三宅陽一郎のおすすめランキング

プロフィール

三宅陽一郎(みやけ よういちろう)
ゲームAI開発者。京都大学で数学を専攻、大阪大学大学院理学研究科物理学修士課程、東京大学大学院工学系研究科博士課程を経て、人工知能研究の道へ。ゲームAI開発者としてデジタルゲームにおける人工知能技術の発展に従事。立教大学特任教授、九州大学客員教授、東京大学客員研究員。国際ゲーム開発者協会日本ゲームAI専門部会チェア、日本デジタルゲーム学会理事、芸術科学会理事、人工知能学会編集委員。
著書に『人工知能のための哲学塾』『人工知能のための哲学塾東洋哲学篇』(BNN新社)、『ゲームAI技術入門』『人工知能の作り方』(技術評論社)、『なぜ人工知能は人と会話ができるのか』(マイナビ出版)、『〈人工知能〉と〈人工知性〉』『AImeetsPhilosophy:HowtodesigntheGameAI』(iCardbook)などがある。
Twitter: @miyayou
Facebook: https://www.facebook.com/youichiro.miyake
専用サイト: https://miyayou.com/

「2020年 『人工知能のための哲学塾  未来社会篇』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三宅陽一郎のおすすめランキングのアイテム一覧

三宅陽一郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『人工知能のための哲学塾』や『絵でわかる人工知能 明日使いたくなるキーワード68 (サイエンス・アイ新書)』や『人工知能の作り方 ――「おもしろい」ゲームAIはいかにして動くのか』など三宅陽一郎の全58作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

人工知能のための哲学塾

306
3.72
三宅陽一郎 2016年8月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2020年の夏休み図書として購入。 2017年から社会人として博士後期課程に進学したことがきっかけで哲学的思考に興味を持ち始め、自身の研究を進める傍ら様... もっと読む

絵でわかる人工知能 明日使いたくなるキーワード68 (サイエンス・アイ新書)

288
3.23
三宅陽一郎 2016年8月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

蔵書整理で手放すので、再び出会い読む日もあるか もっと読む

人工知能の作り方 ――「おもしろい」ゲームAIはいかにして動くのか

194
3.36
三宅陽一郎 2016年12月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『人工知能の作り方 ―「おもしろい」ゲームAIはいかにして動くのか』を読み終わった。知能ってなんだろうというところから掘り下げて、ゲームAIの観点で人工知... もっと読む

人工知能のための哲学塾 東洋哲学篇

150
3.50
三宅陽一郎 2018年4月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【内容紹介】 人工知能は欲望を持てるのか?世界は残酷であり、人は弱い。人工知能がその弱さを獲得できたとき、人との新しい関係性を持つことになる。語り尽くせな... もっと読む

WEB+DB PRESS Vol.68

144
3.70
名村卓 2012年4月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『WEB+DB PRESS vol.68 2012』 (レビュアー:エンジニア 福岡) この号は4月からの新卒を対象とした「新人応援号」というコン... もっと読む

高校生のための ゲームで考える人工知能 (ちくまプリマー新書)

118
3.10
三宅陽一郎 2018年3月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ゲームのキャラクターにどのように「知能」を与えるかを考えていく本。 認識(知識生成)、意思(意思決定)、行動(運動生成)という三つのモジュールによって人工... もっと読む

ゲームAI技術入門──広大な人工知能の世界を体系的に学ぶ (WEB+DB PRESS plusシリーズ)

100
3.88
三宅陽一郎 2019年9月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ゲームAIといっているが、正確には最近のゲーム制作を実現するためのシステムアーキテクチャの教科書といったニュアンスが強いように感じる。 キャラクターAI、... もっと読む

WEB+DB PRESS Vol.100

91
3.92
河原一哉 2017年8月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ちょっと出版から遅くなりましたが読みました。 個人的には「あのときの自分へ」という、過去の自分に向けたメッセージを伝える特集が一番面白かったかもです。 もっと読む

ゲーム学の新時代 遊戯の原理 AIの野生 拡張するリアリティ

85
4.33
中沢新一 2019年3月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

約40年ほど前PC8001というパーソナルコンピュータの走りのマシンが発売されたのだが、メモリーは32K(32Mではない、しかも発売当初は16K)テキスト... もっと読む

眠れなくなるほど面白い 図解 AIとテクノロジーの話

76
2.56
三宅陽一郎 2018年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

AIについて、仕組み、適応されるビジネス、問題点を包括的に記述されていてわかりやすかった一方、大体は新聞とか読んでれば分かる内容であった。 新たに得た知... もっと読む

人工知能のための哲学塾 未来社会篇 〜響きあう社会、他者、自己〜

71
3.00
三宅陽一郎 2020年7月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【配架場所、貸出状況はこちらから確認できます】 https://libipu.iwate-pu.ac.jp/opac/volume/531718 もっと読む

人工知能が「生命」になるとき

68
4.14
三宅陽一郎 2020年12月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

志の高い本で、西洋的な人工知能と東洋的な人工知能って違うんじゃないの?というところを掘り下げていく。確かに、私も、理性的な構築をしていけば森羅万象が明らか... もっと読む

現代思想 2015年12月号 特集=人工知能 -ポスト・シンギュラリティ-

60
3.63
新井紀子 2015年11月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

寄稿は石黒浩、茂木健一郎、竹内薫、ドミニク・チェン他。思想の課題は既に「ポスト」シンギュラリティへ。さらに12.1発売のWIRED(VOL.20)も特集が... もっと読む

人工知能のための哲学塾

46
3.78

感想・レビュー

AIに関連する哲学の系譜・概要と、AIへの応用法を製作観点から述べており、網羅的かつ実用的でたいへん参考になる一冊だった。類書も併せて、このあたりの哲学議... もっと読む

なぜ人工知能は人と会話ができるのか (マイナビ新書)

42
3.22
三宅陽一郎 2017年8月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

<図書館の所在、貸出状況はこちらから確認できます> https://libipu.iwate-pu.ac.jp/mylimedio/search/boo... もっと読む

絵でわかる人工知能 明日使いたくなるキーワード68 (サイエンス・アイ新書)

25
3.50
三宅陽一郎 電子書籍 2016年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【会社の本棚から①】 人工知能の知識ゼロなので、最初の導入として読みました。 「絵でわかる」のタイトルと、ペラペラめくった時のかわいいネコのイラストに惹... もっと読む

ゲーム情報学概論- ゲームを切り拓く人工知能 -

25
3.00
伊藤毅志 2018年4月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【配架場所、貸出状況はこちらから確認できます】 https://libipu.iwate-pu.ac.jp/opac/volume/521634 もっと読む
全58アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×