三枝昂之のおすすめランキング

プロフィール

歌人、山梨県立文学館館長、歌誌『りとむ』発行人、宮中歌会始選者。
1944年山梨県生まれ。窪田空穂門下の歌人・三枝清浩の四男として生まれ、早稲田大学入学後「早稲田短歌会」で活動。1968年早稲田大学政治経済学部卒業。
歌集に『水の覇権』、(現代歌人協会賞)、『農鳥』(若山牧水賞)、『世界をのぞむ家』、『上限下弦』など。歌論書に『うたの水脈』、『前川佐美雄』、『啄木――ふるさとの歌遠みかも』(現代短歌大賞)など。2005年の『昭和短歌の精神史』で芸術選奨文部科学大臣賞など多くの賞を受賞。2011年紫綬褒章。

「2013年 『響き合ううたと人形』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三枝昂之のおすすめランキングのアイテム一覧

三枝昂之のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『昭和短歌の精神史 (角川ソフィア文庫)』や『岩波 現代短歌辞典 普通版』や『NHK短歌 作歌へのいざない』など三枝昂之の全39作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

昭和短歌の精神史 (角川ソフィア文庫)

26
4.17
三枝昂之 2012年3月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読んでいて眩暈を感じるほどの名著。 歌論の中でも白眉中の白眉だと思う。 昭和の短歌を、思想、特に戦争とかかわりから精密に論じている。短歌が果たした戦争... もっと読む

NHK短歌 作歌へのいざない

13
3.33

感想・レビュー

語りかけるように丁寧に分かり易く作歌の留意点をといています。 「短歌は人間の体温にもっとも近い詩型。私はそう考えています。」(P1) もっと読む
全39アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×