ロベルト・ボラーニョのおすすめランキング

プロフィール

1953年、チリのサンティアゴに生まれる。1968年、一家でメキシコに移住。1973年、チリに一時帰国し、ピノチェトによる軍事クーデターに遭遇したとされる。翌74年、メキシコへ戻る。その後、エルサルバドル、フランス、スペインなどを放浪。77年以降、およそ四半世紀にわたってスペインに居を定める。1984年に小説家としてデビュー。1997年に刊行された第一短篇集『通話』でサンティアゴ市文学賞を受賞。1996年、『アメリカ大陸のナチ文学』を刊行。1997年に刊行された第一短篇集『通話』でサンティアゴ市文学賞を受賞。その後、長篇『野生の探偵たち』、短篇集『売女の人殺し』(いずれも白水社刊)など、精力的に作品を発表するが、2003年、50歳の若さで死去。2004年、遺作『2666』が刊行され、バルセロナ市賞、サランボー賞などを受賞。ボラーニョ文学の集大成として高い評価を受け、10 以上の言語に翻訳された。本書は2000年に刊行された後期の中篇小説である。

「2017年 『チリ夜想曲』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ロベルト・ボラーニョのおすすめランキングのアイテム一覧

ロベルト・ボラーニョのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『2666』や『通話 (EXLIBRIS)』や『野生の探偵たち〈上〉 (エクス・リブリス)』などロベルト・ボラーニョの全12作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

2666

590
4.31

感想・レビュー

 二段組み855Pの長編小説。著者ロベルト・ボラーニョの遺作であり、それぞれ独立した五部で構成されている。ただ、どの部も完全に独立しているわけでもなく、謎... もっと読む

通話 (EXLIBRIS)

263
3.87

感想・レビュー

ポラーニョ短編集。 いくつかの話で「野生の探偵たち」(http://booklog.jp/users/junsuido/archives/1/45600... もっと読む

野生の探偵たち〈上〉 (エクス・リブリス)

227
4.23

感想・レビュー

長尺の小説だが、まったく飽きさせない。これだけいろんな話が詰まっていればそりゃそうだ。登場人物が多いため、こちらを参考にすると読みやすい。http://w... もっと読む

野生の探偵たち〈下〉 (エクス・リブリス)

161
4.32

感想・レビュー

細部に混乱(人が多い!)しつつ、大きな流れと読み切ったことへの充実感にため息が出る。長い旅だった! 先にあとがきに目を通さないほうがよい、とはいえ、それす... もっと読む

売女の人殺し (ボラーニョ・コレクション)

123
4.20

感想・レビュー

よかった。とてもよかった。ボラーニョの短編を読んでいて思い浮かべるのは、夕陽を浴びて輝く、平らに広がるさざ波で、そのキラキラでポルノ、ネクロフィリア、同性... もっと読む

鼻持ちならないガウチョ (ボラーニョ・コレクション)

96
3.81

感想・レビュー

表題作と「鼠警察」はまずまず楽しめた。けれど、上の空というか深みにはまれていないというか、全体的に力が弱いように感じた。最後の「クトゥルフ神話」の同世代作... もっと読む

アメリカ大陸のナチ文学 (ボラーニョ・コレクション)

88
3.75

感想・レビュー

タイトルに騙されたけど、「アメリカ大陸のナチ文学作家」の紹介だったのね… もっと読む

[改訳]通話 (ボラーニョ・コレクション)

54
4.09

感想・レビュー

エクスビブリス版に続き再読。改訳とあるが大きな直しはないようです。 改めて「通話」はボラーニョの魅力が詰まった短編集だと思いました。 注意深く読み進め... もっと読む

はるかな星 (ボラーニョ・コレクション)

45
4.00

感想・レビュー

前書きにもあるように、これはボラーニョの初期の作品『アメリカ大陸のナチ文学』の最終章に出てくる、ラミレス=ホフマン中尉の話を大幅に改稿し、一篇の小説とした... もっと読む

ムッシュー・パン (ボラーニョ・コレクション)

27
3.71

感想・レビュー

作家の初期の中篇。 主人公ムッシュー・パンの1938年パリでのエピソード。日常の些事が淡々と語られているうちに何とも奇妙な幻想的な世界に迷い込むことになる... もっと読む
全12アイテム中 1 - 12件を表示
ツイートする