ロバート・ラドラムのおすすめランキング

ロバート・ラドラムのおすすめランキングのアイテム一覧

ロバート・ラドラムのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『暗殺者 (上) (新潮文庫)』や『暗殺者 (下) (新潮文庫)』や『殺戮のオデッセイ〈上〉 (角川文庫)』などロバート・ラドラムの全69作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

暗殺者 (上) (新潮文庫)

266
3.84

感想・レビュー

3月-5。3.5点。 ボーン・アイデンティティーの原作。 記憶を失ったジェイソン・ボーンと、学者マリー。 登場人物名は重なるが、ストーリーとか人物像... もっと読む

暗殺者 (下) (新潮文庫)

217
3.89

感想・レビュー

読みづらいとこもあったが、おおむね面白かった。映画版を先に見たので、その観点から。細々したスパイ的テクニックが説明されるのは良かった。反面、アクション的に... もっと読む

殺戮のオデッセイ〈上〉 (角川文庫)

123
3.63

感想・レビュー

<上中下3巻を通してのレビュー> ディビット・ウェブまたの名をジェイソン・ボーン。 彼の能力を必要とするのは分かりますが、何もそこまで追い込まなく... もっと読む

殺戮のオデッセイ〈下〉 (角川文庫)

104
3.59

感想・レビュー

ジェイソン・ボーンものの2作目。大きな謀略の中で、場面場面で罠の仕掛け合いとなり、スリリングにストーリーが展開されるが、上中下の3冊構成の長さが必要だった... もっと読む

最後の暗殺者〈下〉 (角川文庫)

79
3.36

感想・レビュー

暗殺者シリーズ大団円。面白かったなぁ〜。 もっと読む

暗殺のアルゴリズム〈上〉 (新潮文庫)

74
3.19

感想・レビュー

主人公の米国諜報員は親友でもある同僚が拉致されたことを知り、上層部に背いて救出しようとする。もう一人の主人公は証券アナリストであるが、血の繋がりのある大富... もっと読む

メービウスの環〈上〉 (新潮文庫)

72
3.64

感想・レビュー

イスラム過激派に捕えられた平和活動家の命の恩人を、元特殊部隊の主人公が救出するところから話は始まる。 しかしその救出劇にはいくつもの罠がしかけられていて... もっと読む

メービウスの環〈下〉 (新潮文庫)

69
3.70

感想・レビュー

イスラム過激派に捕えられた平和活動家の命の恩人を、元特殊部隊の主人公が救出するところから話は始まる。 しかしその救出劇にはいくつもの罠がしかけられていて... もっと読む

暗殺のアルゴリズム〈下〉 (新潮文庫)

65
3.29

感想・レビュー

主人公の米国諜報員は親友でもある同僚が拉致されたことを知り、上層部に背いて救出しようとする。もう一人の主人公は証券アナリストであるが、血の繋がりのある大富... もっと読む

マタレーズ暗殺集団 (上) (角川文庫 (6183))

57
3.50

感想・レビュー

組織の中に、また別の組織があるという恐怖。 もっと読む

マタレーズ暗殺集団 (下) (角川文庫 (6184))

55
3.44

感想・レビュー

敵対するCIAとKGBのエージェントが孤立無援の中、マタレーズ暗殺集団に迫るが。。。まさかの続編もあるけど、それは未読。いつか読まなくては。 もっと読む

狂気のモザイク (上) (新潮文庫)

54
3.85

感想・レビュー

ロバート・ラドラムの作品はほぼ全部読んできた。映画「ボーン・シリーズ」の原作『暗殺者』はもちろん傑作なのだが、シリーズ全体となるとやや評価は落ちる。読み物... もっと読む

陰謀の黙示録〈上〉 (新潮文庫)

52
3.08

感想・レビュー

ネオ・ナチの組織に潜入した捜査員が消息を絶った。捜査員の弟・ドリーは志願して兄を探し始めるが、その矢先に兄が任務に成功して戻ってきた。しかし、彼の持ってか... もっと読む

狂気のモザイク (下) (新潮文庫)

51
3.70

感想・レビュー

ロバート・ラドラムの作品はほぼ全部読んできた。映画「ボーン・シリーズ」の原作『暗殺者』はもちろん傑作なのだが、シリーズ全体となるとやや評価は落ちる。読み物... もっと読む
全69アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×