三浦しをんのおすすめランキング

プロフィール

三浦しをん

一九七六年東京生まれ。二〇〇〇年『格闘する者に○』でデビュー。〇六年『まほろ駅前多田便利軒』で直木賞、一二年『舟を編む』で本屋大賞、一五年『あの家に暮らす四人の女』で織田作之助賞、一九年『ののはな通信』で島清恋愛文学賞及び河合隼雄物語賞、『愛なき世界』で日本植物学会賞特別賞を受賞。その他の著書に『風が強く吹いている』『光』『神去なあなあ日常』『木暮荘物語』『政と源』など。『ビロウな話で恐縮です日記』『本屋さんで待ちあわせ』『ぐるぐる 博物館』などエッセイ集も多数。

「2021年 『愛なき世界(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三浦しをんのおすすめランキングのアイテム一覧

三浦しをんのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『舟を編む』や『まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)』や『きみはポラリス (新潮文庫)』など三浦しをんの全356作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

舟を編む

27514
4.17
三浦しをん 2011年9月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あ〜いい本だった。 「神様のカルテ」に引き続き、映画を観てしまったのでなんとなく原作を読む気になれなかった本。 やっぱり本は、登場人物の心の声を聞けるのが... もっと読む

まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)

18455
3.80
三浦しをん 2009年1月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

高等学校のクラスの人数って40名くらいでしょうか。毎日朝から夕方まで、一年という長い時間を一緒に暮らす、たまたま一緒になった人たち。さらにたまたま隣の席に... もっと読む

きみはポラリス (新潮文庫)

17447
3.33
三浦しをん 2011年2月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『いつも不思議に思うことがある。どうして恋に落ちたとき、ひとはそれを恋だとちゃんと把握できるのだろう』 『「恋愛をテーマにした短編」の依頼が多い』とい... もっと読む

風が強く吹いている (新潮文庫)

15538
4.55
三浦しをん 2009年6月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自分がハマりそうな小説って 読んでる途中で 一瞬にして解るって感覚ないですか? 『あっ、俺今、 スゴいの読んでる…』 って。 もっ... もっと読む

舟を編む (光文社文庫)

15052
4.20
三浦しをん 2015年3月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初三浦しをん作品。 辞書づくりに翻弄する登場人物の真っ直ぐな情熱と愛情が伝わってくる作品。 兎角、物語のテーマが善き。 本を読むことがもっと好きになれ... もっと読む

神去なあなあ日常 (徳間文庫)

9146
3.85
三浦しをん 2012年9月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

延期されたオリンピック、その夢の舞台を開く場所。2019年12月21日、竣工したばかりの新国立競技場では、嵐やドリカムも熱唱した3時間にもわたるオープニン... もっと読む

月魚 (角川文庫)

8139
3.73
三浦しをん 2004年5月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『「へえ、泊まっていっていいんだ」、茶化すような瀬名垣の言葉に、細い真志喜の首筋がうっすらと桜色に染まった。』『瀬名垣は離そうとする真志喜の手を許さなか... もっと読む

まほろ駅前番外地 (文春文庫)

6179
3.83
三浦しをん 2012年10月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『まほろ市は、東京都南西部最大の町。まほろ駅前で便利屋を営む多田のもとに、高校時代の同級生・行天が転がりこんできた』と、始まるこの作品は、「まほろ駅前多田... もっと読む

まほろ駅前多田便利軒

6066
3.68
三浦しをん 2006年3月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

便利屋を営む多田の元に、高校の同級生・行天が転がり込んできて・・。 仕事を通じて、困難に直面しつつも再生し自分を取り戻す作業を続ける2人。 持ち込まれ... もっと読む

風が強く吹いている

5910
4.41
三浦しをん 2006年9月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

心は、一緒に駆け抜けた! 大手町から芦ノ湖へ。そして、芦ノ湖からみんなの待つ大手町へ。 すごいなぁ!どうがんばっても体育の通信簿は3で 校内マラ... もっと読む

神去なあなあ日常

5482
3.87
三浦しをん 2009年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

高校卒業後の進路が全く決まっていなかった主人公の勇気。担任の先生と母親が勝手に決めてきた就職先に無理矢理送り込まれる。それが神去村。仕事は林業。 何事にも... もっと読む

愛なき世界 (単行本)

5478
3.68
三浦しをん 2018年9月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

皆さんのレビューにもいくつか見られるが、『舟を編む』のような、独特の世界観。 洋食屋の住み込み料理人・藤丸が恋したのは、シロイヌナズナの研究に打ち込... もっと読む

まほろ駅前番外地

4805
3.76
三浦しをん 2009年10月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前作『まほろ駅前多田便利軒』は読んでいたのだけれど、 ドラマ化されるのはこちらの『番外地』のほうなのだと聞いて あわてて手に取った、またしても計画性の... もっと読む

木暮荘物語 (祥伝社文庫)

4798
3.61
三浦しをん 2014年10月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

家族団欒の楽しいひととき。親子揃ってテレビを見ているそんな時に、画面に突然展開する『ベッドシーン』。自分だけなら「おっ」と乗り出してしまう人もいるかもしれ... もっと読む

仏果を得ず (双葉文庫)

4606
3.94
三浦しをん 2011年7月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

祝・文庫化☆ 健こと健太夫(たけるたゆう)は文楽の研究所を出て、義太夫を語るプロの技芸員として修行中。 師匠の銀太夫に、三味線の兎一郎と組むように... もっと読む

神去なあなあ夜話

4361
3.87
三浦しをん 2012年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前作『神去なあなあ日常』同様、主人公・勇気が神去村の自然を愛しているのがしっかりと伝わってきました。四季の美しさの表現がまたまた秀逸です。 今作は『夜話』... もっと読む

格闘する者に○ (新潮文庫)

4345
3.59
三浦しをん 2005年3月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『もう就職活動やめようかなあ』 『私も。なんだかいかに自分が会社勤めに向かないか、わかってきたもん』 マイナビ社の直近の統計値によると、就活における大卒... もっと読む

天国旅行 (新潮文庫)

4240
3.50
三浦しをん 2013年7月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いやあ、これは読み応えがありました! レビューの冒頭に個人的な感情は敢えて書かないようにしているのですが、まず書きたくなってしまった感情の揺れ具合のこの... もっと読む

光 (集英社文庫)

4135
3.33
三浦しをん 2013年10月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

田舎町にある閉塞感 その閉塞感の中で渦巻く、暴力性 田舎町を離れても、工場が連なる街並みと劣等感は、暴力と親和する。 先日、amazarashi... もっと読む

木暮荘物語

4061
3.58
三浦しをん 2010年10月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アパートで恋人と過ごす幸せな時間。とそこに突然の来訪者が…なんと3年前に同棲していた元彼氏。突然放浪の旅に出て失踪したにも関わらず、まだ恋人のつもりである... もっと読む
全356アイテム中 1 - 20件を表示

三浦しをんのおすすめ記事

三浦しをんに関連する談話室の質問

ツイートする
×