中山七里のおすすめランキング

プロフィール

中山 七里 (なかやま しちり)
1961年生まれ、岐阜県出身。男性。幼少の頃から読書が趣味で、高校時代から執筆を開始。花園大学文学部国文学科在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあった。
就職後は執筆から離れていたが、島田荘司を生で見た体験から執筆活動を再開。2009年、第8回『このミステリーがすごい!』大賞で『さよならドビュッシー』と『災厄の季節』の2作が最終選考にダブルエントリーされ、前者で大賞を獲得して48歳で小説家デビュー。後者も、「読みたい!」との声が続出したため、『連続殺人鬼カエル男』と改題し、2011年に文庫本として出版される事となった。
代表作に『さよならドビュッシー』などの「岬洋介シリーズ」、『贖罪の奏鳴曲』にはじまる「御子柴礼司シリーズ」。多くの作品が映画・テレビドラマ化されている。

中山七里のおすすめランキングのアイテム一覧

中山七里のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『さよならドビュッシー (宝島社文庫)』や『連続殺人鬼 カエル男 (宝島社文庫)』や『おやすみラフマニノフ (宝島社文庫)』など中山七里の全274作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

さよならドビュッシー (宝島社文庫)

8317
3.76
中山七里 2011年1月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いやぁ〜 改めて読み直したけど上手い! ピアニスト版「エースをねらえ!」とも言うべき 学園スポ根ストーリーが 今の時代なぜか新鮮だし(笑)... もっと読む

連続殺人鬼 カエル男 (宝島社文庫)

4294
3.64
中山七里 2011年2月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

H29.4.25 読了。 古手川刑事は不死身? 最後まで気が抜けない展開で、面白かった。 もっと読む

おやすみラフマニノフ (宝島社文庫)

3742
3.65
中山七里 2011年9月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

音大生の晶はヴァイオリンの主席奏者。学長の孫であり友達のチェロ奏者の初音とともに演奏会の練習に励む。そんな中、ストラディバリウスが盗まれ、学長のピアノも壊... もっと読む

さよならドビュッシー

2629
3.62
中山七里 2010年1月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ピアニストを目指して音楽学校に入学予定だった遥。 ある夜、従姉妹のルシア、祖父と共に火事に遭い、全身に大やけどを負う。 皮膚移植によって生き延び、壮絶... もっと読む

さよならドビュッシー 前奏曲(プレリュード)~要介護探偵の事件簿 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

1956
3.68
中山七里 2012年5月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

安楽椅子探偵といえば、せこせこ現場を走り回ったり 事件の関係者につきまとって、ねちっこく事情を問い詰めたりせずに ふかふかの椅子に腰かけたままで鮮やか... もっと読む

いつまでもショパン (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

1785
3.64
中山七里 2014年1月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

テロを起こすこととピアノを演奏すること。どちらも人間の手による行為でありながら、それぞれが人々に与えるものは絶望と希望という相反する深い感情。絶望は憎しみ... もっと読む

贖罪の奏鳴曲 (講談社文庫)

1687
3.94
中山七里 2013年11月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

少年時代に幼女を殺めた過去を持つ、金のためならどんな手段も選ばない悪名高き弁護士、御子柴礼司。とんでもないダークヒーローの誕生だ。冒頭から御子柴の死体遺棄... もっと読む

贖罪の奏鳴曲

1555
3.82
中山七里 2011年12月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あの神戸のバラバラ殺人事件の少年が弁護士になったという想定の話とは驚いた。この弁護士の御子柴礼司は、悪辣な犯罪者の弁護をして巨額の報酬を受け取るというとん... もっと読む

おやすみラフマニノフ (『このミス』大賞シリーズ)

1250
3.58
中山七里 2010年10月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ドビュッシーの続編だけど、その後の話ではなく オーバーラップしてるところがなんか新鮮で楽しかったです。 あの美鈴まででてきて、なんか実はいい子だったり... もっと読む

いつまでもショパン (『このミス』大賞シリーズ)

1247
3.66
中山七里 2013年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この作品にショパンコンクールのファイナリストとして登場する 全盲の日本人ピアニストのモデルとなった辻井信行さんを 在学されていた音楽高校の文化祭でお見... もっと読む

しあわせなミステリー

1132
3.15
伊坂幸太郎 2012年4月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大好きな作家4人によるアンソロジー。あまり読まないジャンルだけど、好きな作家さんの作品のみなので、読んでみた。読み慣れている作家だけど、中山七里はどの作品... もっと読む

切り裂きジャックの告白

1044
3.48
中山七里 2013年4月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

うまい構成だよなぁ。いろんなモチーフを重層的に組み合わせてるよね。「ドナーの遺族がレシピエントを訪ねる」ってのはドラマなんかでもよく目にするけどね。それ以... もっと読む

追憶の夜想曲

941
4.00
中山七里 2013年11月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こんなにも過去に犯した罪の関係者が良くも繋がるというか、現れるというか。。読み進めて行くうちに、御子柴がドンドン人間らしく感じて時に可愛くも感じてしまいま... もっと読む

ヒポクラテスの誓い

797
3.65
中山七里 2015年5月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

法医学、もっときちんと取り上げられたり浸透するといいのに。 真琴先生と古手川さんの恋?の行方も気になるところ。 もっと読む

切り裂きジャックの告白 刑事犬養隼人 (角川文庫)

781
3.51
中山七里 2014年12月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

お馴染みの犬養隼人刑事と埼玉県警の古手川刑事がタッグを組むことになる。その二人のやり取りが面白い。お互い通じ合うものがあって、楽しそうではある。切り裂きジ... もっと読む

どこかでベートーヴェン (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

768
3.70
中山七里 2017年5月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

岬洋介エピソード0のようですね(このシリーズ、まだ読んでなかったので、これを機に読み始めたいかな)。地方の高校音楽科に転校してきた岬。のんびりとしたクラス... もっと読む

追憶の夜想曲 (講談社文庫)

750
4.15
中山七里 2016年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

御子柴礼司シリーズの第二作目。良作だった前作を超えられるのかと思いながら読んだが、そんな懸念は全く無用だった。いくつもの伏線を丁寧に埋め込みながら、それを... もっと読む

七色の毒

745
3.46
中山七里 2013年7月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

短編集。 七色にちなんだ事件。 黄色が1番ゾッとしたな。自分の秘密ではなかったのか、探られていたのは……。 それを知るのもショックだけどなぁ。 イ... もっと読む

恩讐の鎮魂曲

740
4.04
中山七里 2016年3月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

手を血で染めた人間の罪は、こういうものなんだ!罪を償うとは、こういうものなんだ!と身を徹して、御子柴に教えてるような稲見に思えました。御子柴の稲見を護る為... もっと読む

どこかでベートーヴェン (『このミス』大賞シリーズ)

740
3.60
中山七里 2016年5月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中山七里さんの小説を読むのは デビュー作「さよならドビュッシー」と 「総理にされた男」に続いて、3作目です。 今回は「さよならドビュッシー」に登場した ... もっと読む
全274アイテム中 1 - 20件を表示

中山七里に関連する談話室の質問

ツイートする