ヴィクトル・ペレーヴィンのおすすめランキング

プロフィール

1962年生まれ。現代ロシアを代表する作家。『ジェネレーション〈P〉』『汝はTなり』『チャパーエフと空虚』『虫の生活』などが訳されている。

「2018年 『iPhuck10』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ヴィクトル・ペレーヴィンのおすすめランキングのアイテム一覧

ヴィクトル・ペレーヴィンのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『宇宙飛行士オモン・ラー (群像社ライブラリー)』や『チャパーエフと空虚』や『恐怖の兜 (新・世界の神話)』などヴィクトル・ペレーヴィンの全8作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

宇宙飛行士オモン・ラー (群像社ライブラリー)

235
3.60

感想・レビュー

今年のノーベル文学賞受賞者の作品の邦訳を出していたから…というわけでは必ずしもないんだけれど、同じ出版社というつながりと、読みそびれていたこともあって読ん... もっと読む

チャパーエフと空虚

139
3.88

感想・レビュー

ボルヘスとマルケス好きならおすすめ。ロシアにまだまだこんな作家が!!色々な読み方が出来るし、どんな話?と言われても説明しづらいけど(笑)ただある程度哲学の... もっと読む

恐怖の兜 (新・世界の神話)

127
3.40

感想・レビュー

「それはもしかしたら、単に蛸なのでは?」 『iPhuck 10』が難解ながらも面白かったのでそのままの勢いで読んだ。 しかし、やはりこれもかなり難... もっと読む

眠れ―作品集「青い火影」〈1〉 (群像社ライブラリー)

70
3.60

感想・レビュー

ペレーヴィンの短編集。ロシア人の文脈を持たない私には、動物が出て来る話が最も面白く思われた。解説によると、視点の変換によって物事を揺るがす手法を、ロシア・... もっと読む

寝台特急 黄色い矢 (群像社ライブラリー)

48
3.73

感想・レビュー

たぶん、現代国家としてのソ連あるいはロシアの内側がすごく投影されているんだと思います。私はそのあたりはかなり無知なので、作品の中の何がロシアのどんなあり方... もっと読む

iPhuck10

33
3.67

感想・レビュー

ペレーヴィンの最新作。 相変わらずぶっ飛んでいてハチャメチャで、それがたまらない。『iPhuck10』というタイトルもインパクトがある。 因みに原書の... もっと読む

汝はTなり: トルストイ異聞

20
3.50

感想・レビュー

これも筋を追うのではなく、作品世界に浸りたいならオススメ。 もっと読む
全8アイテム中 1 - 8件を表示

ヴィクトル・ペレーヴィンに関連するまとめ

ツイートする