中島京子のおすすめランキング

プロフィール

1964年生まれ。東京女子大学文理学部史学科卒業。2003年、田山花袋の『蒲団』を下敷きにした長編『FUTON』で小説家デビュー。『小さいおうち』で直木賞(10年)、『妻が椎茸だったころ』で泉鏡花文学賞(14年)、『かたづの!』で柴田錬三郎賞(15年)、『長いお別れ』で中央公論文芸賞(15年)、『夢見る帝国図書館』で紫式部文学賞(20年)を受賞。著書はほかに『イトウの恋』『女中譚』『キッドの運命』など。

「2021年 『名場面で味わう日本文学60選』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中島京子のおすすめランキングのアイテム一覧

中島京子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『小さいおうち (文春文庫)』や『小さいおうち』や『夢見る帝国図書館』など中島京子の全206作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

小さいおうち (文春文庫)

4419
3.85
中島京子 2012年12月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

H30.10.18 読了。 ・昭和初期の女中奉公していたタキさんと平井家の人々との日々の交流を描いた作品。銀座パーラーやカリーライス、昭和初期のモダ... もっと読む

小さいおうち

3259
3.85
中島京子 2010年5月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いちばん頭の悪い女中は、くべてはいけないものを火にくべる女中。 並みの女中は、くべておきなさいと言われたものを火にくべる女中。 優れた女中は、主人が心の弱... もっと読む

夢見る帝国図書館

1950
3.75
中島京子 2019年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「ねえ、どうして、図書館ってものが作られたのか、あんた知ってる?」 (略) 「福沢諭吉が洋行したわけよ」 「あ、福沢諭吉がね。1万円札の」 「そう。そして... もっと読む

1日10分のごほうび NHK国際放送が選んだ日本の名作 (双葉文庫)

1325
3.56
赤川次郎 2020年3月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

NHK国際放送ラジオで紹介されたショートストーリー集 第二弾。 今回は赤川次郎、江國香織、角田光代、田丸雅智、中島京子、原田マハ、森浩美、吉本ばなな の8... もっと読む

Re-born はじまりの一歩 (実業之日本社文庫)

1248
3.19
伊坂幸太郎 2010年12月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

みなさんと同じく、イササカ先生目当てで購入( ´ ▽ ` )ノ。 他の作家さんは名前さえ知らない人ばかり……かろうじて聞き覚えがあるのはナカジマくんくら... もっと読む

Re-born はじまりの一歩

1051
3.25
伊坂幸太郎 2008年3月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「レバーをドライブに入れれば勝手に前に進む[...]気負わなくたって、自然と前には進んでいくんだよ」(269ページ) ここが世界の底だと思うような目にあ... もっと読む

長いお別れ

1005
4.01
中島京子 2015年5月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本書は認知症を患っている昇平と介護をする妻の曜子、そして3人の娘たちの10年間を描いた連作短編集。中島京子さんらしいユーモアと優しさにあふれたあったかい介... もっと読む

長いお別れ (文春文庫)

981
3.80
中島京子 2018年3月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アメリカでは、認知症のことを「長いお別れ」というらしい。 そう語ることによって、病気というイメージから「詩的」イメージへと昇華する。いかにもアメリカらし... もっと読む

平成大家族 (集英社文庫)

933
3.62
中島京子 2010年9月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白くて、リアルに想像できて楽しかった。 親になると、子供たちの出来事を受け止める器 というのを持たなきゃいけないのだなーと 心に刻んで覚悟もしておかなけ... もっと読む

かたづの!

818
3.49
中島京子 2014年8月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

歴史小説が苦手なことを忘れて読み始めてしまった。私には難しかった。 かたづのが語る、羚羊に話しかける少女だった袮々は、苦難の連続の中出家して、心労の絶えな... もっと読む

樽とタタン (新潮文庫)

585
3.37
中島京子 2020年8月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小さな町の坂の下にあった一軒の喫茶店。 小学生だった私は、毎日その店に通っていた。 共働きだった両親に、保育所代わりに預けられ、インテリアのように置かれた... もっと読む

樽とタタン

583
3.19
中島京子 2018年2月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小さな喫茶店で、タタンと呼ばれた女の子が見聞きした、常連客やその他の客の、少し不思議なお話。 連作短編集ですが、お話の中にはそれなりのオチというか結末がち... もっと読む

花桃実桃 (中公文庫)

543
3.46
中島京子 2014年6月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

花村茜、43歳独身。 新年度が始まったばかりの春の花咲くこの時期に無情な肩たたきに遭い、父の残したアパート「花桃館」の住み込み管理人になる。 三階建ての花... もっと読む

花桃実桃

518
3.53

感想・レビュー

主人公・花村茜・43歳独身。 肩たたきにあい会社を辞め、 父・桃蔵が遺した「花桃館」という、おんぼろアパートの住み込み管理人となる。 「花桃館」の向... もっと読む

彼女に関する十二章

514
3.62
中島京子 2016年4月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

伊藤整の60年前に書かれたエッセイがベースとなっているこの物語。 すいません、伊藤整って聞いたことも読んだこともないんですけどベストセラーになったエッセ... もっと読む

竹取物語/伊勢物語/堤中納言物語/土左日記/更級日記 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集03)

508
3.98
2016年1月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

森見登美彦訳『竹取物語』 川上弘美訳『伊勢物語』 中島京子訳『堤中納言物語』 堀江敏幸訳『土左日記』 江國香織訳『更級日記』 こんな、宝石の... もっと読む

妻が椎茸だったころ (講談社文庫)

475
3.51
中島京子 2016年12月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイトルだけで本を買うことはたまにあるけれど、この小説はタイトルに惹かれた2016年の1位かもしれない。 「妻が椎茸だったころ」…これが気にならずいられ... もっと読む

妻が椎茸だったころ

467
3.50
中島京子 2013年11月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

たしか、「日本タイトルだけ大賞」という賞の大賞受賞作という話を聞いて、「中島京子さんだからそんな面白小説じゃないはず…」と思いながらもタイトル勝ち的に手に... もっと読む

短編少女 (集英社文庫)

466
3.06
三浦しをん 2017年4月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『宗像くんと万年筆事件』が特に面白かった。短編集なので1話が短くて読み足りないけど、初見の作家さんが多かったので読んで良かった。 もっと読む

さようなら、コタツ (集英社文庫)

424
3.27
中島京子 2007年10月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

完全なるタイトル買い。 ちょっとシニカルで、ぞっとするような場面も時々ある、中島京子ワールド。な、7つの短編集。 表題作は、15年ぶりに自分の部屋... もっと読む
全206アイテム中 1 - 20件を表示

中島京子に関連する談話室の質問

ツイートする
×