ヴィクトル・ユゴーのおすすめランキング

プロフィール

1802年フランス生まれの、作家・詩人・戯曲家。小説や詩集を多数発表し、高い評価を得る。政治家としても活動した。1885年没。

「2021年 『新訳 レ・ミゼラブル』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ヴィクトル・ユゴーのおすすめランキングのアイテム一覧

ヴィクトル・ユゴーのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『レ・ミゼラブル (上) (角川文庫)』や『レ・ミゼラブル (下) (角川文庫)』や『レ・ミゼラブル〈上〉 (福音館古典童話シリーズ 31)』などヴィクトル・ユゴーの全121作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

レ・ミゼラブル (上) (角川文庫)

1199
4.30

感想・レビュー

 子供の頃に接した「ジャン・バルジャン物語」やミュージカル「レ・ミゼラブル」で分かったつもりになっていてはいけない。一度は原作を読んでみなければ…と思って... もっと読む

レ・ミゼラブル (下) (角川文庫)

768
4.39

感想・レビュー

 下巻は、1832年6月5日に起きたパリ蜂起の模様が中心である。1830年の七月革命でブルボン王朝が倒れた後に、日和見主義のブルジョワジーの推薦によって新... もっと読む

レ・ミゼラブル〈上〉 (福音館古典童話シリーズ 31)

146
4.04

感想・レビュー

16歳の私の人生を変えた本。 一言の感想に尽きます。感想は山ほど書きたいけれど地獄のような私の人生と人生観を変えてくれた一冊です。死ぬまでに読んで絶対後悔... もっと読む

ノートル=ダム・ド・パリ (ヴィクトル・ユゴー文学館)

130
4.41

感想・レビュー

人間の建前と内面の葛藤を描いたユゴー渾身の一作。私はこれほどまでに人間らしさを感じる作品を知らない。特に聖職者でありながら、エスメラルダを愛さずにはいられ... もっと読む

レ・ミゼラブル〈下〉 (福音館古典童話シリーズ (32))

98
4.16

感想・レビュー

16歳の私の人生を変えた本。 感想はこの一言に尽きます。上下合わせて1週間で読みきりました。福音館書店童話シリーズは挿し絵も良く、地獄のような私の人生と人... もっと読む

九十三年 上 (潮文学ライブラリー)

81
3.39

感想・レビュー

人が人を裁く、色んな思想を持った人々が裁き合う、どこに向かっていくのか、何のために革命を起こしているのか、読んでいくうちに分からなくなってきた。下巻では出... もっと読む

九十三年 下 (潮文学ライブラリー)

66
3.79

感想・レビュー

義務と良心の狭間で悩み、最期に死をもって人間主義を貫くゴーヴァンの姿に感動した。 もっと読む

死刑囚最後の日 (光文社古典新訳文庫)

65
3.85
ヴィクトルユゴー 2018年12月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

昔家で豚が飼われていた。当時一番チビだった私の自転車も当然一番小さく、豚のいる柵の手前に止めるよう父親に言われていた。毎回暗闇から威嚇され、私はガチガチに... もっと読む

ああ無情 (少年少女世界文学館 17)

57
3.88

感想・レビュー

(1996.08.29読了)(購入日不明) (「BOOK」データベースより)amazon ミリエル司教の大きな愛によってめざめるジャン=バルジャン,コ... もっと読む

レ・ミゼラブル 04 第一部 ファンテーヌ

56
4.28
ヴィクトル・ユゴー 電子書籍 2012年9月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

倫理を問いかける物語なのか。 犯罪者を作るのは社会?だから罪を憎んで人を憎むなと。でも一人の犯罪者の改心を待つ間、どれだけの善良な人が犠牲にならないとい... もっと読む

レ・ミゼラブル―ファンティーヌとコゼット (愛蔵版 世界の名作絵本)

51
4.08

感想・レビュー

安易なダイジェストではない絵本。 結構な分量の単行本に挑戦するきっかけになる? もっと読む

レ・ミゼラブル 1 (潮文学ライブラリー)

44
3.25

感想・レビュー

一年一年彼の言葉がていねいになり、洗練され、おだやかになってゆくのがわかった。 神聖になることの第一歩は、他人のことを考えることだ。 もっと読む

レ・ミゼラブル 05 第二部 コゼット

39
4.33
ヴィクトル・ユゴー 電子書籍 2012年9月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

モントルイュ・スュール・メールにとってマドレーヌ氏は間違いなく必要な人物だった。罪があったとはいえ、後先考えないジャヴェルには少しくらい責任を感じて欲しい... もっと読む

レ・ミゼラブル 06 第三部 マリユス

35
4.07
ヴィクトル・ユゴー 電子書籍 2012年9月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

記憶が怪しすぎて前回読んだ記憶がすべて飛んでいたが、そのおかげで楽しめましたともいえる。偶然が重なるドッキリな展開を繰り広げる部分は白々しくて先が読めない... もっと読む

レ・ミゼラブル 08 第五部 ジャン・ヴァルジャン

34
4.46
ヴィクトル・ユゴー 電子書籍 2012年9月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前回この長い話を読んだ時の記憶は銀の燭台を盗んだ場面と臨終のシーンだけだったが、まあ左もありなんというくらいの怒涛の最終章。途中何度も投げ出したくなるユゴ... もっと読む

レ・ミゼラブル 07 第四部 叙情詩と叙事詩 プリューメ街の恋歌とサン・ドゥニ街の戦歌

32
3.93
ヴィクトル・ユゴー 電子書籍 2012年9月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ようやく革命っぽい話になってきました。長かった…。しかし、長かっただけあって、これまでの登場人物らに対する思い入れはかなりのものがあり、それぞれの人物らが... もっと読む

死刑囚最後の日

32
3.33
ヴィクトル・ユゴー 電子書籍 2012年9月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

保有状況:所有&購入日:40179&購入金額:0 もっと読む

レ・ミゼラブル 03 序

28
3.36
ヴィクトル・ユゴー 電子書籍 2012年9月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

作者のヴィクトル・ユーゴーによる序文。 もっと読む

レ・ミゼラブル〈1〉 (角川文庫)

27
4.00

感想・レビュー

全4巻。愛に満ち溢れたフランス文学の金字塔であり、今さらかというほどの不朽の名作。10年以上前に読んだ印象とはやはり異なる読後感ながら大作から受ける感銘の... もっと読む

噫無情(ああむじょう)〈前篇〉 (世界名作名訳シリーズ)

25
3.88

感想・レビュー

涙香による『レ・ミゼラブル』の翻訳(というよりリライトというほうがしっくりくる)。枝葉を切り取ってる分、原作より展開は早い。この時代の翻訳は人物名まで日本... もっと読む
全121アイテム中 1 - 20件を表示

ヴィクトル・ユゴーに関連する談話室の質問

ツイートする
×