上田公子のおすすめランキング

プロフィール

1930年、神戸市生まれ。熊本県立女子専門学校英文科卒業。英米文学翻訳家。訳書に、トゥロー『推定無罪』『立証責任』、ケンリック『マイ・フェア・レディーズ』他。2011年、死去。

「2016年 『贋作』 で使われていた紹介文から引用しています。」

上田公子のおすすめランキングのアイテム一覧

上田公子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『推定無罪 (上) (文春文庫)』や『新装版 推定無罪 (上) (文春文庫)』や『推定無罪 (下) (文春文庫)』など上田公子の全58作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

推定無罪 (上) (文春文庫)

315
3.39

感想・レビュー

これは掛け値なしの本物である。 上手く云えないが、登場人物全てに嘘が無い。要するに、作り物めいた感じがしないのだ。 特に現職検事補であった作者の最... もっと読む

新装版 推定無罪 (上) (文春文庫)

270
3.74

感想・レビュー

「被告人は有罪か、無罪か」が争われる裁判だが、「被告人が有実か、無実か」を知っているのは当の被告人だけである……、ということを考えると、人が人を裁くってす... もっと読む

推定無罪 (下) (文春文庫)

247
3.52

感想・レビュー

下巻は面白かった。裁判の進行は優秀な弁護士次第というのも納得する。 もっと読む

新装版 推定無罪 (下) (文春文庫)

214
3.88

感想・レビュー

素晴らしい法廷物 私の読書の原点の数冊のうちの一冊 もっと読む

スカイジャック (角川文庫)

111
3.75

感想・レビュー

ユーモア作家トニー・ケンリックの代表作。最初は訳の古さと地名の羅列にくじけそうになりましたが、読んでよかった!事件を調べているはずのベレッカーと秘書のアニ... もっと読む

将軍の娘〈上〉 (文春文庫)

91
3.62

感想・レビュー

デミルの作品がアメリカで受ける。 これはよく考えたらすごいことだと思う。 自身ヴェトナム戦争を経験し、その時の軍隊経験を基に軍隊を舞台にしたミステリを... もっと読む

立証責任〈上〉 (文春文庫)

87
3.26

感想・レビュー

重厚なミステリーです。 一人称小説では無いのですが、ほぼ主人公の視点から物語りは描かれます。その結果、色々なところでミスリードをさせられますが、不愉快... もっと読む

贋作 (河出文庫)

84
3.58

感想・レビュー

ミステリーというのか犯罪小説というのか。 悪事を働いて置きながら、自分本位な理屈で、解決方法として簡単に人を殺める。 露見しそうな時にでも、逆に、隠し... もっと読む

将軍の娘〈下〉 (文春文庫)

80
3.61

感想・レビュー

米軍基地内のなかなかのスキャンダルで破廉恥な展開で上巻は読むのがバカらしくなってしまうような内容だった。 が、下巻に入ってから展開が変わってくる。 ... もっと読む

立証責任〈下〉 (文春文庫)

69
3.29

感想・レビュー

(上巻より) 何せ、読み飛ばすので登場人物の名前など覚えていない。 だから今回のようなスピン・アウトでも、 それと作者が教えてくれないとわからな... もっと読む

リリアンと悪党ども (角川文庫)

61
3.81

感想・レビュー

楽しめた。けど、巧くまとまり過ぎているのか、予定調和的な感じ。 もっと読む

プラムアイランド 上 (文春文庫 テ 6-12)

57
3.73

感想・レビュー

一度旅してみたい場所のひとつ「ロングアイランド」が舞台。ワインには興味はないが、宝には興味が!もちろんフォックスウッドにも興味があり~! もっと読む

有罪答弁 上 (文春文庫)

56
3.25

感想・レビュー

さて、内容は前2作のサンディ・スターンという敏腕弁護士とは打って変わって巨大法律事務所でいつ解雇されてもおかしくない凋落した弁護士が主人公として顧客の金を... もっと読む

ゴールド・コースト〈上〉 (文春文庫)

53
3.69

感想・レビュー

大金持ちの上流階級というだけでムカつく主人公。 もっと読む

プラムアイランド 下 (文春文庫 テ 6-13)

52
3.86

感想・レビュー

(上巻の感想からの続き) このエマの造詣が素晴らしい。 歴史協会の会長がスレンダー美人でしかも恋多き女だったという設定は正に意表を突かれた。このエマの... もっと読む

有罪答弁 下 (文春文庫)

52
3.22

感想・レビュー

最後の結末は、予想通り。 ハードボイルドを気取った主人公は嫌い。結局、キャラクタの趣味なのかなぁ。 もっと読む

スペンサーヴィル〈上〉 (文春文庫)

40
3.17

感想・レビュー

世間一般では「デミルのハーレクインノベル」と評されている一種の恋愛物。退役軍人として故郷スペンサーヴィルに帰ったキースとかつての恋人アニーとの変わらぬ愛情... もっと読む

推定無罪(上) (文春文庫)

39
3.14
スコット・トゥロー 電子書籍 2012年9月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

主題に入る前の準備編のような感じで退屈 主人公サビッチとキャロリンとの過去の関係や キャロリン殺害の証拠調べの様子、それ以外の人間関係が描かれている もっと読む

スペンサーヴィル〈下〉 (文春文庫)

37
3.08

感想・レビュー

(上巻の感想からの続き) またバクスターの、妻に対する歪んだ愛情も、虚勢張りの小心者という設定までは納得できるものの、片や数々の修羅場を潜り抜けてき... もっと読む
全58アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×