中島らものおすすめランキング

プロフィール

1952年兵庫県生まれ。大阪芸術大学放送学科卒。'92年『今夜、すべてのバーで』で第13回吉川英治文学新人賞、'94年『ガダラの豚』で第47回日本推理作家協会賞を受賞。
主な著書に、『明るい悩み相談室』シリーズ、『人体模型の夜』『白いメリーさん』など。2006年7月に短編集『君はフィクション』を刊行。2004年7月逝去。

「2014年 『ロカ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中島らものおすすめランキングのアイテム一覧

中島らものおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『今夜、すベてのバーで (講談社文庫)』や『ガダラの豚 1 (集英社文庫)』や『ガダラの豚 2 (集英社文庫)』など中島らもの全293作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

今夜、すベてのバーで (講談社文庫)

3754
3.73
中島らも 1994年3月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おそらく4回くらい読んでいる。 とことんダメ人間な僕にもそっと手を差し出してくれるような、そんならもさんのどこか優しい物語が好きだ。 今となっ... もっと読む

ガダラの豚 1 (集英社文庫)

3149
3.88
中島らも 1996年5月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ミステリアスな長編小説。これまた本当に面白い本。早逝した中島らもが残念でしかたがない。 もっと読む

ガダラの豚 2 (集英社文庫)

2076
3.94
中島らも 1996年5月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 主人公の大生部家族がテレビの企画で、アフリカを旅する二巻。  一巻でも思いましたが、内容がとっても詳細だと思います。アフリカの文化や風土をしっかり... もっと読む

ガダラの豚 3 (集英社文庫)

2036
3.76
中島らも 1996年5月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 これぞ大スペクタクル! 細かいことはきにしちゃいけません(笑)  散々呪術に対して、様々な科学的な見地を加えたり、トリックの検討をしたりしてきたの... もっと読む

僕に踏まれた町と僕が踏まれた町 (集英社文庫)

1491
3.61
中島らも 1997年8月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

どうしようもなくダメでみっともなくて情けない人間が涼しい顔して内心必死の思いで格好をつけた結果本当にかっこよくなってしまうのがロックだと思う もっと読む

アマニタ・パンセリナ (集英社文庫)

1006
3.68
中島らも 1999年3月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

10代好奇心旺盛だった頃にこの本に出会ってしまい、チョウセンアサガオ(ダチュラ)の幻覚に挑戦してみました。天と地がひっくり返ったような感覚に襲われ、しばら... もっと読む

人体模型の夜 (集英社文庫)

939
3.56
中島らも 1995年11月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ヒヤリとする もっと読む

永遠も半ばを過ぎて (文春文庫)

933
3.63
中島らも 1997年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

C'est la vie. ロマンティックって、 こういうことを言うんだろうな。 ちょっぴり涙したの、ら。 もっと読む

白いメリ-さん (講談社文庫)

900
3.36
中島らも 1997年8月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人が感じる恐怖とか、可笑しみとか、悲しみとか、その他いろいろ。 この短編集を読むと、思いもよらぬ不思議な方向からそういった感情をチクリと刺激される。 もっと読む

お父さんのバックドロップ (集英社文庫)

790
3.47
中島らも 1993年6月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

H30.4.20 読了。 ・昭和の個性の強いお父さんたちの物語。ほのぼのとしていてほっこりする。この中で私は「お父さんのロックンロール」が好きです。... もっと読む

バンド・オブ・ザ・ナイト (講談社文庫)

700
3.33
中島らも 2004年2月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

酩酊する気持ち良さ思い出した。ダメ、絶対! もっと読む

恋は底ぢから (集英社文庫)

679
3.43
中島らも 1992年7月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

らもさんの恋愛観がところどころ 心に響く... 恋愛が一つの「点」というくだり(詳細は引用を参照)は 思わず唸った 個人的にツボだったのは Q&Aの... もっと読む

頭の中がカユいんだ (集英社文庫)

617
3.67
中島らも 2008年1月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

フィクションぽい、ノンフィクション。 笑いのセンス、ユーモアがやっぱりわたし好み。 もっと読む

心が雨漏りする日には (青春文庫)

557
3.58
中島らも 2005年6月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

笑ったし 勉強になったし 泣けた  もっと読む

こどもの一生 (集英社文庫)

556
3.35
中島らも 2006年7月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こわい。後半の展開、思いだせないのに「何か知っているこの結末」って感じを持ちつつ読み終わったのがこわい。 もっと読む

寝ずの番 (講談社文庫)

549
3.32
中島らも 2001年10月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

落語家独特の語り口が軽快で読みやすかったし、面白かったです。でもちょっと下ネタが多くて、電車の中で読むのが恥ずかしかった。。。 もっと読む

しりとりえっせい (講談社文庫)

516
3.38
中島らも 1993年12月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『独断と偏見の都合のいい作業』 もっと読む

愛をひっかけるための釘 (集英社文庫)

496
3.40
中島らも 1995年7月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ああ、らもさんだ。 2ページから長いものでも数ページ。 場末路地裏コップ酒から、業界話、花鳥風月、科学に芸術。 そのどこにもらもさんがいて、「へえ~... もっと読む

アンソロジー カレーライス!!

476
3.48
阿川佐和子 2013年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いやぁ~、お腹空いた~!( >_<) エッセイの間に挟まれた様々なカレーの写真といい、 真っ黄色な紙といい、 著名人たちの好きが溢れたカレーエピ... もっと読む
全293アイテム中 1 - 20件を表示

中島らもに関連する談話室の質問

ツイートする