中島らものおすすめランキング

プロフィール

1952年兵庫県生まれ。大阪芸術大学放送学科卒。92年『今夜、すべてのバーで』で第13回吉川英治文学新人賞、94年『ガダラの豚』で第47回日本推理作家協会賞を受賞。
主な著書に、『明るい悩み相談室』シリーズ、『人体模型の夜』『白いメリーさん』など。2006年7月に短編集『君はフィクション』を刊行。2004年7月逝去。

「2014年 『ロカ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中島らものおすすめランキングのアイテム一覧

中島らものおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『今夜、すベてのバーで (講談社文庫)』や『ガダラの豚 1 (集英社文庫)』や『ガダラの豚 2 (集英社文庫)』など中島らもの全324作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

今夜、すベてのバーで (講談社文庫)

4450
3.74
中島らも 1994年3月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ほかの人ではなかなか体験できないエピソードがぎゅっぅっと詰まっていました。 けして笑い飛ばせるようなものばかりではないですけれど、共感できるものは多い(... もっと読む

ガダラの豚 1 (集英社文庫)

3702
3.89
中島らも 1996年5月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初めての中嶋らもさん。 この前に読んだイヤミス本のおかげ?でモヤモヤした気分が抜けない後には、爽快な感じで楽しめる本でよかった。 大生部、逸美、納、道満…... もっと読む

ガダラの豚 2 (集英社文庫)

2455
3.96
中島らも 1996年5月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あぁ面白かった! 呪術というなんだか怖い様な不気味なものとケニア人のおおらかさと素朴さと…現実的な?日本のテレビ撮影クルーの様と、妙に落ち着いて的をつい... もっと読む

ガダラの豚 3 (集英社文庫)

2390
3.78
中島らも 1996年5月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

とくに後半はバタバターっとホラーとハードボイルドとコメディがごちゃ混ぜになって面白かった。また、逸美が1巻2巻3巻と進むにつれ強くなっていくのが妙に嬉しか... もっと読む

僕に踏まれた町と僕が踏まれた町 (集英社文庫)

1714
3.62
中島らも 1997年8月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おもしろい、痛快という感じ。西にいるからなおさら。 自分の昔の恥ずかしいことや精神的不安定などを書けることは強い、すごいこと。 もっと読む

アマニタ・パンセリナ (集英社文庫)

1166
3.69
中島らも 1999年3月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「アマニタ・パンセリナ」 中島らも(著) 1995 12/20 第一刷 (株)集英社 2019 12/27 読了 中島らもが書く文章が好きだ。 正直... もっと読む

永遠も半ばを過ぎて (文春文庫)

1101
3.64
中島らも 1997年9月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ほんと申し訳ないですけれども、中島らもさんの小説は竜頭蛇尾のことが時々ありますが…この本は最後まで美しくてまとまっていると思います。雰囲気に浸りたくて、キ... もっと読む

人体模型の夜 (集英社文庫)

1030
3.56
中島らも 1995年11月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

世にも奇妙な物語みたいに、飽きずにサクサク読める。 もっと読む

白いメリ-さん (講談社文庫)

959
3.37
中島らも 1997年8月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人が感じる恐怖とか、可笑しみとか、悲しみとか、その他いろいろ。 この短編集を読むと、思いもよらぬ不思議な方向からそういった感情をチクリと刺激される。 もっと読む

お父さんのバックドロップ (集英社文庫)

883
3.47
中島らも 1993年6月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

H30.4.20 読了。 ・昭和の個性の強いお父さんたちの物語。ほのぼのとしていてほっこりする。この中で私は「お父さんのロックンロール」が好きです。... もっと読む

バンド・オブ・ザ・ナイト (講談社文庫)

750
3.32
中島らも 2004年2月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

かなり好きな作品です 傍から見ればドラッグ、セックスばかりの自堕落に見える日常の中で仲間内の様々な出来事、変化によって主人公である大島ラムとその妻'み'の... もっと読む

恋は底ぢから (集英社文庫)

744
3.44
中島らも 1992年7月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

らもさんの恋愛観がところどころ 心に響く... 恋愛が一つの「点」というくだり(詳細は引用を参照)は 思わず唸った 個人的にツボだったのは Q&Aの... もっと読む

頭の中がカユいんだ (集英社文庫)

727
3.65
中島らも 2008年1月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何個目の作品かは忘れたが、オチでめちゃくちゃ笑った作品がある。中島らものユーモアセンスが素晴らしい。 もっと読む

こどもの一生 (集英社文庫)

624
3.35
中島らも 2006年7月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

子供の頃に劇をテレビで観たことがあった。ほとんど内容は忘れていたが、小説があると知り読んでみた。 歌のところ等は劇の方が臨場感があって良かったと思う。し... もっと読む

心が雨漏りする日には (青春文庫)

617
3.57
中島らも 2005年6月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

笑ったし 勉強になったし 泣けた  もっと読む

寝ずの番 (講談社文庫)

587
3.31
中島らも 2001年10月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2006/4/30 , 2006/6/22 read up もっと読む

アンソロジー カレーライス!!

574
3.43
阿川佐和子 2013年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

カレーライスに纏わるエッセイを集めたアンソロジー。 寺山修司・小津安二郎などの大御所から、よしもとばなな・林真理子などの流行作家まで、バラエティに富んだ文... もっと読む

しりとりえっせい (講談社文庫)

559
3.36
中島らも 1993年12月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『独断と偏見の都合のいい作業』 もっと読む

愛をひっかけるための釘 (集英社文庫)

534
3.39
中島らも 1995年7月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ああ、らもさんだ。 2ページから長いものでも数ページ。 場末路地裏コップ酒から、業界話、花鳥風月、科学に芸術。 そのどこにもらもさんがいて、「へえ~... もっと読む

水に似た感情 (集英社文庫)

511
3.30
中島らも 2000年5月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

バリに行った余韻に浸りたくて。行く前に読んでいたら、空気感が想像できなくて入り込みづらかったかも? もっと読む
全324アイテム中 1 - 20件を表示

中島らもに関連する談話室の質問

ツイートする
×