ロラン・バルトのおすすめランキング

プロフィール

1915-1980。フランスの批評家・思想家。シェルブールに生まれ、幼年時代をバイヨンヌに過す。パリ大学で古代ギリシア文学を学び、学生の古代劇グループを組織、結核のため1941年から5年間、スイスで療養生活を送りつつ、初めて文芸批評を執筆。戦後はブカレストで図書館勤務、アレクサンドリアでフランス語の講師。帰国後、国立科学研究センター研究員、54年に『零度のエクリチュール』を発表。高等研究員教授を経て、77年からコレージュ・ド・フランス教授。75年に彼自身が分類した段階によれば、(1)サルトル、マルクス、ブレヒトの読解をつうじて生まれた演劇論、『現代社会の神話』(2)ソシュールの読解をつうじて生まれた『記号学の原理』『モードの体系』(3)ソレルス、クリステヴァ、デリダ、ラカンの読解をつうじて生まれた『S/Z』『サド、フーリエ、ロヨラ』『記号の国』(4)ニーチェの読解をつうじて生まれた『テクストの楽しみ』『ロラン・バルトによるロラン・バルト』などの著作がある。そして『恋愛のディスクール・断章』『明るい部屋』を出版したが、その直後、80年2月25日に交通事故に遭い、3月26日に亡くなった。

「2020年 『恋愛のディスクール・断章 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ロラン・バルトのおすすめランキングのアイテム一覧

ロラン・バルトのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『表徴の帝国 (ちくま学芸文庫)』や『明るい部屋―写真についての覚書』や『物語の構造分析』などロラン・バルトの全110作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

表徴の帝国 (ちくま学芸文庫)

800
3.44
ロラン・バルト 1996年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本文化をラノベ的表現にて描き上げた一冊。 もっと読む

明るい部屋―写真についての覚書

784
3.72
ロラン・バルト 1997年6月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 「写真とはそれ自体何であるのか、いかなる本質的特徴によって他の映像の仲間から区別されるのか」。冒頭に置かれたこの問いへ応えるため、著者は本書で「無秩序性... もっと読む

物語の構造分析

487
3.48
ロラン・バルト 1979年11月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

NDC: 901 もっと読む

恋愛のディスクール・断章

349
3.76
ロラン・バルト 1980年9月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

コミュニケーションにおける「不公平」を甘受する者、返事がなくともなお、気軽にやさしく語りつづける者がいれば、そうした者には大変な自制心が、「母親」のもので... もっと読む

映像の修辞学 (ちくま学芸文庫)

322
3.27
ロラン・バルト 2005年9月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

題名の通り、ロラン・バルトが「映像」に関するレトリックを記号論をの観点から論じている。「広告写真」と「報道写真」についての論文2篇と、映画についてのインタ... もっと読む

エクリチュールの零(ゼロ)度 (ちくま学芸文庫)

321
3.34
ロラン・バルト 1999年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

バルトが文学の新たな分析概念として持ち出すのが、言語体・文体とは異なる領域としての「エクリチュール」。その相の下でバルトはマルクス主義の地平から文学を解明... もっと読む

テクストの快楽

234
3.51
ロラン・バルト 1977年4月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日常世界を線形的に同じ感じで進み行くわたしが書物の表紙を開くことは、別の存在を開くことに止まらず、風を切って知的世界の裂け目に入るという意味を持っている。... もっと読む

神話作用

209
3.57
ロラン・バルト 1967年7月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「深化」や「ローマ人」についての話が面白かった。特に映像ってどこを意図的にしているのか、それによって何を伝えようとしているのか。 今読むと分からないこと... もっと読む

零度のエクリチュール 新版

205
3.84
ロラン・バルト 2008年4月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

エクリチュール、と言うのは聞き慣れないし、少し人によって変わる概念だそうだけれど、書き方、ペンの持ち方と言う風に聞こえます。 バルトが生きていた頃は、古典... もっと読む

エッフェル塔 (ちくま学芸文庫)

167
3.62
ロラン・バルト 1997年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ロラン・バルトがフランスの象徴であるエッフェル塔を多角的な視点と詩的な文章で語る。 エッフェル塔をいわゆる記号論の中で分解し、意味しているもの・意味され... もっと読む

ロラン・バルト 喪の日記

111
4.11
ロラン・バルト 2009年12月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

…書き手を全く知らないで、手を出してはいけない分野でした。(パラ見して、読みやすそうな詩だーとか思っちゃったんだもの) 仏の批評家、思想家の著者様が、母... もっと読む

彼自身によるロラン・バルト【新装版】

102
3.49
ロラン・バルト 1997年6月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

書いてあることがあまりよくわからないのに、それでも時間が経つとまた読みたくなる不思議な本。 バルトのアフォリズム集と言ってよいか。 もっと読む

零度のエクリチュール

94
3.53

感想・レビュー

古書店にて200円(書き込み有り)。初ロラン・バルトに代表作というのは悪くない巡り合わせなのでは。序文で早くもフローベールやらマラルメやら出てきて否応なく... もっと読む

ロラン・バルト映画論集 (ちくま学芸文庫)

83
3.00

感想・レビュー

内容(「BOOK」データベースより) ロラン・バルトは、その初期である1960年に研究的なエッセーを発表して以降、多くの映像評論を残した。『戦鑑ポチョム... もっと読む

記号の国―1970 (ロラン・バルト著作集 7)

67
3.35
ロラン・バルト 2004年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

表徴の帝国という本を図書館で探していたらこの記号の国という本も同じ内容らしく読むことができた。 ドイツ人のヴァンダースの「東京画」は小津へのオマージュを込... もっと読む

ロラン・バルト 中国旅行ノート (ちくま学芸文庫)

66
3.38
ロラン・バルト 2011年3月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

西洋の人って(当時の)中国をどう感じてたのか知りたかった。でも日本人の感じ方とかなり近い気がした。 「数字」にうんざりなのは今も同じ。 もっと読む

美術論集―アルチンボルドからポップ・アートまで

64
4.00
ロラン・バルト 1986年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

目次 文字の精神 エルテ または 文字通りに アルチンボルド または 「修辞学」と「魔術師」 絵画は言語活動か アンドレ・マソンのセミオグラフィ... もっと読む
全110アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×