ロバート・ハリスのおすすめランキング

プロフィール

横浜生まれ。上智大学卒業後、71年日本を後にし、東南アジアを放浪。バリ島に1年間滞在後、オーストラリアに渡り延べ16年間滞在。シドニーで書店&画廊「エグザイルス」を経営。オーストラリア国営テレビ局で日本映画の英語字幕を担当後、テレビ映画製作に参加、帰国後J-WAVEのナビゲーターや、作家としても活躍中。

「2013年 『WOMEN ウィメン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ロバート・ハリスのおすすめランキングのアイテム一覧

ロバート・ハリスのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『人生の100のリスト (講談社+α文庫)』や『エグザイルス (講談社+α文庫)』や『人生の100のリスト』などロバート・ハリスの全57作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

人生の100のリスト (講談社+α文庫)

352
3.86
ロバート・ハリス 2008年5月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

わたしも自分だけの100のリストを作ってみたい!と思った。 著者は1週間かかったとのこと。それぐらいの時間が必要、ということだね。 もっと読む

エグザイルス (講談社+α文庫)

322
3.96
ロバート・ハリス 2000年1月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

・1/15 読了.年越しちゃった.若いころはハチャメチャやっていろいろと放浪してオーストラリアにもいたのね.でも日本はつまらないというのには賛成できないな... もっと読む

人生の100のリスト

308
3.71
ロバート・ハリス 2004年2月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

やりたいことを100個リストアップする。 彼にとってこれは「遊び」であり、 楽しく生きるための一つのオプションに過ぎない。 そしてリストの内... もっと読む

ワイルドサイドを歩け (講談社+α文庫)

165
3.71
ロバート・ハリス 2002年9月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ロバハリさんのVintage Garageというラジオ番組が好きで録音して聴いていたそこそこ熱心なリスナーだった。Vintage Garageの影響なのか... もっと読む

英語なんて これだけ聴けて これだけ言えれば 世界はどこでも旅できる

156
3.75
ロバート・ハリス 2010年8月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

言い回しや最低限、が絞られていて分かり易い。 要は、伝えたい気持ち 旅行会話は身振り手振りでどうにかなることも多いし。 渡航前、また借りようかな... もっと読む

エグザイルス

105
3.81
ロバート・ハリス 1997年6月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

J-WAVEのナビゲーターとしてお馴染みの著者。とんでもなく壮絶で破天荒な旅の、というか魂の遍歴を綴った本。 向こう見ずで有り余るエネルギーに眩しさを覚... もっと読む

アフォリズム

100
4.12
ロバート・ハリス 2010年12月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ロバート・ハリスの著作への読者レビューを見ると、賛同者もいるが非賛同者の数も少なくない。会社勤めで理系教育を受けた身としては非賛同者の気持ちもわからないで... もっと読む

ワイルドサイドを歩け

99
3.58

感想・レビュー

J-waveリスナーであれば、お馴染みロバートハリスさんのエッセイ。 ギャンブル、ヒッピー、放浪の旅、ドラック、女、精神の病と破天荒なエピソードを通... もっと読む

アウトサイダーの幸福論 (集英社新書)

89
3.56
ロバート・ハリス 2015年2月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

無頼派作家の生きかた論。孤独を引き受けるからこそ、著者は無頼=アウトサイダーでいられるのだろう。勇気があって強い、けれどももろさと背中合わせ。そうはなれな... もっと読む

暗号機エニグマへの挑戦 (新潮文庫)

81
3.35

感想・レビュー

第二次世界大戦中にドイツが使用していた暗号機、エニグマによる暗号を解き明かそうと奮闘するイギリスの暗号解析チームの一人、トーマス・ジェリコが主人公。期待さ... もっと読む

ゴーストライター (講談社文庫)

70
3.19
ロバート・ハリス 2009年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 イギリスの元首相の自伝のゴーストライターとなった「私」が国際政治の闇に引きずり込まれていく話。  多少淡泊すぎるきらいはあるものの、前任者の不審死、華や... もっと読む

ポンペイの四日間 (ハヤカワNV)

68
3.37
ロバート・ハリス 2005年3月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大きな自然災害が立て続けに起こっているここ数年。いざ自分の身に降りかかったらどんな行動を起こすのか怖くなります。容易にパニックを起こして被害拡大させたり、... もっと読む

エグザイルス・ギャング

57
3.66

感想・レビュー

読みだすととまらない・・・ この人の本を読んでると勇気がでてくる。 いまこのタイミングでこの人に出会えてほんとによかった。 人生は楽しんだもん勝... もっと読む

WOMEN ウィメン: ぼくが愛した女性たちの話

54
3.07
ロバート・ハリス 2013年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

たくさんの女性たちとの関わりが短いエッセイ風に書かれてる。 ロバートハリスが遊び人だなという視点よりはたくさんの女性をみてきたロバートハリスが選んで... もっと読む

ファーザーランド (文春文庫)

49
3.82

感想・レビュー

第二次大戦でナチスが勝利した後の1960年代という歴史改変サスペンス。ナチス高官が殺された事件を刑事警察の主人公が捜査するうち、国家の陰謀に巻き込まれてい... もっと読む

ワイルド・アット・ハート 眠ってしまった冒険者たちへ

44
3.83
ロバート・ハリス 2007年7月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

数冊ロバート・ハリスの本は読んでいるので、何度も繰り返し出て来るストーリーではあるが、毎度、自分の状況と比べる事で、自分の未熟さやもっと自由に生きていいの... もっと読む

黒くぬれ!―エッセイ

43
3.71

感想・レビュー

表紙のデザインのかっこよさとぶっ飛んだ帯の文字に惹かれて手にした、ハリスさんとの出会いの一冊。 この本の良さがわかる人とは仲良くなれると思う。 もっと読む

幻の島を求めて―終わりなき旅路 エーゲ海編 (終わりなき旅路 (エーゲ海編))

36
3.80

感想・レビュー

独特なライフスタイルや人生観を持つことで著名な文筆家でありラジオDJでもあるロバート・ハリスが、エーゲ海の島を旅した紀行文。 モロッコ、シチリア、と、こ... もっと読む
全57アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする