中原昌也の文庫本一覧

プロフィール

《Hair Stylistics/中原昌也》
1970年6月4日東京都生まれ。
1988年頃よりMTRやサンプラーを用いて音楽制作を開始。
1990年、アメリカのインディペンデントレーベルから「暴力温泉芸者=Violent Onsen Geisha」名義でスプリットLPをリリース、ソニック・ユース、ベック、ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョンらの来日公演でオープニング・アクトに指名され、
1995年のアメリカ・ツアーを始め海外公演を重ねるなど、国外での評価も高い。
1997年からユニット名を「Hair Stylistics」に改める。

音楽活動と並行して文筆活動も多数。
1998年に初の短篇小説集『マリ&フィフィの虐殺ソングブック』(河出書房新社)を発表した後、
2001年に『あらゆる場所に花束が……』(新潮社)で三島由紀夫賞、
2006年に『名もなき孤児たちの墓』(新潮社)で野間文芸新人賞、
2008年に『中原昌也作業日誌 2004→2007』(boid)でBunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞。

「2018年 『"Hair Stylistics CD-R Cover Art Works" BOOK WITH CD "BEST!"』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中原昌也の文庫本一覧のアイテム一覧

中原昌也の文庫本一覧です。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。『あらゆる場所に花束が… (新潮文庫)』や『マリ&フィフィの虐殺ソングブック (河出文庫―文芸コレクション)』や『子猫が読む乱暴者日記 (河出文庫)』など中原昌也の全5作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

あらゆる場所に花束が… (新潮文庫)

481
3.03
中原昌也 2005年4月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大好きな小説。日本文学の乱暴者・極北を行く中原昌也の三島賞受賞作。これはとにかく笑える。まず文章の素人っぽさ。「あまりの迫力に圧倒されっぱなし。」「アスピ... もっと読む

マリ&フィフィの虐殺ソングブック (河出文庫―文芸コレクション)

463
3.17
中原昌也 2000年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

コメント不可。 天才?奇才?狂人?馬鹿?普通の尺度からでは測れない中原氏 。 これを読んだら死んでもいいって人から、受賞の推薦に真っ二つに分かれる... もっと読む

子猫が読む乱暴者日記 (河出文庫)

250
3.12
中原昌也 2006年2月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

作品の中に高崎の文字が登場する。 偶然にも高崎へ向かう電車の中で読みはじめ、高崎から出た電車の中で読み終えた。 おもしろいともつまらないとも言い難... もっと読む

名もなき孤児たちの墓 (文春文庫)

131
3.68
中原昌也 2010年4月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

単行本の方でも読んでいたんですけれども、面白かったのでまた読みたく思い…ついに文庫本まで手にすることに…社畜死ね!! ヽ(・ω・)/ズコー ... もっと読む

待望の短篇は忘却の彼方に (河出文庫)

84
3.08
中原昌也 2011年1月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 本気なのか冗談なのか。  自虐的なのか自嘲的なのか。  脈絡の無さは個性的だと肯定的に受け取ることが出来た。  気になる存在だけど今のところ... もっと読む
全5アイテム中 1 - 5件を表示
ツイートする