レイ・ブラッドベリのおすすめランキング

レイ・ブラッドベリのおすすめランキングのアイテム一覧

レイ・ブラッドベリのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『太陽の黄金の林檎』や『たんぽぽのお酒 (1971年) (文学のおくりもの〈1〉)』や『解放 (Little Selectionsあなたのための小さな物語)』などレイ・ブラッドベリの全148作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

たんぽぽのお酒 (1971年) (文学のおくりもの〈1〉)

35
4.55

感想・レビュー

少年の夏の日を、老いや別れと対比させるのでなく相乗させるように書かれていることに驚きつつ、そこから生み出される何とも言えない読後感に震えます。 もっと読む

解放 (Little Selectionsあなたのための小さな物語)

35
3.00
川原泉 2001年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2014.7.30市立図書館→読む暇なく返却 おもしろいアンソロジーだと思って借りたのだけど… もっと読む

スペースマン (新潮文庫―宇宙SFコレクション)

34
3.50

感想・レビュー

久しぶりに読み直して気に入ったのは、「かくて光あり」、「無辺への切符」、「空間の大海に帆をかける船」、「バースデイ」の4作。「バースデイ」だけは、あらすじ... もっと読む

ブラッドベリはどこへゆく―未来の回廊

33
3.82

感想・レビュー

"レイ・ブラッドベリさんのエッセイ。 SF作家の想像、創造の力たるや恐れ入る。 過去も現在も未来もギュッと描き出してくる。 時間の流れは一方通行ではないと... もっと読む

十月はたそがれの国 (1965年) (創元推理文庫)

30
3.85

感想・レビュー

読んだのは1965年版宇野利泰訳 ブラッドベリ初体験でしたが面白い! これぞ短編小説という感じで1話1話重いです!(良い意味で) ダークな内容が多い... もっと読む

華氏451度 (1964年) (ハヤカワ・SF・シリーズ)

29
3.41

感想・レビュー

現代社会への痛烈な批判の籠もったSF作品。本を焼くことを職業とする主人公が、異端の少女に出会うことにより変わっていく……。主人公の妻とその友人は誇張された... もっと読む

スターシップ (新潮文庫―宇宙SFコレクション)

29
3.30

感想・レビュー

「夜来たる」は、名作だと思う。「帰ってきた男」は、いかにもキングという印象。あまり読んだことがないけれど、そう思う。「ブルー・シャンペン」も印象に残った。... もっと読む

黄泉からの旅人

29
3.50

感想・レビュー

夜霧に沈む港町。住民が怪死を遂げてゆく。その謎を追う男は迷宮に迷いこむ…。 名匠の静かな叙情が冴え渡る幻想探偵小説。 「死ぬときはひとりぼっち」「... もっと読む

とうに夜半を過ぎて (集英社文庫 38-A)

28
3.70

感想・レビュー

『10月はたそがれの国』同様、怪奇と幻想に満ちた短編集。 ハロウィンが近づく度、 思い出して身震いしてしまう「十月のゲーム」と、 打って変わって清々... もっと読む

夜をつけよう

28
3.58

感想・レビュー

夜は怖がらずに、楽しみましょう❣️ もっと読む

瞬きよりも速く

28
3.57

感想・レビュー

モルディブの海辺で読むために、この一冊を選んだ。 表題作の「瞬きよりも速く」は長年読みたいと思っていながらも その機会を逸していた作品だったが、正... もっと読む

悪夢のカーニバル (徳間文庫)

26
3.22

感想・レビュー

S.60.11.24 読了。 大昔過ぎて、ほとんどおぼえていない。当時、ブラッドベリはとうに故人と思っていたので、新聞で新作の広告を見たときは、ほんとに... もっと読む

刺青の男

25
3.33
レイ・ブラッドベリ 電子書籍 2013年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ブラッドベリ珠玉の短編集。『火星年代記』にも収録されている「火の玉」、金星の雨の中を彷徨う男達を描いた「長雨」、ブラックな「マリオネット株式会社」と傑作揃... もっと読む

たんぽぽのお酒 戯曲版

23
4.00

感想・レビュー

小説を借りたつもりが戯曲だった! 夏ってくっきりとしていて生命力に溢れている反面、どこかさびしさが漂って別れと死の気配を含んでいる気がする。そんなにおい... もっと読む
全148アイテム中 61 - 80件を表示

レイ・ブラッドベリに関連する談話室の質問

ツイートする