世阿弥のおすすめランキング

世阿弥のおすすめランキングのアイテム一覧

世阿弥のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『風姿花伝 (岩波文庫)』や『風姿花伝・三道 現代語訳付き (角川ソフィア)』や『現代語訳 風姿花伝』など世阿弥の全94作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

風姿花伝 (岩波文庫)

916
3.71
世阿弥 1958年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

室町時代の能楽師・世阿弥が能を行うにあたっての精神や心得をその芸術論とともに家伝として遺し伝えられたあまりにも有名な秘伝書。 完成形は全7編によりなり、... もっと読む

風姿花伝・三道 現代語訳付き (角川ソフィア)

268
3.82
世阿弥 2009年9月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1.この本を一言で表すと? ・芸の奥義を伝える本 2.よかった点を3〜5つ ・上手は下手の手本、下手は上手の手本(p121) →何事からも学ぶ姿勢が必要... もっと読む

現代語訳 風姿花伝

248
3.90
世阿弥 2005年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

能の技術に関する説明部は一般には役立たないが、非常に含蓄深い名作でした。現代語訳によってそれが通じるようになっています もっと読む

[新訳]風姿花伝

66
4.38
世阿弥 2013年12月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

古典を読んでみる。なんというか含蓄があって深いですね。 初心忘るべからず。は初心=未熟な自分 ってこと。いつまでも未熟であることを、忘れてはいけない。日々... もっと読む

風姿花伝・三道 現代語訳付き (角川ソフィア文庫)

32
3.83
世阿弥 電子書籍 2013年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【秘すれば花】 個人的には、もの狂い・鬼の教えが最も興味惹かれました。狂っていても、旬の花を髪に押す心。深いです。 もっと読む

風姿花伝 (ワイド版 岩波文庫)

23
3.80
世阿弥 1991年6月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本は、室町時代初期の大和猿楽結崎座の猿楽師である世阿弥が著した言うなれば後継者の育成のための心得をまとめたものである。 文章自体が古文体裁なので理解... もっと読む

世阿弥芸術論集 新潮日本古典集成 第4回

21
3.50
世阿弥 1976年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『風姿花伝』の他の作品が収録されてゐるので。 風姿花伝では、その花、物まね、稽古の有様が中心であつた。今回収録されてゐる、『至花道』『花鏡』『九位』『申楽... もっと読む

世阿弥 申楽談儀 (岩波文庫)

14
3.00
表章 1960年4月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

岩波青1-2 図書館で借りる。 世阿弥の息子が、世阿弥が語ったことを忘れていない確認のために、世阿弥に送ったもの。 おそらく同時代の、一忠、喜阿... もっと読む

日本の名著 10 世阿弥

5
3.67
世阿弥 1969年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

家のは新潮文庫版。 「世阿弥」がものすごく好きです。 人の目の中の影法師でしかないと、義満に言い放たれ、綾の鼓(絹の鼓:鳴らない)を打たされて、い... もっと読む

敦盛 (対訳でたのしむ)

5
世阿弥 2003年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初心者の能シリーズ、今回は「敦盛」を読んでみます。 敦盛とは平敦盛のことで、紅顔の美少年だったとされています。一の谷の合戦で、源氏の武将、熊谷直実に... もっと読む
全94アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする