三浦綾子のおすすめランキング

プロフィール

三浦 綾子(みうら あやこ)
1922年4月25日 - 1999年10月12日
北海道旭川市出身。終戦まで小学校教員を努めたが、国家と教育に対する懐疑から退職。1961年『主婦の友』募集の第1回「婦人の書いた実話」に『太陽は再び没せず』を投稿し入選。
1963年朝日新聞社による投稿した小説『氷点』が入選し、朝日新聞に同作を連載開始。1965年、同作で単行本デビュー。刊行直後にベストセラーとなり、映画化・ラジオドラマ化される代表作となる。ほか、映画化された『塩狩峠』が著名。様々な病苦と闘いながら、キリスト者として執筆を続けた。

三浦綾子のおすすめランキングのアイテム一覧

三浦綾子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『塩狩峠 (新潮文庫)』や『氷点 (上) (角川文庫 (5025))』や『氷点 (下) (角川文庫)』など三浦綾子の全699作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

塩狩峠 (新潮文庫)

6977
3.84
三浦綾子 1973年5月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

先日、北海道で暴風雪の中53歳の男性が亡くなられた。最愛の娘を守るよう10時間抱き続けて・・・父の必死の思いと引き換えに娘の命は救われた。 親が子を... もっと読む

氷点 (上) (角川文庫 (5025))

2710
3.82
三浦綾子 1982年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

辻口医師は恩師の娘と結婚し、可愛い子供2人に恵まれた。若く美しい妻、利発な長男 徹と愛くるしい長女ルリ子、医師としても人望厚く、彼の人生に翳りはなかった。... もっと読む

氷点 (下) (角川文庫)

2221
3.81
三浦綾子 1982年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

考えさせれる もっと読む

続 氷点 (上) (角川文庫 (5072))

1335
3.62
三浦綾子 1982年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

評価は5(++) 内容 【あなたは殺人犯の娘なのよ】という母の声を遠くに聞きながら睡眠薬を飲んだ陽子…。愛憎交錯するなかで、悩み、成長してゆく陽子... もっと読む

続氷点 (下) (角川文庫)

1240
3.63
三浦綾子 1982年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「氷点」上巻を読み終えて、いざ下巻へ…と思ったら。 陽子は実は佐石の子ではなかったことになってるし、陽子の母は三井恵子…だ、誰?? 話が飛びすぎでつい... もっと読む

氷点(上) (角川文庫)

1169
4.03
三浦綾子 2012年6月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

半歩遅れの読書術中島岳志 高校時代、心に沈殿した「原罪」 「保守」のあり方考える契機に 2018/6/2付日本経済新聞 朝刊  保守思想について研... もっと読む

氷点(下) (角川文庫)

962
4.18
三浦綾子 2012年6月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人間の「原罪」とは何かを主題にした不朽の名作であり、過去に何度も、映画やドラマ化しています。原罪とは人間が生まれながらにして持っている罪であり、人間が生き... もっと読む

ひつじが丘 (講談社文庫)

860
3.76
三浦綾子 1980年9月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

牧師の娘として生まれながら、人間くささを感じさせない完璧な両親に疑問を抱く奈緒実。和風美人であることを鼻にかけつつ、奈緒実の抜きん出た容姿に敵意を抱く、社... もっと読む

道ありき―青春編 (新潮文庫)

848
3.79
三浦綾子 1980年3月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ある意味スタンダードかもしれません。中学の時に教会を離れてしまった私に、教会へ戻るよう約10年後に背中を押してくれた1冊。三浦綾子さんの自伝です。友人が薦... もっと読む

細川ガラシャ夫人〈上巻〉 (新潮文庫)

783
3.89
三浦綾子 1986年3月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今年の大河ドラマを見ていて、 この方が気になったので読んでみました。 三浦綾子さんの作品は「氷点」とか「塩狩峠」なんかを 中学生くらいの時に読ん... もっと読む

母 (角川文庫)

695
3.92
三浦綾子 1996年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「蟹工船」を書いた小林多喜二が こんなにも素直で、底なしに優しく、バカがつくほどの真面目であったのかと そこに驚かずには居られなかった。 そしてこの... もっと読む

泥流地帯 (新潮文庫)

649
3.93
三浦綾子 1982年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

10年以上前、三浦綾子さんの小説に猛烈にはまった時期があった。で、この小説は今の日本にぴったりだったなあ、と思ったので再読。 善人は苦悩する。まさにこの... もっと読む

細川ガラシャ夫人〈下巻〉 (新潮文庫)

617
3.91
三浦綾子 1986年3月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

細川ガラシャの生き方が強くて美しい。なんでキリスト教を望んだのか。キリストの教えを信じることで必死に自分を保とうとしていたんだろうな。ガラシャが関ヶ原の戦... もっと読む

続氷点(上) (角川文庫)

507
3.96
三浦綾子 2012年7月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

正直、勢いは落ちた。陽子、相変わらずウザい。いつまでもウダウダ悩んでんな!そもそも、何に悩んでるのか既にぼんやり。犯人の子じゃないのに。お前と同じ境遇の子... もっと読む

続氷点(下) (角川文庫)

465
4.10
三浦綾子 2012年7月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2014.10.11 続氷点上巻から続く、辻石家と三井家の複雑な人間関係。そして陽子と順子、徹、北原の関係にもドキドキハラハラとしながら読み進めました。... もっと読む

続・泥流地帯 (新潮文庫)

424
3.90
三浦綾子 1982年8月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前作「泥流地帯」で、北海道の十勝岳が噴火。拓一と耕作兄弟は一瞬にして祖父母、姉、妹、そして田畑を失う。貧しくとも真実に生きてきた彼らに与えられた結果がこの... もっと読む

塩狩峠

398
4.18
三浦綾子 1968年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

漠然と知っていたがちゃんと読んだのは初めて。なるほど感動的なストーリー。かつ未だヤソ教と言われていた時代の話だからこその背景も判りました。キリスト教に傾注... もっと読む

この土の器をも―道ありき 第2部 (新潮文庫)

371
3.72
三浦綾子 1981年8月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

三浦綾子さんの自叙伝第二部「結婚編」 病の綾子さんを5年も待った光世さんとの甘い新婚生活、の話ではない。 夫婦という家族になって、綾子さんの信仰を... もっと読む

光あるうちに―道ありき第3部 信仰入門編 (新潮文庫)

351
3.65
三浦綾子 1982年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

三浦綾子さんによる信仰入門エッセイ。 すごくわかりやすい。 これが、一般の雑誌にエッセイとして載ってたなんてすごいなと思った。親しみやすく、わかりやす... もっと読む

銃口〈上〉 (小学館文庫)

322
3.83
三浦綾子 1997年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

久々に三浦綾子を読みたくなり、本書を手に取りました。 もっとも、白状すると、三浦綾子の作品で読んだことがあるのは「塩狩峠」だけ(拙宅の書棚には「泥流地帯... もっと読む
全699アイテム中 1 - 20件を表示

三浦綾子に関連する談話室の質問

ツイートする