ロジェ・カイヨワのおすすめランキング

プロフィール

(Roger Caillois)
1913年、フランスのマルヌ県ランスに生まれる。エコール・ノルマルを卒業後アンドレ・ブルトンと出会い、シュルレアリスム運動に参加するが数年にして訣別。38年バタイユ、レリスらと「社会学研究会」を結成。39–44年文化使節としてアルゼンチンへ渡り『レットル・フランセーズ』を創刊。48年ユネスコにはいり、52年から《対角線の諸科学》つまり哲学的人文科学的学際にささげた国際雑誌『ディオゲネス』を刊行し編集長をつとめた。71年よりアカデミー・フランセーズ会員。78年に死去。思索の大胆さが古典的な形式に支えられたその多くの著作は、詩から鉱物学、美学から動物学、神学から民俗学と多岐にわたる。邦訳に、『戦争論』、『幻想のさなかに』(以上、法政大学出版局刊)『遊びと人間』、『蛸』、『文学の思い上り』、『石が書く』など多数。

「2018年 『アルペイオスの流れ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ロジェ・カイヨワのおすすめランキングのアイテム一覧

ロジェ・カイヨワのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『遊びと人間 (講談社学術文庫)』や『斜線 方法としての対角線の科学 (講談社学術文庫)』や『聖なるものの社会学 (ちくま学芸文庫)』などロジェ・カイヨワの全50作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

遊びと人間 (講談社学術文庫)

569
3.48

感想・レビュー

遊びについて、先人のホイジンガの説も取り上げながらその分類や文化との関わりについて述べられた本。文章は非常に難解であるが、特に文化に関する分析は興味深い。... もっと読む

斜線 方法としての対角線の科学 (講談社学術文庫)

58
3.00
ロジェ・カイヨワ 2013年12月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読んだ時期が悪かった。いろいろな分野を接続させるという試みは、もはやいろんなものが接続しまくっているから、むしろ古びてさえ見える。それでもなお面白さを欠か... もっと読む

人間と聖なるもの

33
3.43

感想・レビュー

聖なるもの、それは崇拝の対象となるもの、さまざまな媒体により伝染するもの。人間を魅惑する、また戦慄、畏怖の感情を呼び起こすもの。焔に飛び込んでゆく蝶。 ... もっと読む

妖精物語からSFへ (1978年) (サンリオSF文庫)

25
3.50

感想・レビュー

【要約】 ・ 【ノート】 ・実家にあったもの もっと読む

戦争論―われわれの内にひそむ女神ベローナ (りぶらりあ選書)

24
3.60
ロジェ・カイヨワ 1974年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

フランスの社会学者カイヨワの代表的著作の一つ。「戦争」についての原理的理解には不可欠。 もっと読む

ポンス・ピラト ほか―カイヨワ幻想物語集

23
3.00
ロジェ・カイヨワ 2013年5月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

短篇集で表題作の「ポンス・ピラト」は無実のイエスを処刑していいのか?と悩む話。「ノア」はノアの箱舟で生き残ったノアが神の責任を問うという奇妙な物語。 ... もっと読む

石が書く (叢書 創造の小径)

21
4.00

感想・レビュー

<原題:L’écriture des pierres> 稀覯本である。1975年発刊で現在は絶版。古書もあることはあるが、かなり高値がついている場合... もっと読む

反対称―右と左の弁証法 (カイヨワの対角線の科学シリーズ)

14
3.50

感想・レビュー

【目次】 日本の読者に 訳者まえがき 序言 Ⅰ 問題の提起 Ⅱ 厳密な意味での対称について Ⅲ 反対称の進化論 Ⅳ 宇宙に遍在す... もっと読む

反対称―右と左の弁証法 (1976年)

13
4.00

感想・レビュー

均衡、安定に向かう非対称、に対する安定の破壊に向かう反対称。 非対称は無秩序または無限の対称性を共に含む。差異を消す作用。 反対称はエントロピーを逆行する... もっと読む

蛸―想像の世界を支配する論理をさぐる (1975年)

11
3.75

感想・レビュー

【目次】 日本版への序 序言 用語について 第一部 幻の発生  Ⅰ 古代地中海地方でのたこ  Ⅱ 「クラケン」から「超巨大だこ」へ... もっと読む
全50アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする