レイ・ブラッドベリの人気ランキング

プロフィール

1920年、アメリカ、イリノイ州生まれ。少年時代から魔術や芝居、コミックの世界に夢中になる。のちに、SFや幻想的手法をつかった短篇を次々に発表し、世界中の読者を魅了する。米国ナショナルブックアウォード(2000年)ほか多くの栄誉ある文芸賞を受賞。2012年他界。主な作品に『火星年代記』『華氏451度』『たんぽぽのお酒』『何かが道をやってくる』など。

「2015年 『たんぽぽのお酒 戯曲版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

レイ・ブラッドベリの人気ランキングのアイテム一覧

レイ・ブラッドベリの人気が高い作品のランキングです。ブクログユーザの評価が高い順で並んでいます。
『瞬きよりも速く 〔新装版〕』や『万華鏡 ブラッドベリ自選傑作集 (創元SF文庫)』や『刺青の男 (1960年) (ハヤカワ・ファンタジイ)』などレイ・ブラッドベリの全148作品から、ブクログユーザの間で人気の作品がチェックできます。

瞬きよりも速く 〔新装版〕

13
5.00
レイ・ブラッドベリ 電子書籍 2012年9月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ブラッドベリの大人のための極上のファンタジーを堪能できる宝箱のような一冊。生まれながらのダンサーの話「バッグ」、図書館ファンタジー「交歓」、映画好きのため... もっと読む

たんぽぽのお酒 (1971年) (文学のおくりもの〈1〉)

35
4.55

感想・レビュー

少年の夏の日を、老いや別れと対比させるのでなく相乗させるように書かれていることに驚きつつ、そこから生み出される何とも言えない読後感に震えます。 もっと読む

ブラッドベリがやってくる―小説の愉快

47
4.16

感想・レビュー

"2012年6月6日、レイ・ブラッドベリさんが亡くなった。享年91歳。ご冥福をお祈りする。 彼の作品で印象深いのは「華氏451度」。映画もDVDで何度も鑑... もっと読む

刺青の男〔新装版〕 (ハヤカワ文庫SF)

208
4.12

感想・レビュー

ブラッドベリは火星や金星やその他宇宙の様々な場所を作品の舞台に選ぶのだが、結局のところ彼が描くのは地球人、すなわち我々人類だ。彼の作品は一種の思考実験のよ... もっと読む

火星年代記 (ハヤカワ文庫SF)

939
4.00

感想・レビュー

追悼ブラッドベリ第2弾。 夏の朝の匂いをかぐと読みたくなるのが「たんぽぽのお酒」ですが、この夏は本書を新訳版で読み返すことに。 50年代の作品... もっと読む

たんぽぽのお酒 戯曲版

23
4.00

感想・レビュー

小説を借りたつもりが戯曲だった! 夏ってくっきりとしていて生命力に溢れている反面、どこかさびしさが漂って別れと死の気配を含んでいる気がする。そんなにおい... もっと読む

よろこびの機械

1
4.00
レイ・ブラッドベリ 電子書籍 2013年4月5日 BookLive!で見る BookLive! ¥ 700
宇宙旅行に関するローマ法王の文書をめぐり、神父たちが奇妙な騒動を繰りひろげる「よろこびの機械」、火星の古い井戸の中でじっ... もっと読む

とうに夜半を過ぎて (河出文庫)

314
3.92

感想・レビュー

いつの間にか秋も深まり、冷たい雨が降って来るこの季節に決まって読みたくなる作家がブラッドベリ。もうタイトルからして最高。 切なさの上にブラックな苦さを加... もっと読む

ウは宇宙船のウ【新版】 (創元SF文庫)

504
3.91

感想・レビュー

『ス』の方は手元になかったのでこちらだけ読む ブラッドベリはSFの中でも そこに宇宙があるからそこへ行く 未知なるものを知ろうとせずにはいられないか... もっと読む

刺青の男 (ハヤカワ文庫 NV 111)

228
3.91

感想・レビュー

刺青のある男との出会いというプロローグとエピローグの間に18のSF短編。 凝縮された短い文章の中で、読者の想像力が試される作品。 宇宙に進出してい... もっと読む

たんぽぽのお酒 (ベスト版文学のおくりもの)

545
3.87

感想・レビュー

 SFの作品が有名だけど、基本的にとても叙情的な文章を書く人なので、少年時代の思い出なんか題材にとったら、どんだけリリカルなものが上がってくるか。これであ... もっと読む

火星年代記 (ハヤカワ文庫 NV 114)

910
3.86

感想・レビュー

The Martian Chronicles(1950年、米)。 もはや古典だが、いま読んでも十分に面白い。火星の古代文明に魅せられた考古学者の話(月は... もっと読む

十月はたそがれの国 (1965年) (創元推理文庫)

30
3.85

感想・レビュー

読んだのは1965年版宇野利泰訳 ブラッドベリ初体験でしたが面白い! これぞ短編小説という感じで1話1話重いです!(良い意味で) ダークな内容が多い... もっと読む

万華鏡―ブラッドベリ自選傑作短編集 (サンリオSF文庫)

80
3.84

感想・レビュー

所収「たんぽぽのお酒」 あまりに激しく感動したので、二度と読み返すまいと思ってた。所収だったから読んでしまった…後悔。全編所収じゃないんだ…ハードカバー版... もっと読む
全148アイテム中 1 - 20件を表示

レイ・ブラッドベリに関連する談話室の質問

ツイートする