ヴィクトル・ユゴーのおすすめランキング

ヴィクトル・ユゴーのおすすめランキングのアイテム一覧

ヴィクトル・ユゴーのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『レ・ミゼラブル (上) (角川文庫)』や『レ・ミゼラブル (下) (角川文庫)』や『ノートル=ダム・ド・パリ (ヴィクトル・ユゴー文学館)』などヴィクトル・ユゴーの全99作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

レ・ミゼラブル (下) (角川文庫)

528
4.39

感想・レビュー

ポンメルシー、浮かれて舞い上がるの巻 もっと読む

ノートル=ダム・ド・パリ (ヴィクトル・ユゴー文学館)

120
4.41

感想・レビュー

人間の建前と内面の葛藤を描いたユゴー渾身の一作。私はこれほどまでに人間らしさを感じる作品を知らない。特に聖職者でありながら、エスメラルダを愛さずにはいられ... もっと読む

レ・ミゼラブル〈上〉 (福音館古典童話シリーズ 31)

100
3.98

感想・レビュー

長いので読んでいなかったのですが…(-_-;) 映画を見る前にと、読んでみました。 おもしろかったぁ。高学年~中学生に tomy もっと読む

レ・ミゼラブル〈下〉 (福音館古典童話シリーズ (32))

73
4.04

感想・レビュー

下巻は飛ばしよみ多し。政治的見解、マリユスとコゼットの逢引シーン、最後の暴動シーンなどなど、特に。なにしろジャン・バルジャンとジャヴェールがいい。無情だが... もっと読む

九十三年 上 (潮文学ライブラリー)

61
3.39

感想・レビュー

フランス革命 1789〜99を部隊としたスケールの大きな物語 王党派の指揮官 ラントナック侯爵 指揮官像 「今の戦争ときたら、極悪非道の戦いですし、血... もっと読む

ああ無情 (少年少女世界文学館 17)

54
3.88

感想・レビュー

(1996.08.29読了)(購入日不明) (「BOOK」データベースより)amazon ミリエル司教の大きな愛によってめざめるジャン=バルジャン,コ... もっと読む

九十三年 下 (潮文学ライブラリー)

48
3.79

感想・レビュー

義務と良心の狭間で悩み、最期に死をもって人間主義を貫くゴーヴァンの姿に感動した。 もっと読む

レ・ミゼラブル 1 (潮文学ライブラリー)

39
3.25

感想・レビュー

一年一年彼の言葉がていねいになり、洗練され、おだやかになってゆくのがわかった。 神聖になることの第一歩は、他人のことを考えることだ。 もっと読む

レ・ミゼラブル―ファンティーヌとコゼット (愛蔵版 世界の名作絵本)

35
4.08

感想・レビュー

続きが欲しくなるな…ここで終わりとは。 これからもずっとジャン・ヴァルジャンは約束を守り続けるのだけど。 もっと読む

レ・ミゼラブル 04 第一部 ファンテーヌ

32
4.13
ヴィクトル・ユゴー 電子書籍 2012年9月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

冒頭に登場するミリエル司教の話の部分、 取っ付き難いかなっと思ったがそうではない。 間違いなくキーパーソンだし、 その後も波に乗って読み進むことがで... もっと読む

レ・ミゼラブル〈1〉 (角川文庫)

23
3.89

感想・レビュー

全4巻。愛に満ち溢れたフランス文学の金字塔であり、今さらかというほどの不朽の名作。10年以上前に読んだ印象とはやはり異なる読後感ながら大作から受ける感銘の... もっと読む

噫無情(ああむじょう)〈前篇〉 (世界名作名訳シリーズ)

22
3.88

感想・レビュー

涙香による『レ・ミゼラブル』の翻訳(というよりリライトというほうがしっくりくる)。枝葉を切り取ってる分、原作より展開は早い。この時代の翻訳は人物名まで日本... もっと読む

噫無情(ああむじょう)〈後篇〉 (世界名作名訳シリーズ)

19
4.00

感想・レビュー

満足。常にテンション高めなうえに、原作にあった休憩ポイント(?パリの下水道事情とか)がカットされていて、息つく暇もなかった。早すぎる分、余韻も少し薄いかも... もっと読む

レ・ミゼラブル - Les Miserables【講談社英語文庫】

19
4.00

感想・レビュー

ああ無情の児童書の記憶しかなく、Fantineの部分が新鮮でした(映画も結局見ていないのです)。Jervertは救われたのか否か…。美しい心で往きたいなと... もっと読む

レ・ミゼラブル 05 第二部 コゼット

19
4.20
ヴィクトル・ユゴー 電子書籍 2012年9月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第二部も第一編はメタ的な語り口で、 ちょっと長いワーテルローの戦いについての詳しい話で始まる。 メインプロット外の付帯背景描写や考察が 『レ・ミゼラ... もっと読む

死刑囚最後の日

18
3.50
ヴィクトル・ユゴー 電子書籍 2012年9月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

保有状況:所有&購入日:40179&購入金額:0 もっと読む

レ・ミゼラブル 03 序

17
3.29
ヴィクトル・ユゴー 電子書籍 2012年9月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

作者のヴィクトル・ユーゴーによる序文。 もっと読む

レ・ミゼラブル 06 第三部 マリユス

17
3.75
ヴィクトル・ユゴー 電子書籍 2012年9月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

同時代のパリが舞台の映画「天井桟敷の人々」が脳裏にちらつく。 もっと読む
全99アイテム中 1 - 20件を表示

ヴィクトル・ユゴーに関連する談話室の質問

ヴィクトル・ユゴーに関連するまとめ

ツイートする