ヴァージニア・ウルフのおすすめランキング

ヴァージニア・ウルフのおすすめランキングのアイテム一覧

ヴァージニア・ウルフのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『灯台へ (岩波文庫)』や『オーランドー (ちくま文庫)』や『ダロウェイ夫人 (集英社文庫)』などヴァージニア・ウルフの全66作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

灯台へ (岩波文庫)

467
3.92

感想・レビュー

灯台の見える別荘での半日と、その10年後の数時間。それだけなのに400ページ、まったく飽きさせない。登場人物は少なくないからろくに名前を覚えないまま読み進... もっと読む

オーランドー (ちくま文庫)

296
3.40

感想・レビュー

語り手がノリノリで、「えっウルフってこういう陽気なのも書くんだ?」というのが第一印象。伝記のパロディ、英文学とオーランドー一族、もしかしたら英国自体が対象... もっと読む

ダロウェイ夫人 (集英社文庫)

234
3.62

感想・レビュー

初読 一文が長く、視点が入れ替わるのが独特だな… と思いながら読んでたら「意識の流れ」という技法らしい。 このお陰で独特の世界観が色濃くなるし、... もっと読む

ダロウェイ夫人 (角川文庫)

234
3.24

感想・レビュー

「意識の流れ」技法を使った代表的作品。面白いけど、登場人物の内なる声を拾うのに結構疲れるので、集中力が必要な本。実際誰に発した声だかわからなくなるので、神... もっと読む

自分ひとりの部屋 (平凡社ライブラリー)

138
4.45

感想・レビュー

女子大生向けの講演をベースに書かれた「フェミニズム批評の古典」。ウルフの個人的な随筆を期待して手に取った者としては少々構えてしまったが、肩ひじを張った雰囲... もっと読む

新装版 レズビアン短編小説集: 女たちの時間 (平凡社ライブラリー)

106
4.00

感想・レビュー

同じく平凡社ライブラリーから刊行されている『ゲイ短編小説集』と対をなすのが本書、『レズビアン短編小説集』。長らく入手困難な状態が続いていたが、新装版として... もっと読む

(039)幻 (百年文庫)

104
3.41
川端康成 2010年10月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

感覚を呼び起こす言葉 パラダイスロスト、チョコレエト玉、ノオト、きんつば、油のにおい、くびまき、こおろぎ もっと読む

ダロウェイ夫人

83
3.81

感想・レビュー

六月の朝のロンドン。ビッグ・ベンの鐘の音が聞こえる。柔らかなヴェールのような灰白色の朝の空気の中に、クラリッサ・ダロウェイは飛びこんでゆく。今夜の夜会のた... もっと読む

波 (ヴァージニア・ウルフコレクション)

77
3.92

感想・レビュー

 段階的に挿入される自然描写をのぞき、本書は六人の男女が交互にかわす独白のみによって成り立っている。その台詞にしても、ゴダールの映画におけるそれのような曖... もっと読む

自分だけの部屋 (ヴァージニア・ウルフ・コレクション)

72
3.33

感想・レビュー

「女性が小説なり詩なりを書こうとするなら、年に500ポンドの収入とドアに鍵のかかる部屋を持つ必要がある」 小説家だけではなく、女性が社会性を持つのに... もっと読む

自分だけの部屋 【新装版】

66
4.40

感想・レビュー

再読です。一度目はE・サイードの『知識人とは何か』のなかで紹介されていたところから読んだのでした。二度目の今回はこのかん女性作家の本ばかり続けて読んできて... もっと読む

燈台へ (ヴァージニア・ウルフ・コレクション)

62
3.86

感想・レビュー

英文学好きの方々を中心に、きわめて高く評価されている小説家、V.ウルフの代表作です。一般的にはあまり知られた作家ではないかもしれません。 著者の芸風は「... もっと読む

船出(上) (岩波文庫)

45
3.10

感想・レビュー

ウルフのスタートって実はジェイン・オースティンだったのか、と。以後の作品のイメージで、もっと新しい作家だと思っていたが、このデビュー作は想像に反して古典の... もっと読む

ある作家の日記 (ヴァージニア・ウルフコレクション)

42
4.00

感想・レビュー

ヴァージニア・ウルフの日記を、その夫であるレナード・ウルフが編集したもの。訳者の神谷美恵子も含めて、ヴァージニア・ウルフへの深い共感から作られている本であ... もっと読む

燈台へ (新潮文庫)

41
3.50

感想・レビュー

窓・時は逝く収録。 決してとらえることのできない、とらえたかと思う瞬時に、逃げ去る幻影《ヴィジョン》。『燈台へ』の作中人物は、それを追いつづける。 もっと読む

三ギニー: 戦争を阻止するために (平凡社ライブラリー)

35
5.00

感想・レビュー

そうだよ、、、 平凡社のPR 教育や職業の場での女性への直接的・制度的差別が戦争と通底する暴力行為であることを明らかにし、戦争なき未来のあり方を提... もっと読む

オーランドー

31
3.22

感想・レビュー

これ好きだー!大好きだ!シリアスな方向に行かないし、ところどころで展開される象徴的な表現の仕方も素晴らしい!男から女に変わるオーランドーを描いたファンタジ... もっと読む
全66アイテム中 1 - 20件を表示

ヴァージニア・ウルフに関連する談話室の質問

ツイートする