ロバート・フロストのおすすめランキング

プロフィール

アメリカの国民的詩人。ニューイングランドの田園世界を舞台に、自然と人間社会の問題に目を向けながら数多くの名作を残したが、生誕地はサンフランシスコ。11歳のときに父親が亡くなり、父方の故郷マサチューセッツ州ローレンスに移住。ローレンス高校時代に詩作を始める。ダートマス・カレッジに進学するが、1学期で退学。エリノア・ホワイトと結婚。祖父の資金援助を受けデリーに農場を購入。高校教師を経て、1912年9月、家族とともに渡英。『少年の心』、『ボストンの北』を相次いでロンドンで出版。エズラ・パウンドと出会う。1915年2月22日に帰国した後、詩人としての評価を得て、詩作に専念。アマースト・カレッジを始めいくつかの大学から招聘され、在留詩人として教鞭をとる。1961年3月26日、J・F・ケネディの大統領就任式典で「即座の贈り物」を朗読。1963年1月29日、ボストンのブリガム病院で88年10ヵ月の生涯を閉じる。詩人の死を悼んで、全米各地で半旗が掲げられた。ピュリツァー賞(詩部門)を4度受賞。代表作、「石垣修理」、「林檎もぎをおえて」、「行かなかった道」、「ある老人の冬の夕べ」、「薪の山」、「大地の方へ」、「雪の夕べ森辺に佇んで」、「金色のままでいられるものは何もない」、「雇い人の死」、「埋葬」、「西に流れる川」などを含め、人口に膾炙した抒情詩や劇的物語詩、対話詩が多数ある。

「2023年 『山間の地に暮らして』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ロバート・フロストのおすすめランキングのアイテム一覧

ロバート・フロストのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『対訳 フロスト詩集――アメリカ詩人選(4) (岩波文庫)』や『白い森のなかで』や『モミの手紙』などロバート・フロストの全13作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

対訳 フロスト詩集――アメリカ詩人選(4) (岩波文庫)

85
3.00

感想・レビュー

摂南大学図書館OPACへ⇒ https://opac2.lib.setsunan.ac.jp/webopac/BB50113956 もっと読む

白い森のなかで

57
3.71

感想・レビュー

 雪に覆われた白い森に佇む“わたし”。  アメリカの著名な詩人の作品を元にした絵本。  図書館本。  有名な詩人とのことだが、すみません、不勉強なので... もっと読む

モミの手紙

48
2.56

感想・レビュー

4-88747-007-x 32p 1999.11.21 3刷 △わかりにくかった 他の方の書評や解説で内容を改めてわかりました もっと読む

ロバート・フロストの詩―訳詩と評釈

4
3.00

感想・レビュー

ヘンリー・D・ソローの思想に近いが、ソローより詩的。少々分かりにくい。 もっと読む

ボストンの北―ロバート・フロスト詩集

1
1.00

感想・レビュー

文体や考え方や形式が好みではなく、読み切ることができなかった。 もっと読む
全13アイテム中 1 - 13件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×