上田早夕里のおすすめランキング

プロフィール

兵庫県生まれ。2003年『火星ダーク・バラード』で第4回小松左京賞を受賞し、デビュー。11年『華竜の宮』で第32回日本SF大賞を受賞。18年『破滅の王』で第159回直木賞の候補となる。SF以外のジャンルも執筆し、幅広い創作活動を行っている。『魚舟・獣舟』『リリエンタールの末裔』『深紅の碑文』『薫香のカナピウム』『夢みる葦笛』『ヘーゼルの密書』『播磨国妖綺譚』など著書多数。

「2022年 『リラと戦禍の風』 で使われていた紹介文から引用しています。」

上田早夕里のおすすめランキングのアイテム一覧

上田早夕里のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『魚舟・獣舟 (光文社文庫)』や『華竜の宮 (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)』や『華竜の宮(上) (ハヤカワ文庫JA)』など上田早夕里の全115作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

魚舟・獣舟 (光文社文庫)

947
3.77
上田早夕里 2009年1月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

上田早夕里も私の好きな作家だ。 ホラー、SFはたまた現代への警鐘を鳴らすディストピア小説。奢った人類の行き着く先を暗示しているような小説たちに、背筋を凍ら... もっと読む

華竜の宮 (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

947
4.18
上田早夕里 2010年10月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

長編力作の高品質のSF。読み応えありました。よくできたお話です。こういう思いをしたことは、随分となかったです。楽しかった。 もっと読む

華竜の宮(上) (ハヤカワ文庫JA)

819
4.01
上田早夕里 2012年11月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文庫版を手に入れて再読。 目先の面白さじゃなくて、じっくり読ませてくれる壮大な物語。すぐに引き込まれた。 地球の海面が上昇し、陸地が少なくなった未... もっと読む

ショートショートドロップス (角川文庫)

714
3.43
新井素子 2021年1月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

15人の作家によるショートショートのアンソロジー。内容も雰囲気も文章も、それぞれ違って楽しめる。 別の本に収録されていて読んだことがあるものもあったけれ... もっと読む

リリエンタールの末裔 (ハヤカワ文庫JA)

677
3.79
上田早夕里 2011年12月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

SF短編集。 表題作が読みたくて手に取ったけれど、他の作品もよかった。 「マグネフィオ」 失ったものは取り戻せなくても、その記憶だけは完全に再現... もっと読む

ラ・パティスリー (ハルキ文庫)

643
3.34
上田早夕里 2010年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

関西に出店している洋菓子店のお話。舞台化されたので存在を知り、いつか読もうと積読してあったもの。 最近続けてファンタジー的な本を読んでいたからか、最初の... もっと読む

華竜の宮(下) (ハヤカワ文庫JA)

641
4.09
上田早夕里 2012年11月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

上田早夕里さんの描く世界は、最後にあなたなら、どうする?どうしたい?どうするべき?と問われているような感覚に陥ります。だから、物語の中で読み手の私は決着が... もっと読む

ショコラティエの勲章 (ハルキ文庫)

478
3.42
上田早夕里 2011年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『ざらざらとした舌触りのくどいケーキの味』 登場するキャラクターがどの人もツンツンしていて、読んでいて疲れる作品だった。もちろん、人だから誰しも譲れ... もっと読む

菓子フェスの庭 (角川春樹事務所 ハルキ文庫)

463
3.24
上田早夕里 2011年12月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中堅パティシエの香織と百貨店のお菓子フェスの企画を担当する武藤の二人の物語。一流のケーキに込められたパティシエの思いがひしひしと伝わって来るいい話だった。... もっと読む

NOVA 5---書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫)

432
3.45
東浩紀 2011年8月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本SFの新作短編を収録したアンソロジー。 ●上田早夕里『ナイト・ブルーの記録』  海洋無人探査機の元オペレータは死を目前にして、ある体験を語... もっと読む

ショコラティエの勲章 (ミステリ・フロンティア)

410
3.32

感想・レビュー

あかりが勤める和菓子屋、福桜堂と その2軒先にあるショコラトリー、ショコラ・ド・ルイ。 和菓子と洋菓子が食べたい!! 同作家さんのラ・パティスリーの... もっと読む

破滅の王

406
3.46
上田早夕里 2017年11月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1943年太平洋戦争中の上海。細菌学科の研究員の宮本は、日本総領事館から呼び出され、領事代理と大使館附武官補佐官である灰塚少佐に重要機密文書の精査を依頼さ... もっと読む

火星ダーク・バラード (ハルキ文庫)

345
3.79
上田早夕里 2008年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

S.キング原作の『キャリー』という映画を思い出した。 くらべることは双方に失礼かもしれないけど、特殊能力を持った少女の「怒り」による爆発的暴力は、本当は... もっと読む

深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

318
4.10
上田早夕里 2013年12月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

海と陸それぞれの立場が描かれていて、特にザフィールの過去は悲しくなった。 若い世代まで自分たちが生まれる前の一件で互いを敵視し、対立は深まるばかり。その... もっと読む

SF JACK

307
3.21
新井素子 2013年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

そうそうたる作家が並んでいたので思わず借りてみました。全体的には○。個々には・・・神星伝とか不死の市とか最近?のゲームの世界感的な話にはちょっとついていけ... もっと読む

妖怪探偵・百目 1: 朱塗の街 (光文社文庫)

306
3.32
上田早夕里 2014年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

陰陽師に物怪好きなのでこれは読むしかない! とシリーズ物に手を出してしまいました。 鬼太郎にも出てくる百目がこんなに妖艶な美人さんとはびっくり設定です。 ... もっと読む

播磨国妖綺譚

277
3.82
上田早夕里 2021年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

薬草園に住む蘆屋道満の子孫の兄弟の法師陰陽師。兄は漢方薬学に詳しく、弟は怪異が目に見える。いろいろな怪異を二人は協力して解決していく。怪異自体はひどく恐ろ... もっと読む

夢みる葦笛

272
3.70
上田早夕里 2016年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

SF=好奇心×想像力×創造力 そんな式が頭をよぎった。上田さんの描く小説を読んでいると、思考はどこまでも羽ばたいていけると感じる。 一種の浮遊感すら覚... もっと読む

ブラック・アゲート

265
3.27
上田早夕里 2012年2月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『華竜の宮』で私の心を鷲づかみにした上田早夕里さんの新刊。 『華竜~』は壮大なスケールの物語でしたが、この作品は規模の大きな事象を扱いつつもも身近な問題... もっと読む

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

252
4.23
上田早夕里 2013年12月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「華竜の宮」の第八章からエピローグ直前までの、空白の40年余りを描いている作品。 青澄、ザフィール、ユイ。それぞれの信念があり、相容れないものがある。... もっと読む
全115アイテム中 1 - 20件を表示

上田早夕里のおすすめ記事

上田早夕里に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×