三浦朱門のおすすめランキング

プロフィール

三浦 朱門(みうらしゅもん)
1936年東京生まれ。教職に就くとともに作家活動に入る。1985年4月から翌年8月まで
文化庁長官を務める。99年には産経正論大賞を受賞。同年、文化功労者となり、日本文藝家協会理事長、日本芸術院院長を歴任する。著者に「箱庭」(講談社文芸文庫)、「夫婦口論」(曽野綾子共著・扶桑社)、「不老の精神―魂は衰えない」(青萌堂)、「朱に交われば・・・私の青春交遊録」(マガジンハウス)、「日本の活路―気鋭対論」(渡辺利夫共著・海竜社)など多数。2017年2月没。

「2020年 『新装版 老年の品格』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三浦朱門のおすすめランキングのアイテム一覧

三浦朱門のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『第四次元の小説 (地球人ライブラリー 6)』や『コレクション 戦争×文学 8 アジア太平洋戦争』や『私は幽霊を見た 現代怪談実話傑作選 (文庫ダ・ヴィンチ)』など三浦朱門の全310作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

第四次元の小説 (地球人ライブラリー 6)

113
3.59

感想・レビュー

SF。数学。短編集。 知っている作家はハインラインだけ。 数学的なコラムもあり、なかなか興味深い。 どの作品も、不思議な雰囲気が漂う。 小説として... もっと読む

私は幽霊を見た 現代怪談実話傑作選 (文庫ダ・ヴィンチ)

81
3.93
平山蘆江 2012年8月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

難しい!でも怖い。 今の幽霊と昔の幽霊は何かが違う・・自己主張の違いなのかな? 最後の生き人形にゾッとした 無気味で怖い思いをしているのにそれでも食いつ... もっと読む

第三の新人名作選 (講談社文芸文庫 こJ 24)

75
4.00
安岡章太郎 2011年8月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 吉行淳之介の「驟雨」とかの文章は全然頭に入ってこなくて、読み終わっても何が書いてあったかまったくわからない。昔、そういう失敗をしたので、二度目なので、ゆ... もっと読む

生涯現役の知的生活術

51
3.50
小野田寛郎 2012年10月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

千玄室で検索していて本書にヒットした。 でもそこでは筆頭の執筆者は小野田寛郎だった。 題名からいけば渡部昇一かな。 千玄室は本書では89歳と書かれている... もっと読む

我が名はアラム (福武文庫 さ 201)

49
3.13

感想・レビュー

サローヤンの代表作と言えば『人間喜劇』とこの『我が名はアラム』の2作だろう。 どちらも男の子が主人公であるが、本書はアルメニヤ移民であるサローヤンの自伝... もっと読む

老年の品格 (新潮文庫)

40
2.20
三浦朱門 2013年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

三浦綾子の夫であり、文化庁長官、日本藝術院院長を歴任し、写真を見れば頑固そう。そのような人が、人間関係に笑いとユーモアが必要と説く。多少皮相な笑いも交える... もっと読む

うつを文学的に解きほぐす: 鬱は知性の影

37
2.63
三浦朱門 2008年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

三浦朱門 著「うつを文学的に解きほぐす ー鬱は知性の影ー 」2008.6発行です。鬱云々を著者特有のユーモアを織り交ぜて説く面白さもありますが、むしろ鬱に... もっと読む

老年の品格

35
3.38
三浦朱門 2010年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 政治家は概して「自分が」「自分が」で、教養、品格が感じられません。もっとも謙虚ではできない業種だとは思います。森喜朗氏はまさに教養も品格もない人間(老人... もっと読む

まず微笑 (PHP文庫 ミ 4-1)

33
4.00
三浦朱門 1988年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

単身赴任の中、自宅の断捨離の対象になった。 全く内容は覚えていなし、いいかと思ったが、少しページをくると 「苦しみについて1,2」という題が目に入っ... もっと読む

夫婦口論

32
3.70
三浦朱門 2009年11月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なんかお二人どちらの発言にも共感できず、最後まで読めなかった。 このような価値観がマジョリティなら、生きていくのが辛くなるような、漠然とした不安に包み込... もっと読む

武蔵野ものがたり (集英社新書)

28
3.75
三浦朱門 2000年5月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

武蔵境に育ち立川高校出身の筆者。多摩の土着の住民と都会人の違いに始まり多摩地区の歴史に迫る。 筆者には「武蔵野インディアン」という作品もあるらしい。多摩... もっと読む

希望の扉を開く (新潮文庫 ヨ 1-1)

26
3.90
ヨハネパウロ2世 2000年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

影響力という意味でもの凄く言葉を選ばなくてはいけない人。質問に答える答えない含めて。毅然とした中でいかに正しく寛容でありブレずに共存できるようなことをいう... もっと読む

夫婦のルール (講談社文庫 そ 1-27)

23
2.50
三浦朱門 2018年12月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

90歳と85歳の作家夫婦が明かす夫婦関係の極意とは? ベストセラー『夫の後始末』の原点。 もっと読む

老人よ、花と散れ: 思いのままに生きる

20
3.50
三浦朱門 1998年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

若者が変わる部分を担当するなら、老人は変わらざる部分の責めを負わねばなるまい。という印象深い言葉。 諸先輩方に潔く去ってもらいたい感で読み始めたが、いつし... もっと読む
全310アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×