三浦哲郎のおすすめランキング

プロフィール

三浦哲郎

一九三一(昭和六)年、青森県八戸市生まれ。早稲田大学文学部仏文科を卒業。在学中より井伏鱒二に師事した。五五年「十五歳の周囲」で新潮同人雑誌賞、六一年「忍ぶ川」で芥川賞、七六年『拳銃と十五の短篇』で野間文芸賞、八三年『少年讃歌』で日本文学大賞、八五年『白夜を旅する人々』で大佛次郎賞、九一年『みちづれ』で伊藤整文学賞を受賞。短篇小説の名手として知られ、優れた短篇作品に贈られる川端康成文学賞を、九〇年に「じねんじょ」、九五年に「みのむし」で二度にわたり受賞。他の著作に『ユタとふしぎな仲間たち』『おろおろ草紙』『三浦哲郎自選全集』(全十三巻)などがある。二〇一〇(平成二十二)年死去。

「2020年 『盆土産と十七の短篇』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三浦哲郎のおすすめランキングのアイテム一覧

三浦哲郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『アンソロジー おやつ』や『忍ぶ川 (新潮文庫)』や『ユタとふしぎな仲間たち (新潮文庫)』など三浦哲郎の全307作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

アンソロジー おやつ

729
3.42
阿川佐和子 2014年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おやつの記憶って幸せ感を伴っているものが多い、ような気がする。 このおやつについてのアンソロジーも文章の向こうに嬉しい顔が見えそうなものが多く、読んでい... もっと読む

忍ぶ川 (新潮文庫)

518
3.70
三浦哲郎 1965年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「白夜を旅する人々」に感動したので、続編があるなら読んでみたい。マイノリティの生き方について考えたい。 もっと読む

ユタとふしぎな仲間たち (新潮文庫)

410
3.70
三浦哲郎 1984年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

勇太(ユタ)は父を事故で亡くし、母と二人東北の山間の村に越してきました。 彼は東京もんとしてなかなか受け入れて貰えず、寂しい日々を送っていました。 そ... もっと読む

つやつや、ごはん (おいしい文藝)

360
3.13
出久根達郎 2014年9月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人は同情する事が大好きだから 嘘を言って騙せば 簡単に<むすび>がもらえる。 嘘の話に うんうんと頷き 「さぞや大変だったろう。」 「これ... もっと読む

教科書に載った小説

340
3.62
三浦哲郎 2008年4月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

佐藤雅彦さんの編集された、文字通り「教科書に載っていた小説」が12篇載っている本。 佐藤さんの名は「ピタゴラスイッチ」以来ファンとなって様々な著書を読ん... もっと読む

まるまる、フルーツ (おいしい文藝)

206
3.24
青木玉 2016年8月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おいしい文藝シリーズの一冊。 作家42人のエッセイと果物ライフ。苺 桃 葡萄柿 蜜柑 林檎。はじめての作家さんや、いくつかのお気に入りの一編に出会える。 ... もっと読む

白夜を旅する人々 (新潮文庫)

190
4.26
三浦哲郎 1989年4月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

三浦哲郎さんご自身の家族の歴史がモチーフになっています。確か姉二人が自殺、兄二人が失踪だとか。 新潮文庫の「忍ぶ川」という短編集でご自身の身内の死を「恥... もっと読む

みちづれ―短篇集モザイク〈1〉 (新潮文庫)

115
3.83

感想・レビュー

昭和の香りのする短編集。 一つ一つ、短いながらも登場人物たちの人生の一端が精緻に描かれることで、それ以前、それ以降に思いを馳せることができる。 昼... もっと読む

木馬の騎手 (新潮文庫)

78
3.77

感想・レビュー

もともと短編が好きなこともあるが、つくづく『上手いなぁ』と感嘆の声が洩れてしまう。 子どもを主人公とした短編ばかりが集められているのだが、三浦さんはこと... もっと読む

ユタとふしぎな仲間たち (講談社青い鳥文庫)

75
3.95
三浦哲郎 2006年12月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

聞いた事があった。 読んだ事は、なかった。 きっかけがないと、なかなか読む事ができない。 読む時間も、作らないと、読了できない。 ☆ かなしい物... もっと読む

ふなうた―短篇集モザイク〈2〉 (新潮文庫)

74
3.93

感想・レビュー

18編の短編集。 小谷野さんの本による疲労から(笑)救い出してくれた本だ。 同じ著者の「みちづれ」のレビューにも書いたが、中学生向けの朗読作品を探して... もっと読む

完本 短篇集モザイク

68
4.27
三浦哲郎 2010年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小学館の書評バトルに審査員として出席していた鈴木るりかさんが「昭和文芸で一冊挙げるとしたら三浦哲郎の「みのむし」です。一文の無駄もありません」と紹介してく... もっと読む

わくらば―短篇集モザイク〈3〉 (新潮文庫)

64
3.69
三浦哲郎 2003年8月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

静かに感動する。文学作品を読んだ感じが読み終わったあとのここちよい感動から来るのか。 たんたんと過ごす日常の中に潜む少し皮肉で怖い出来事。怖いもの見たさに... もっと読む

拳銃と十五の短篇 (講談社文芸文庫)

63
3.90
三浦哲郎 1989年2月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なぜ三浦哲郎が短編の名手なのか?というよりも何故、三浦哲郎の作品はたったあれだけの描写でその世界を読者に伝えることができるのか?これで話が成り立ち、さらに... もっと読む

盆土産と十七の短篇 (中公文庫)

56
4.55
三浦哲郎 2020年6月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この著者の作品は多く読んで来たつもりでも、初読のものが結構あった。 今回通読して感じたのは食べ物にまつわる表現が見事だということ。海老フライやお汁粉を食... もっと読む

おふくろの夜回り (文春文庫)

39
3.91
三浦哲郎 2013年2月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

丁寧に、丁寧に、短い文章、他愛もない日常のことが綴られていて、おそらく自分の身の周りでも起こっているであろうに、こうして読まないと気がつかない。 幼い頃... もっと読む

コレクション 戦争×文学 15 戦時下の青春

38
4.00
中井英夫ほか 2012年3月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

https://act-02.kobe-kiu.ac.jp/opac/volume/371236 もっと読む

肉体について

35
3.92
三浦哲郎 2011年5月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

4 もっと読む

百日紅の咲かない夏 (新潮文庫)

31
3.53

感想・レビュー

十年ぶりの再会をした姉弟。会うたびにお互いへの愛の深さに慄く。しかし、そんな二人に危険な人間関係が絡みつく。 清くて、切なくて、終始重苦しい雰囲気だけれど... もっと読む

野 (講談社文芸文庫)

30
4.18
三浦哲郎 1990年4月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

野山で生きる人々の生老病死を瑞々しい風景描写と、細やかな心理描写で写し取った短編集。 著者が自分の著作の中で最も好きな作品というだけあって、どの作品も伸... もっと読む
全307アイテム中 1 - 20件を表示

三浦哲郎に関連する談話室の質問

ツイートする
×