上野誠のおすすめランキング

プロフィール

一九六〇年 福岡県に生まれる
一九八四年 國學院大學文学部文学科卒業
一九九〇年 國學院大學大学院文学研究科博士課程後期単位取得満期退学
現在    奈良大学教授
主な著書  『古代日本の文芸空間―万葉挽歌と葬送儀礼』(雄山閣出版)
『芸能伝承の民俗誌的研究―カタとココロを伝えるくふう―』(世界思想社)
『魂の古代学―問いつづける折口信夫』(新潮社)
『日本人にとって聖なるものとは何か―神と自然の古代学―』(中央公論新社)

「2017年 『論集上代文学 第三十八冊』 で使われていた紹介文から引用しています。」

上野誠のおすすめランキングのアイテム一覧

上野誠のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『さりげなく思いやりが伝わる大和言葉 常識として知っておきたい美しい日本語』や『日本人にとって聖なるものとは何か - 神と自然の古代学 (中公新書)』や『天平グレート・ジャーニー─遣唐使・平群広成の数奇な冒険』など上野誠の全82作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

さりげなく思いやりが伝わる大和言葉 常識として知っておきたい美しい日本語

120
3.60
上野誠 2015年6月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本語ってやわらかい。スマートにつかいこなせたら美しいと思う。 もっと読む

日本人にとって聖なるものとは何か - 神と自然の古代学 (中公新書)

111
3.45
上野誠 2015年1月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

同じ著者の「万葉集から古代を読みとく」が面白かったので、読んでみた。 万葉集や古事記、日本書紀といった本を通して見えてくる「聖なるもの」。具体的には... もっと読む

天平グレート・ジャーニー─遣唐使・平群広成の数奇な冒険

96
3.56
上野誠 2012年9月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小説だけど、その時代の学者が書いているせいか、ドキュメンタリーのようで、予想以上に面白かった。特に半ばから最後までが波乱万丈、まさに冒険、グレートジャーニ... もっと読む

おもしろ古典教室 (ちくまプリマー新書)

68
3.38
上野誠 2006年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最近読んだ古典入門書は平安時代が中心で、上代の話や歌舞伎の話なんかはなかったのでそういった意味で新鮮な内容でした。 説話集や徒然草からの引用も他の本を読ん... もっと読む

小さな恋の万葉集

50
3.60
上野誠 2005年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

万葉集に載っている恋の歌がいくつかピックアップされて載っている本。 歌の情景に合わせて写真も載っていて素敵です。 大伴家持の歌が圧倒的に多いけど、やっぱり... もっと読む

はじめて楽しむ万葉集 (角川ソフィア文庫)

46
3.63
上野誠 2012年9月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

万葉集なんて真面目に読んだのは(読まされたのは)高校の授業の頃であったか。 「万葉集に集められた歌は、当時の人の生活様式、文化的背景、ものの考えを知... もっと読む

万葉びとの宴 (講談社現代新書)

42
3.22
上野誠 2014年4月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

軽妙な語り口で面白かった。色んなタイプの宴会とそこで詠まれる歌のパターンの解説なのだが、筆者が楽しんで書いたんだなということが伝わってきて、読み手も楽しく... もっと読む

万葉びとの奈良 (新潮選書)

40
3.60
上野誠 2010年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

奈良に行くと建物のない野原のような広い空間が街の中にある。いわずと知れた平城京跡だ。この本は、平城京を中心とした時代の人々の生活や文化を、万葉集の詩と共に... もっと読む

天平グレート・ジャーニー 遣唐使・平群広成の数奇な冒険 (講談社文庫)

38
4.00
上野誠 2015年1月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者は万葉文化の研究者で遣唐使の物語。史実に近いのではないかな。 大変な冒険。当時の長安、見てみたい。 もっと読む

万葉集から古代を読みとく (ちくま新書1254)

38
3.64
上野誠 2017年5月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

万葉集とは7,8世紀を生きた日本人の声の缶詰である、という一文がとてもしっくり来た。仮に幾分かの作為や意図が混じっていようと、膨大な歌(文字)の中にはやは... もっと読む

大和三山の古代 (講談社現代新書)

34
3.43
上野誠 2008年7月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

積読だった1冊。 ん~、地元だから・・ということで気になって買ったんだろうけれど・・・ちょっと難しかったかな。 もっと読む

遣唐使 阿倍仲麻呂の夢 (角川選書)

32
3.29
上野誠 2013年9月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

上野氏の著作を初めて読んだが、とても読みやすい。阿倍仲麻呂についてわかることとわからないこととを分けながら、しかし当時の状況がイメージしやすく、どんな人生... もっと読む

書淫日記: 万葉と現代をつないで

27
3.25
上野誠 2013年6月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私は、思う。常に「うち」なる歴史に眼を向けよ。そして、歴史を見つめる眼力を養え、と。それは、今年、五十二歳になる「私」への自戒の言葉である。(本文より) ... もっと読む

美しい日本語が話せる 書ける 万葉ことば

27
3.25
上野誠 2017年11月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一読するだけではもったいない,知っていて,しかもちょっと使えたら素敵だなという言葉がたくさん掲載されています。 全ての言葉についてではありませんが,... もっと読む

魂の古代学―問いつづける折口信夫 (新潮選書)

25
3.00
上野誠 2008年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

民俗学を理解したくて手にしたものの、現段階では読み進める好奇心を持続できないので、一旦手放します。 また会えますように! もっと読む

古典不要論への反撃!? 書評劇場

23
3.78
上野誠 2015年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

古典がなぜ大事かってアピールするのはたしかに難しい。でも、古典を学ばないと教養が薄く、人間として薄っぺらになる気がする。 もっと読む

競馬1本でメシを食う技術 (ベスト新書)

22
3.23
上野誠 2009年9月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

競馬でもうけたい人におすすめ。 全レース買いたい人には参考程度。 予想方法としては平凡だが、馬券購入方法は参考になる。 本書に記載の 4つの教... もっと読む

古事記 日本の原風景を求めて (とんぼの本)

22
4.33
梅原猛 2017年9月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

古事記に関係深い土地の写真、ガイドだけだと思いきや、 奏斗(哲学者梅原猛氏×歴史学者上田正昭氏)による対談から 超速読ユルわかり古事記も楽しいイラスト... もっと読む

万葉体感紀行―飛鳥・藤原・平城の三都物語

19
3.83
上野誠 2004年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

万葉集のロマンがあますところなく紹介されています。 学者先生の本なのに、案外とロマンチックで、この先生は本当に万葉集が大好きなんだなあと思わせられますね... もっと読む
全82アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする