上野瞭のおすすめランキング

上野瞭のおすすめランキングのアイテム一覧

上野瞭のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ひげよ、さらば (理論社の大長編シリーズ)』や『ひげよ、さらば―猫たちのバラード〈上〉 (新潮文庫)』や『ひげよ、さらば―猫たちのバラード〈下〉 (新潮文庫)』など上野瞭の全65作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ひげよ、さらば (理論社の大長編シリーズ)

117
4.18
上野瞭 1982年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ほぼ30年ぶりに再読。むかし、学校の図書館で夢中になって読んだものだ。ナナツカマツカの猫たちが直面する支配・被支配の問題は、学校という檻の中で魂を殺されそ... もっと読む

ひげよ、さらば―猫たちのバラード〈上〉 (新潮文庫)

29
4.00
上野瞭 1987年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ネコが理屈っぽいのってなんかダメだった もっと読む

ひげよ、さらば―猫たちのバラード〈下〉 (新潮文庫)

24
4.00
上野瞭 1987年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なんか、怖かった。ハカセ(だっけ?)が犬に食われたり。主人公(名前忘れた)が最初に会った猫(これも名前忘れた)が最後発狂するし。発狂したというのが中学生の... もっと読む

アリスの穴の中で

20
2.88
上野瞭 1989年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「よくわからないラスト」という印象。 ラストはどうなるのかなーとちょっとわくわくして読んでたのにな。 もっと読む

現代の児童文学 (中公新書 289)

18
3.67
上野瞭 1972年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

各作品の思想史的な意義を適切に論証している。特に日本の戦後思想の部分は鋭い。まっとうな意味で児童文学批評の名に値する名著。子どもたちの不真面目な「替え歌」... もっと読む

ひげよ、さらば (1982年)

9
3.71
上野瞭 1982年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これはぜひ! もっと読む

日本宝島 (理論社の大長編シリーズ)

8
3.50
上野瞭 1976年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

やっぱり上野瞭ってすごい作家だったと、あらためて思う。 少年が、会ったことのない父親を捜しに、宝が眠っている謎の島に向かう。いかにも「子ども向け」の冒険... もっと読む

三軒目のドラキュラ

7
3.00
上野瞭 1993年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

雨降って地固まる・・・。 言ってみればまあそういうことだけど、この家族がみまわれた事柄ははっきり言って「えげつない」 家族をはじめ、人それぞれの悲しみがや... もっと読む

ただいま故障中―わたしの晩年学

5
4.00
上野瞭 1998年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

力の抜けた語り方で、ホッとします。 もっと読む

晴れ、ときどき苦もあり

4
3.50
上野瞭 1992年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2002年2月 読了。上野瞭先生は、その著作を通じて、わたしに児童文学を読み解く面白さを教えてくださいました。 もっと読む

目こぼし歌こぼし (1978年) (講談社文庫)

4
5.00
上野瞭 1978年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

久しぶりに、和製創作児童文学を読みました。 とても面白かったです。 侍の時代の、代官の敷いた治世のからくりの秘密に触れてしまった少年の冒険譚。 「国... もっと読む
全65アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする