ローリー・ギャレットのおすすめランキング

ローリー・ギャレットのおすすめランキングのアイテム一覧

ローリー・ギャレットのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『カミング・プレイグ―迫りくる病原体の恐怖〈上〉』や『カミング・プレイグ―迫りくる病原体の恐怖〈下〉』や『崩壊の予兆〈上)―迫りくる大規模感染の恐怖』などローリー・ギャレットの全10作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

カミング・プレイグ―迫りくる病原体の恐怖〈上〉

18
3.75

感想・レビュー

時を経ても古びることが少ないギャレットの生涯の主著だろうと思う。感染症との闘いが終わっていないことは、今ではむしろ常識になっただろうが、問題がHIVだけで... もっと読む

崩壊の予兆〈上)―迫りくる大規模感染の恐怖

6
3.00

感想・レビュー

この本に書いてある ロシアの現状は本当なのかな と私のイメージの中ではロシアって すっごいお金持ちって感じなんですが もっと読む

崩壊の予兆〈下〉―迫りくる大規模感染の恐怖

6
3.00

感想・レビュー

オウム事件って結構衝撃だったんだなぁ もっと読む

フォーリン・アフェアーズ・リポート2011年4月10日発売号

6

感想・レビュー

先進国は今後、いかにして優秀な移民をひきつけられるかがカギになる。 ドイツ版アメリカンドリームとして、ドイツに来る魅力があるのか? 中国は大戦略を... もっと読む

フォーリン・アフェアーズ・リポート2014年9月号

6
3.50

感想・レビュー

ワシントンはモスクワの立場と行動を不快に思っているかもしれないが、ロシアの行動を支えている理屈、そして地政学の基礎を理解する必要がある。大国は自国の近隣地... もっと読む

フォーリン・アフェアーズ・リポート2013年11月10日発売号

5
4.00
ローリー・ギャレット 雑誌 2013年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大学の国際関係論の場合、より外交政策の立案に貢献することがその目的である。高等教育機関は知識を真摯に追及するとともに、広範な社会目的へ貢献することを目的に... もっと読む

フォーリン・アフェアーズ・リポート2014年10月号

4
3.00
エド・フサイン 雑誌 2014年10月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中東におけるグローバルな抗争とはイデオロギー抗争であり、その攻撃対象は資本主義、欧米、アメリカの外交政策に向けられる。目的はイスラム世界を窮状から救い出す... もっと読む
全10アイテム中 1 - 10件を表示
ツイートする