三木笙子のおすすめランキング

プロフィール

1975年生まれ。秋田県出身。2008年、第2回ミステリーズ!新人賞最終候補作になった短編「点灯人」を改稿、連作化した短編集『人魚は空に還る』でデビュー。同作は明治の世を舞台にしたミステリーで、魅力的な登場人物と物語で人気を集め、「帝都探偵絵図」シリーズとしてシリーズ化を果たす。著書に同シリーズの『世界記憶コンクール』、『人形遣いの影盗み』がある。

三木笙子のおすすめランキングのアイテム一覧

三木笙子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『人魚は空に還る (創元推理文庫)』や『人魚は空に還る (ミステリ・フロンティア)』や『世界記憶コンクール (創元推理文庫)』など三木笙子の全47作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

人魚は空に還る (創元推理文庫)

490
3.66
三木笙子 2011年10月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

表紙を見て今流行のBL風味なのかもしれないなあ、と恐れながら購入したがとんでもない。 とても心地よい物語がつまっていた。 気取るわけでもなく、しっ... もっと読む

人魚は空に還る (ミステリ・フロンティア)

390
3.51
三木笙子 2008年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

心優しい雑誌記者と美貌の人気絵師が出会うちょっと不思議な物語。 心がほっこりするミステリー。 もっと読む

世界記憶コンクール (創元推理文庫)

278
3.89
三木笙子 2012年5月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

明治東京を舞台に、しがない雑誌記者がホームズ役、その友人で超有名人でもある天才絵師がワトソン役(?)な日常系ミステリー。といっても全体的にちょっと重め、暗... もっと読む

世界記憶コンクール (ミステリ・フロンティア)

234
3.78
三木笙子 2009年12月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いつの間にか新刊が!勢い込んで一気読み。やっぱり好きだなぁ。 もっと読む

金木犀二十四区

231
3.30
三木笙子 2012年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

表紙でインパクト借り。 そりゃ、この表紙を見たら「借りねば!」と思わずにいられない(o^∀^) 木下秋、山伏の岳史、天文台職員の敦志の男3人組が ... もっと読む

クラーク巴里探偵録 (幻冬舎文庫)

231
3.28
三木笙子 2014年2月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

誰かが誰かを大切に思っていて。 そのために自分を投げ打って。 三木さんのお話は、読み終わったときには、やっぱり悪人がいないんですよね。ほぉ…って、静か... もっと読む

人形遣いの影盗み (ミステリ・フロンティア)

223
3.76
三木笙子 2011年2月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

〈帝都探偵絵図〉シリーズ3冊目。 『びいどろ池の月』 高広と礼の探偵ぶりを第三者目線で書いたらこんな風になるんだ。礼がまるで別人(笑) 礼の友人... もっと読む

決壊石奇譚 百年の記憶

215
3.39
三木笙子 2013年5月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

近頃、なんだか石づいてます。 呪いのかかった殺生石、火星からの隕石、ときて、今回は「決壊石」。 人が強い想いを抱いて石に触ると、その想いが石に流れ... もっと読む

竜の雨降る探偵社

179
3.49
三木笙子 2013年2月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日常系ミステリ短編4作品。 干拓される湖の神主だった櫂が探偵事務所を東京で開く。 短編そのものはもっと驚きが欲しい。オチにはちょっとビックリしたけど、亜愛... もっと読む

人形遣いの影盗み (創元推理文庫)

175
3.96
三木笙子 2013年9月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

割と短くてさっくり読める短篇が多め。 でも少しあっさりしてるような気がして少し残念。 とは言え、やはり高広と礼のコンビは読んでいて面白いです。 もっと読む

帝都探偵絵図~人魚は空に還る~ (B's-LOG COMICS)

133
3.26
秋月壱葉 マンガ 2014年3月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

原作ファンなので、漫画化はちょっとドキドキでしたが、丁寧に原作をなぞってくれてて満足です。 ただ、原作小説の表紙絵やら本文中にあるとおり、もうちょっと高... もっと読む

水の都 黄金の国

119
3.25
三木笙子 2016年7月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ミステリというには軽いけど、すっと読めて、面白い。事件の謎を解くというよりも、登場人物たちの心をそっと覗いていくお話たち。 もっと読む

怪盗の伴走者 (ミステリ・フロンティア)

113
3.68
三木笙子 2015年4月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

怪盗ロータスと検事安西のお話。 絵師も記者もちょいと影の薄い一冊。 もっと読む

月世界紳士録 (集英社オレンジ文庫)

108
3.20
三木笙子 2017年6月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

三木笙子さんの新男性ペア。この2人は今までの三木作品の中の男子ペアとはまた違う距離感でした。何だか最後まで縮まらない、よそよそしいような仕事上の付き合いだ... もっと読む

竜の雨降る探偵社 (PHP文芸文庫)

103
3.59
三木笙子 2016年3月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

昭和後期、新宿の片隅で小さな探偵社を営む元神主の櫂と、彼の幼なじみ慎吾。日常の謎系。 慎吾は建設会社を経営しており、櫂が守っていた湖を潰して開発を行った。... もっと読む

百年の記憶 哀しみを刻む石 (講談社文庫)

95
3.33
三木笙子 2015年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

石が持つ記憶を受け継ぐ人たちの話。 小学生の頃に『石文』と言うものを知り、何て純粋な世界なんだろうと石が大好きになった私。 文字のない時代、大... もっと読む

露西亜の時間旅行者 クラーク巴里探偵録2 (幻冬舎文庫)

70
3.67
三木笙子 2017年1月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読み流すのも程度がある 中身覚えてない・・・ もっと読む

怪盗の伴走者 (創元推理文庫)

55
4.50
三木笙子 2017年9月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今回は事前予約をしていなかったので、手に入るかドキドキしながら発売翌日にいつもの本屋さんへ。 まさかのサイン本が並んでいてラッキー。 シリーズ... もっと読む

人魚は空に還る 帝都探偵絵図 (創元推理文庫)

18
3.67
三木笙子 電子書籍 2011年10月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

明治時代の東京を舞台にしたゆるめのミステリー。 美貌の天才絵師 礼×弱小雑誌社の記者 高広。 この組み合わせ、普通ならホームズ=礼、ワトスン=高広となり... もっと読む

クラーク巴里探偵録 (幻冬舎文庫)

9
4.00
三木笙子 電子書籍 2014年5月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

素敵な外国での昔ミステリ ロシア戦争に沸き立つ日本を外に飛び出し 興行一本で世界をわたりあるくユカイな仲間 ステキな二人には秘密があり、大親友とも 言える... もっと読む
全47アイテム中 1 - 20件を表示

三木笙子に関連する談話室の質問

ツイートする