中原昌也のおすすめランキング

プロフィール

1970年、東京都生まれ。「暴力温泉芸者」名義で音楽活動の後、「HAIR STYLISTICS」として活動を続ける。著書に『マリ&フィフィの虐殺ソングブック』『知的生き方教室』ほか多数。

「2019年 『虐殺ソングブックremix』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中原昌也のおすすめランキングのアイテム一覧

中原昌也のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『あらゆる場所に花束が… (新潮文庫)』や『マリ&フィフィの虐殺ソングブック (河出文庫―文芸コレクション)』や『子猫が読む乱暴者日記 (河出文庫)』など中原昌也の全64作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

あらゆる場所に花束が… (新潮文庫)

535
3.01
中原昌也 2005年4月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

反復され重複し、連鎖するイメージの数々が、次の物語を生んでゆく。絶えず浮遊する視点は確かに誰かのものでありながら、同時に何者のものでもあらぬところのもので... もっと読む

マリ&フィフィの虐殺ソングブック (河出文庫―文芸コレクション)

517
3.19
中原昌也 2000年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

コメント不可。 天才?奇才?狂人?馬鹿?普通の尺度からでは測れない中原氏 。 これを読んだら死んでもいいって人から、受賞の推薦に真っ二つに分かれる... もっと読む

子猫が読む乱暴者日記 (河出文庫)

281
3.14
中原昌也 2006年2月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

作品の中に高崎の文字が登場する。 偶然にも高崎へ向かう電車の中で読みはじめ、高崎から出た電車の中で読み終えた。 おもしろいともつまらないとも言い難... もっと読む

中原昌也 作業日誌 2004→2007

227
3.95
中原昌也 2018年11月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白い。中原昌也の文化がわかる。周りに有名な文化人がいて、それなりに本人も仕事があって、書いているけど、彼には金がないのだ……。芥川賞を取れなくて悔しがっ... もっと読む

死んでも何も残さない―中原昌也自伝

227
3.66

感想・レビュー

いやあ何といいましょうか。ところどころ陰謀史観めいた記述が目につき、おやおやと思っていると終盤にきていきなり「ピンチョンですよ、敵は」と陰謀史観否定の言説... もっと読む

あらゆる場所に花束が…

174
2.93

感想・レビュー

あかん。全然頭に入ってこん。いつかもう一回読もう。 もっと読む

ゼロ年代アメリカ映画100 (アメリカ映画100シリーズ)

172
3.65
町山智浩 2010年12月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

映画好きには読んでほしいな〜。 映画はやっぱりその時代の世間の動向を綺麗に切り取ってる作品が受け取り手の印象に残るんだろうな。 もっと読む

名もなき孤児たちの墓

160
3.27
中原昌也 2006年2月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

久しぶりにこの人の小説というものを読みましたけれども、面白かったですねぇ…☆四つでもいいくらい…なんですけれどもこれ、客観的に観たら…と言いますか一般読者... もっと読む

中原昌也の人生相談 悩んでるうちが花なのよ党宣言

151
3.48
中原昌也 2015年6月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

P34 他人で孤独を紛らわそうとするからいけない P36 人間は断罪しちゃいかん P38 神ってのはまぁ万が一存在するのかもしれない。 ... もっと読む

知的生き方教室

148
3.59
中原昌也 2014年11月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

再読。 信頼できない語り手は信頼できないという1点においてのみ信頼できるということの証左であろう。 反語法によりアベノミクスや東京オリンピック、特定秘密保... もっと読む

名もなき孤児たちの墓 (文春文庫)

145
3.57
中原昌也 2010年4月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

単行本の方でも読んでいたんですけれども、面白かったのでまた読みたく思い…ついに文庫本まで手にすることに…社畜死ね!! ヽ(・ω・)/ズコー ... もっと読む

蘇る伊藤計劃

135
3.00
伊藤計劃 2015年9月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

古本屋で偶然見かけて購入。今まで『虐殺器官』と『ハーモニー』しか読んでなかったけど、伊藤計劃がどういう作品に触れてきてこれらの作品に至ったのか少しわかった... もっと読む

ニートピア2010

126
3.54
中原昌也 2008年2月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

相変わらず意味不明な短編が並んでいましたけれども、中には面白いのもいくつかあったような気がします! ヽ(・ω・)/ズコー 僕は彼の文章という... もっと読む

嫌オタク流

115
3.29
中原昌也 2006年1月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 「嫌韓流」をもじったオタク批判対談。作品名や事件現象人物の注がやたらにある。2006年に発行された本で、当時の「オタクが社会に認められた!」とか「萌えは... もっと読む

マリ&フィフィの虐殺ソングブック

113
3.19

感想・レビュー

名前が中原中也と紛らわしいからかノーチェックだった。友人に勧められ、あっと思いズバババと一気に読んだ。ぶっ飛び系の作品の楽しさと限界ここにあり。そういう感... もっと読む

シネマの記憶喪失

112
3.40
阿部和重 2007年1月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本書で紹介された映画を観始めている。 中原昌也がやたら過激なぶん、阿部和重のコメントがものすごくソフトに感じられる。 ひとつ、たいへん共感できたのは、... もっと読む

待望の短篇は忘却の彼方に (河出文庫)

95
3.15
中原昌也 2011年1月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 おもしろそうかな、と思って買ったがそうでもなかったなとても残念。 もっと読む

映画の頭脳破壊

94
3.50
中原昌也 2008年3月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ライブ感を楽しめた。映画好きにもいろいろタイプがあるけれど、映画好きが喧々諤々やっているのを読んでいると、しぜん自分も参加したくなってくる。文学談義に較べ... もっと読む

青山真治と阿部和重と中原昌也のシネコン!

94
3.29
青山真治 2004年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

映画監督・作家の青山真治、音楽家・作家の中原昌也(いまも小説書いているのかな)、作家の阿部和重による鼎談の前半と、2人ずつの対談を後半に収録したもの。 ... もっと読む

悲惨すぎる家なき子の死

88
3.62
中原昌也 2012年4月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

心の始球式。笑える。 何が笑えるのかもよく分からんけど。 中原昌也を教えてくれたアル中の友達にこの本をあげよう。 もっと読む
全64アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×