ヴィクトール・E・フランクルのおすすめランキング

プロフィール

ヴィクトール・E・フランクル(Viktor Emil Frankl)
1905年、ウィーンに生まれる。ウィーン大学卒業。在学中よりアドラー、フロイトに師事し、精神医学を学ぶ。第二次世界大戦中、ナチスにより強制収容所に送られた体験を、戦後まもなく『夜と霧』に記す。1955年からウィーン大学教授。人間が存在することの意味への意志を重視し、心理療法に活かすという、実存分析やロゴテラピーと称される独自の理論を展開する。1997年9月歿。
著書『夜と霧』『死と愛』『時代精神の病理学』『精神医学的人間像』『識られざる神』『神経症』(以上、邦訳、みすず書房)『それでも人生にイエスと言う』『宿命を超えて、自己を超えて』『フランクル回想録』『〈生きる意味〉を求めて』『制約されざる人間』『意味への意志』(以上、邦訳、春秋社)。

ヴィクトール・E・フランクルのおすすめランキングのアイテム一覧

ヴィクトール・E・フランクルのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『夜と霧 新版』や『虚無感について -心理学と哲学への挑戦-』や『死と愛【新版】――ロゴセラピー入門』などヴィクトール・E・フランクルの全12作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

夜と霧 新版

10818
4.24

感想・レビュー

もう8年ほど前の話になるが、アウシュビッツ強制収容所に行ったことがある。 アンネの日記をはじめとする本や映画やさまざまなメディアなどでホロコーストやナチ... もっと読む

虚無感について -心理学と哲学への挑戦-

75
3.33

感想・レビュー

僕の虚無感は精神疾患ではない気がした。気を病んで精神科に行ってもカウンセリングを受けてもたぶん時間の無駄だなーとしか考えない。w めちゃくちゃ分厚い・翻... もっと読む

死と愛【新版】――ロゴセラピー入門

48
5.00

感想・レビュー

「態度価値」=変えられない運命の下にあるときに自分がいかなる態度をとるかを決めること。 もっと読む

現代思想imago 総特集=ヴィクトール・E・フランクル

34
5.00

感想・レビュー

斎藤環「私は性格が悪いので、現在のフランクル受容が、いささか「相田みつを」的なものになってはいないかとの懸念がどうしても捨てきれない」。我が意を得たりの感... もっと読む

もうひとつの〈夜と霧〉: ビルケンヴァルトの共時空間

31
3.50

感想・レビュー

貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_se... もっと読む

夜と霧 新版

〈わたしたちは、おそらくこれまでのどの時代の人間も知らなかった「人間」を知った。では、この人間とはなにものか。人間とは、... もっと読む
全12アイテム中 1 - 12件を表示

ヴィクトール・E・フランクルに関連する談話室の質問

ツイートする