中井久夫のおすすめランキング

プロフィール

1934年奈良県生まれ。京都大学医学部卒業。神戸大学名誉教授。精神科医。文化功労者(2013年度)。

「2019年 『中井久夫集 11 『患者と医師と薬とのヒポクラテス的出会い――2009-2012』』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中井久夫のおすすめランキングのアイテム一覧

中井久夫のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『こんなとき私はどうしてきたか (シリーズ ケアをひらく)』や『心的外傷と回復 〈増補版〉』や『猫なんて!』など中井久夫の全156作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

こんなとき私はどうしてきたか (シリーズ ケアをひらく)

265
4.18
中井久夫 2007年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

精神科医・中井久夫氏による講義録。「医師・看護師合同研修会」という会合における講演ですので、聴衆は基本的に治療に当たる方を想定して行われています。また、対... もっと読む

心的外傷と回復 〈増補版〉

244
4.26

感想・レビュー

私自身が加害者である。 意識的にせよ、無意識的にせよ、人を傷つけるということは、その相手にこんな思いをさせるということだ。 そして、ただ助けたいという... もっと読む

猫なんて!

226
3.24
角田光代 2016年11月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小池真理子で泣いて 浅田次郎で笑う 意味のよくわからないお話も有るけど 作家さんは猫が好きなんだにゃ〜 もっと読む

精神科医がものを書くとき (ちくま学芸文庫)

201
4.27
中井久夫 2009年4月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

世評が高く期待して読み始めた。所々門外漢にはつまらないところもあった。「知られざるサリヴァン」の章。 概ね面白く、また、知らない世界のことでもあり興味深... もっと読む

いじめのある世界に生きる君たちへ - いじめられっ子だった精神科医の贈る言葉

200
4.00
中井久夫 2016年12月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

とある編集者の方から「ぜひ」と勧められて手にしたのが本書。 いい本と出合うことができました。 本書はいじめられっ子だった精神科医が書いた「いじめ論」。... もっと読む

災害がほんとうに襲った時――阪神淡路大震災50日間の記録

197
4.07
中井久夫 2011年4月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東日本大震災を受けて復刊。最相葉月の勧めによるものと。阪神大震災時のエピソードは他のエッセイでも触れられているので、なんとなくイメージはついていた。わりと... もっと読む

「つながり」の精神病理 中井久夫コレクション2 (ちくま学芸文庫)

191
4.18
中井久夫 2011年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

家族にもかかわらず患者は回復するのだ もっと読む

看護のための精神医学 第2版

182
4.21
中井久夫 2004年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

4F開架 N700:ナ ■シラバス掲載参考図書一覧は、図書館HPから確認できます→https://www.iwate-pu.ac.jp/informati... もっと読む

徴候・記憶・外傷

164
4.18
中井久夫 2004年4月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中井久夫の著作は初めて読んだ。感服。まず彼の日本語にあふれる情感の豊かさ。彼の文体こそが、彼の精神分析学観を浮かび上がらせていると思う。というのも、自身の... もっと読む

アリアドネからの糸

164
4.00
中井久夫 1997年8月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

精神科医・中井久夫氏のエッセイ集。内容は冒頭の「いじめの政治学」から、自らの人生を振り返るもの、著者の専門のひとつといえるであろう「記憶」に関するもの、病... もっと読む

もうすぐ絶滅するという煙草について

155
3.11
芥川龍之介 2018年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「喫煙者の言い訳集」ですね、これ。 中には非喫煙者のコメントもありますけど。 見苦しさ満載で、そこが面白い、という人もいれば、つまらない、とい... もっと読む

「伝える」ことと「伝わる」こと―中井久夫コレクション (ちくま学芸文庫)

150
4.13
中井久夫 2012年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

・これは断言できませんが、絵画療法上、伝統的診断で精神病といわれている症例では、うつ病、統合失調症ともに、いや器質性精神病でも、画の言語的説明が乏しく、伝... もっと読む

中井久夫コレクション3 「思春期を考える」ことについて (ちくま学芸文庫)

143
4.14
中井久夫 2011年9月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こんな稀有な知性に出会ってしまうと、すでにご高齢の著者ゆえ、すぐにそれを喪失することの大きさを、改めて、良からぬことと思いながらも考えてしまう。 本書に... もっと読む

最終講義―分裂病私見

130
3.62
中井久夫 1998年5月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

医療という名の人間との対話だなぁ。 こういった症例を間近で見たことが無いもので何処か遠くの話に聞こえてくることは否定できないが、まぎれもない現実であり、... もっと読む

治療文化論―精神医学的再構築の試み (岩波現代文庫)

128
3.74
中井久夫 2001年5月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

奈良盆地を神に見捨てられたエリオットの「荒地」に例えたり、妖精の病の治療で患者の「夜の世界」の冷えにくるぶしまで浸されてみたり、妙に印象的な箇所多数。この... もっと読む

私の日本語雑記

113
4.05
中井久夫 2010年5月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

☆2(付箋8枚/P256→割合3.13) 敬愛する中井久夫氏の著。 詩を翻訳されたこともあり、精神科医が本業なのだけれどとても文章が綺麗。ただ綺麗... もっと読む

家族の深淵

102
3.80
中井久夫 1995年9月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最近、ちくま学芸文庫から出ている中井久夫コレクションよりも、やはり先に出ていたみすず書房のものの方が中身が充実している気がする。特に、この第2エッセイ集の... もっと読む

隣の病い (ちくま学芸文庫)

99
3.89
中井久夫 2010年3月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

0円購入2012-02-02 もっと読む

天才の精神病理―科学的創造の秘密 (岩波現代文庫)

96
3.29
飯田真 2001年7月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大学生のころフロイトは「自分は人間に関するもの以外には興味はもてない」ことを自覚しており、彼の中には常に冷静な科学者という仮面の下に強烈な人間への関心が存... もっと読む
全156アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする