三浦しをんのおすすめランキング

プロフィール

1976年東京生まれ。2000年『格闘する者に○』で、デビュー。06年『まほろ駅前多田便利軒』で「直木賞」、12年『舟を編む』で「本屋大賞」、15年『あの家に暮らす四人の女』で「織田作之助賞」、18年『ののはな通信』で「島清恋愛文学賞」19年に「河合隼雄物語賞」、同年『愛なき世界』で「日本植物学会賞特別賞」を受賞する。その他小説に、『風が強く吹いている』『光』『神去なあなあ日常』『きみはポラリス』、エッセイ集に『乙女なげやり』『のっけから失礼します』『好きになってしまいました。』等がある。

三浦しをんのおすすめランキングのアイテム一覧

三浦しをんのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『舟を編む』や『舟を編む (光文社文庫 み 24-2)』や『きみはポラリス (新潮文庫)』など三浦しをんの全458作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

舟を編む

29896
4.17
三浦しをん 2011年9月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「辞書は言葉の海を渡る舟だ」 「海を渡すにふさわしい舟を編む」 辞書を編纂する仕事に情熱を傾ける人々を描いた作品。爽やかであり、胸が熱くなる人間ドラマが... もっと読む

舟を編む (光文社文庫 み 24-2)

24524
4.21
三浦しをん 2015年3月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初三浦しをん作品。 辞書づくりに翻弄する登場人物の真っ直ぐな情熱と愛情が伝わってくる作品。 兎角、物語のテーマが善き。 本を読むことがもっと好きになれ... もっと読む

きみはポラリス (新潮文庫)

22372
3.33
三浦しをん 2011年2月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『いつも不思議に思うことがある。どうして恋に落ちたとき、ひとはそれを恋だとちゃんと把握できるのだろう』 『「恋愛をテーマにした短編」の依頼が多い』とい... もっと読む

まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫 み 36-1)

21319
3.80
三浦しをん 2009年1月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「あんたはきっと来年忙しくなる」 「旅をしたり、泣いたり笑ったりさ」 「とてもとても遠い場所。自分の心の中ぐらい遠い」 まほろ駅前の便利屋の多田が依頼を受... もっと読む

風が強く吹いている (新潮文庫)

20304
4.56
三浦しをん 2009年6月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「走るの好きか?」突然出会った清瀬灰二に問われた蔵原走は、誘われるまま寛政大学陸上競技部の寮・竹青荘に連れられ住むことになる。長距離経験者が極端に少ない寮... もっと読む

神去なあなあ日常 (徳間文庫)

11435
3.87
三浦しをん 2012年9月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自分が知らない仕事を知れるのは楽しい!! 自分も仕事で長距離移動して山をなんとなく見て「良い景色だ」「動物いないかな?」くらいでいたけど そうだよね…彼... もっと読む

月魚 (角川文庫)

9607
3.73
三浦しをん 2004年5月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本編と付録2編が入った内容。 古本屋の「無窮堂」の店主、真志喜とその友人の瀬名垣、及び友人夫婦の物語。本編でも付録でもBLの雰囲気が濃厚に出ていてギリギリ... もっと読む

愛なき世界 (単行本)

7689
3.68
三浦しをん 2018年9月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文庫本と違い裏表紙に説明が無いので、内容を知らずに借りてしまい、読み終えるのに時間が掛かってしまった。文庫本だと上下巻の量。 最初は小さな定食屋に住み込み... もっと読む

まほろ駅前番外地 (文春文庫 み 36-2)

7535
3.84
三浦しをん 2012年10月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『まほろ市は、東京都南西部最大の町。まほろ駅前で便利屋を営む多田のもとに、高校時代の同級生・行天が転がりこんできた』と、始まるこの作品は、「まほろ駅前多田... もっと読む

まほろ駅前多田便利軒

6340
3.68
三浦しをん 2006年3月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今年最後の一冊になりました。 ドラマや漫画になっているのは知ってましたけど いや中々良い話じゃないですか。 ちょっと「傷だらけの天使」を思い出しました... もっと読む

風が強く吹いている

6241
4.42
三浦しをん 2006年9月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

/_/ 感想 _/_/_/_/_/_/   たぶん、この本を読んでいて、レース中でもなく、そこに向かっていく、やりとりの時点で、ジワリジ... もっと読む

木暮荘物語 (祥伝社文庫 み 17-1)

6157
3.60
三浦しをん 2014年10月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

木暮荘に住む人達の 「性」「癖」などを複雑に繋げた話 個人的に、男なので性に全く興味が無いわけではないが… あまり全編的に性がテーマなのが 好きではないの... もっと読む

神去なあなあ日常

5769
3.87
三浦しをん 2009年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

高校卒業後の進路が全く決まっていなかった主人公の勇気。担任の先生と母親が勝手に決めてきた就職先に無理矢理送り込まれる。それが神去村。仕事は林業。 何事にも... もっと読む

仏果を得ず (双葉文庫)

5382
3.95
三浦しをん 2011年7月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

祝・文庫化☆ 健こと健太夫(たけるたゆう)は文楽の研究所を出て、義太夫を語るプロの技芸員として修行中。 師匠の銀太夫に、三味線の兎一郎と組むように... もっと読む

天国旅行 (新潮文庫)

5309
3.50
三浦しをん 2013年7月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いやあ、これは読み応えがありました! レビューの冒頭に個人的な感情は敢えて書かないようにしているのですが、まず書きたくなってしまった感情の揺れ具合のこの... もっと読む

光 (集英社文庫)

5291
3.33
三浦しをん 2013年10月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小さな離島で生まれ育った信之は、同級生の美花と付き合い、幼馴染の輔は信之を慕う。ある日島を大津波が襲い、3人と数人の大人だけが生き残る。救出最終日に美花... もっと読む

まほろ駅前番外地

4959
3.76
三浦しをん 2009年10月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

まほろシリーズ第二弾 前作で出てきた依頼主達とのひと騒動。 なるほど番外編で番外地か〜_φ(・_・ 娼婦ルルとハイシー、ヤクザの星くん、曽根田の婆ちゃ... もっと読む

あの家に暮らす四人の女 (中公文庫 み 51-1)

4925
3.45
三浦しをん 2018年6月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

“こんなにも人を選ぶエッセイはないというくらいに読む人を選ぶのが三浦さんのエッセイ。そのかわりハマる人には抜け出せない沼のような存在。それが三浦さんのエッ... もっと読む

格闘する者に○ (新潮文庫)

4825
3.58
三浦しをん 2005年3月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『もう就職活動やめようかなあ』 『私も。なんだかいかに自分が会社勤めに向かないか、わかってきたもん』 マイナビ社の直近の統計値によると、就活における大卒... もっと読む

神去なあなあ夜話

4639
3.87
三浦しをん 2012年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前作『神去なあなあ日常』同様、主人公・勇気が神去村の自然を愛しているのがしっかりと伝わってきました。四季の美しさの表現がまたまた秀逸です。 今作は『夜話』... もっと読む
全458アイテム中 1 - 20件を表示

三浦しをんのおすすめ記事

三浦しをんに関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×