三宮麻由子のおすすめランキング

プロフィール

エッセイスト。東京都生まれ。
高校時代、米ベンロマンド・ハイスクールに留学。上智大学文学部フランス文学科卒業。同大学院博士前期課程修了、修士号取得。現在は外資系通信社で報道翻訳に従事。
デビュー作『鳥が教えてくれた空』(NHK出版/集英社文庫)で第2回NHK学園「自分史文学賞」大賞を、『そっと耳を澄ませば』(NHK出版/集英社文庫)で第49回日本エッセイストクラブ賞を受賞。そのほか、第2回サフラン賞、第11回音の匠賞、第46回点字毎日文化賞などを受賞。
主な著書に『ルポエッセイ 感じて歩く』(岩波書店)、『ロング・ドリーム──願いは叶う』『世界でただ一つの読書』『四季を詠む──365日の体感』(以上、集英社文庫)、『おいしい おと』『でんしゃはうたう』『かぜフーホッホ』『センス・オブ・何だあ?』(以上、福音館書店)などがある。
失明直後からピアノ、リトミック、ソルフェージュなどのレッスンを開始。複数の専門教師のレッスンを継続し、現在はパリ国立高等音楽院教授の上田晴子氏に師事。大学・大学院時代は学内の古楽器アンサンブルでリコーダーとチェンバロを担当。新井満氏との合作で『この町で』を作曲したほか、講演やトークコンサートなど幅広く活動を続けている。
趣味はバードリスニング。

「2022年 『フランツ・リスト 深音の伝道師』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三宮麻由子のおすすめランキングのアイテム一覧

三宮麻由子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『おいしい おと (幼児絵本ふしぎなたねシリーズ)』や『でんしゃは うたう (幼児絵本ふしぎなたねシリーズ)』や『鳥が教えてくれた空 (集英社文庫)』など三宮麻由子の全35作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

おいしい おと (幼児絵本ふしぎなたねシリーズ)

1018
3.71
三宮麻由子 2008年12月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

図書館にて美味しそうな表紙の絵本に釘付けの息子。 擬音語のたくさん出てくる絵本なので、最初に読み聞かせをするときに読み方がよくわからず戸惑いました。 ... もっと読む

でんしゃは うたう (幼児絵本ふしぎなたねシリーズ)

662
3.94
三宮麻由子 2009年4月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

電車の音がおもしろいようで読むととても喜んでくれました。街の描写もとてもリアルで電車以外にも鳥や猫、車などを街にあるものを指差しており、読んであげられてよ... もっと読む

鳥が教えてくれた空 (集英社文庫)

220
3.84
三宮麻由子 2004年8月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なんてみずみずしい感性。そしてものすごいバイタリティ。朝の電車で読むことにしたのですが、鬱々とした気持ちのときでも、今日も頑張ろうとフレッシュになれる清涼... もっと読む

かぜ フーホッホ (幼児絵本ふしぎなたねシリーズ)

155
3.59
三宮麻由子 2013年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

フーホッホって何? といろんな風の音をなになに?と聞いてきました。 風が吹いてる様子がよくわかるお話です。 もっと読む

センス・オブ・何だあ? ― 感じて育つ ― (福音館の単行本)

96
3.85
三宮麻由子 2022年3月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

子どもが小さいころ何度も読んだ絵本「でんしゃはうたう」の作者三宮さんのエッセイ。何気なく手にとっていいなと思い、しかも名前が一緒で発行日が誕生日だったので... もっと読む

そっと耳を澄ませば (集英社文庫)

51
3.80
三宮麻由子 2007年3月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前作に引き続き、著者の多才さとバイタリティに脱帽。 パソコンを使って仕事する一方で、自然への感性を磨く。鳥の声を聞き分け、英語もできるし、ピアノも弾ける... もっと読む

世界でただ一つの読書 (集英社文庫)

49
3.50
三宮麻由子 2018年6月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読書エッセイ。 本の中で感じられる「音」がたくさん紹介されているが、筆者の言葉を通してさらに音が豊かに鳴っているような心地になった。 そして、「音」の世界... もっと読む

ルポエッセイ 感じて歩く

43
4.25
三宮麻由子 2012年6月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読売新聞2012819掲載 読売新聞2021418掲載 もっと読む

空が香る

39
3.20
三宮麻由子 2010年1月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

短歌や詩をもとに呼び起こされる記憶をシーンレスな作者の研ぎ澄まされた感覚で拾い上げ、彩り豊かに書き起こしたエッセイ。 ☆☆☆ 言葉豊かに書き上げら... もっと読む

音をたずねて

33
3.63
三宮麻由子 2008年1月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

すごく楽しかった! “sceneless”(三宮さんの造語。目が見えない方のこと)である三宮さんによる、音がテーマのお仕事インタビュー系メインなエッセイ... もっと読む

人生を幸福で満たす20の方法 (生活人新書)

23
4.33

感想・レビュー

三宮麻由子さんの本を初めて読みました。 感性が豊かで語彙も豊富で、読みやすさがあり丁寧な 文章です。 そのためでしょうか、すっと心を潤してくれるかの... もっと読む

家族ってなんだろう (子どもだって哲学)

18
3.00
アグネスチャン 2007年8月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アグネスチャンさんを読んで ・ボランティアを通して ”めぐまれていることに気づく、めぐまれていない人たちの力にならなければならない” ”自己中心的からの解... もっと読む

母の友 2017年11月号 特別企画「こどもに聞かせる一日一話」

17
3.67
梨木香歩 雑誌 2017年10月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

11月号は毎度おなじみの 「こどもに聴かせる一日一話」号です。 そして特別記事は 「ラジオが大好き」です。 わたしも昔はよく ラジオを聞いていたのです... もっと読む

鳥が教えてくれた空 (NHKライブラリー)

14
3.67

感想・レビュー

図書館で。 以前はよく土曜ワイド(ラジオ)にでてらしたよなあ…。という訳で米原さんの書評リストから借りてみました。 そうか、空間っていうのも自分の... もっと読む

福耳落語

12
2.80

感想・レビュー

「sceneless」(←全盲者の意味をもつ著者の造語)の著者。落語が好きで、落語のテープは聞きすぎてのびるほど。 小学生のころから聴きはじめ、気づいた... もっと読む

そっと耳を澄ませば (NHKライブラリー)

10
3.67

感想・レビュー

[ 内容 ] 風の息吹、水の鼓動、生命の躍動、そして人の温かさ…。 光を失った著者が、耳を澄ませて広げていった感性の世界。 そこには“音の目線”があ... もっと読む
全35アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×