.45

感想・レビュー

ラストの「国歌演奏短距離選手」が大好きです。 気持ちいい奴らの話を読むのは楽しいね^^ ちなみに、この話の登場人物は「二人がここにいる不思議」のお葬式の... もっと読む

バビロン行きの夜行列車 (ハルキ文庫 フ 1-1)

154
3.73

感想・レビュー

0100.レイ・ブラッドベリ 作 金原瑞人・野沢佳織 訳 『いとしのサリー』2017/2/8読了 「バビロン行きの夜行列車 」より ①バビロ... もっと読む

黒いカーニバル (ハヤカワ文庫SF)

150
3.50

感想・レビュー

2013年12月26日読了。幻想SFの名手ブラッドベリが雑誌『ウィアード・テールズ』に投稿した単行本未収録短編や未発表原稿など、24編を収めた短編集。こう... もっと読む

夜のスイッチ

147
3.40

感想・レビュー

レイ・ブラッドベリが書いた絵本。SF作品しか知らなかったがなんと詩的な物語!挿絵も素敵です! もっと読む

歌おう、感電するほどの喜びを!〔新版〕 (ハヤカワ文庫 SF フ 16-8)

139
2.93

感想・レビュー

ハヤカワ文庫NVで出ていた「キリマンジャロ・マシーン」「歌おう、感電するほどの喜びを!」を合本してデザイン一新でハヤカワ文庫SFから再販したもの。2冊のも... もっと読む

地球の静止する日―SF映画原作傑作選 (創元SF文庫)

130
3.34

感想・レビュー

映画の原作SF短編集というテーマもの 総じてやや無理やり感 レイ・ブラッドベリ『趣味の問題』 主題がありきたり過ぎ作者の持ち味も出ていない習作 ... もっと読む

歌おう、感電するほどの喜びを! (ハヤカワ文庫NV)

129
3.59
伊藤典夫 1989年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

原題は「I Sing the Body Electric!」。書名にもなっている邦題が良い。 たくさんの優しさと、「何者かに成りきれなかった者」のやりき... もっと読む

メランコリイの妙薬 (異色作家短篇集)

123
3.62

感想・レビュー

一篇はたった5~6頁ほどですが巨匠ブラッドベリの手に掛かれば彩り豊かな宝石箱のような様相を見せます。22篇が収められた短編集は全体的に明るい作品が多め。そ... もっと読む

華氏451度 (ハヤカワ文庫SF)

123
3.55
レイ・ブラッドベリ 電子書籍 2008年10月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本が読めない世界なんてつまらなくて地獄だろうと思うけど、なければないなりにそれに気づかずに生きていけるのではないかしら。 そういう意味ではモンターグ氏の周... もっと読む

ハロウィーンがやってきた (ベスト版 文学のおくりもの)

120
3.70

感想・レビュー

幽霊屋敷の主であるマウンドシュラウド氏が導く〈未知の国〉で、「ぼくたち」と一緒に、愉快に、陽気に、ときどき戦慄してハロウィーンの歴史が学べる物語。 ... もっと読む

瞬(まばた)きよりも速く〔新装版〕 (ハヤカワ文庫SF)

120
3.45

感想・レビュー

まず装丁がかっこよく、タイトルもかっこいい。そしてあとがきまでもかっこ良かったです!個人的には「ザハロフ~」「芝生で泣いている女」「交歓」が良かったです。 もっと読む

十月の旅人 (新潮文庫)

113
3.62

感想・レビュー

一部怪談のブラッドベリ短篇集。ブラッドベリ独特の詩的な表現が控えめ、と思っていたら、解説にも同じことが書いてあった。かなり初期の作品らしい。 時間を... もっと読む
全148アイテム中 21 - 40件を表示

レイ・ブラッドベリに関連する談話室の質問

ツイートする